セブンイレブン

2018年8月 2日 (木)

セブンイレブン 金魚鉢みたいなケーキ しゅわっとラムネソーダ味

 セブンイレブンで、面白いスイーツを発見しました。
 それが、この商品です。
 見た目が涼しげだったため、手に取ってみました。

 少し前の商品なので、現在は販売終了になっているかもしれません。
 あらかじめ、ご了承ください。

Dsc_0912_r

 こちらが、商品です。
 見た目も面白く、まるで「夏祭り」みたいな気分になります。
 値段は305円、税込みで329円と少々高めですが、涼しげな見た目だったため、手に取ってみました。

Dsc_0913_r

 かなり複雑な構造になっているようです。
 ネットで検索し、「ナパージュ」=「ゼラチンと砂糖水の層」であることが、分かりました。
 普通の人だと、おそらくなじみのない単語だと思います。

 更に、ラムネソース、レモンムース、しゅわっとするクッキー、スポンジという構成になっており、非常に複雑な作りです。
 これだけ手間がかかっているのであれば、この値段も納得できると感じました。

Dsc_0914_r

 保存方法の変更者として、(株)エスアイシステムという表記があります。
 ということは、おそらく冷凍で輸送され、東京で解凍されたのではないかと推測されます。
 製造者はロイヤル(株)で、千葉にある工場で作られているようでした。

Dsc_0916_r

 カロリーは、246キロカロリーです。
 凝ったスイーツで、クリームも使用している割には、控えめな値だと感じました。

Dsc_0917_r

 蓋を取ると、こんな感じです。
 水色のムースで、普段はあまりおいしそうな色と認識していないのですが、緑色のソースとゼラチンの金魚によって、「夏らしく、おいしそう」になっていると感じました。

Dsc_0918_r

 角度を変えて、撮影しました。
 緑色のソースが、「流れ」を表しているようで、「躍動感」が感じられます。

Dsc_0921_r

 プラスチックのトレーと、水あめによって接続されています。
 輸送時の破損を防ぐ、いいやり方だと感じました。

Dsc_0924_r

 トレーから、外してみました。
 涼しげで、やはりおいしそうに見えます。

Dsc_0927_r

 型紙を外すときに、一匹落ちてしまいました。
 固定は弱いようですが、普通に食べる上では問題ないと思います。

Dsc_0928_r

 並べると、こんな感じです。
 金魚が泳いでいるような感覚で、更に楽しくなりました。

Dsc_0930_r

 カットすると、こんな感じです。
 ほぼイラスト通りの形状になっており、楽しみです。

 口に運ぶと、「シュワッ」とした感覚が、広がります。
 ラムネ味のムースと相まって、まさに「ラムネを口にしている」という印象を受けました。
 スイーツでここまで再現度が高いとは思わず、びっくりしました。

 甘みも、塩の味もしっかり感じられ、バランスのいい商品です。
 見た目は確かに子供向けなのですが、完成度が高く、大人が食べても十分楽しめるものだと思いました。
 来年もし再会できたら、ぜひ手に取りたい逸品です。

2018年7月15日 (日)

セブンイレブン ラムネわらび

 セブンイレブンで、かなり変わった商品を発見しました。
 それが、この「ラムネわらび」です。
 ラムネとわらび餅……いったいどんな味なのか、まったく想像がつかなかったため、興味をもって試してみることにしました。

Img_0622

 こちらが商品です。
 税抜93円(税込100円)で、4つ入りです。
 色は青くて、私のような変わり種の人はともかく、正直食欲をそそられない人の方が多いのではないかな、と感じました。

Img_0623

 消費期限は7月14日の午前3時で――実は、食べたのは同日の午後7時くらいです(苦笑)。
 そのため、本来の味とは少し異なる可能性がありますが、ご了承ください。
 製造者はわらべや日洋(株)で、カロリーは全体で110キロカロリーと、かなり低めの値になっています。

Img_0624

 封を切ってみました。
 4つのわらび餅と、ピックが見えます。
 個人的にはありがたいのですが、衛生面を気にする人の場合、ピックが入っていることに対して嫌悪感を抱くかもしれません。

Img_0625

 一つ、取り出してみました。
 ケースの形が四角なので、ある意味当然ですが、取り出しても四角いままです。

Img_0626

 カットしてみました。
 私はてっきり、ラムネのパウダーが入っていると思い込んでいたため……何も入っていないことに、あれ?という感じになりました。

 食べてみると――意外にも、美味しいです。
 モニュッとした食感は確かにわらび餅なのですが、そこにラムネの味そのものが加わっており、大きなギャップが生じています。
 個人的には、とても面白い商品だと感じました。
 こういう変わり種は大好きで、見た目の悪さから敬遠していたら、もったいないと思うくらいです。

 今回、試験的に文章の記載方法を一部変更しました。
 そのため時間がかかり、掲載することが遅れてしまったことを、お詫び申し上げます。

2018年6月16日 (土)

セブンイレブン 黒みつきなこもこ

 セブンイレブンで、とても気になる商品がありました。
 それがこれで…黒蜜ときなこは、これでまずくなる方がおかしいというくらい、相性抜群の組み合わせで…ぜひ試してみようと思い、購入してみました。

Img_0566

 こちらが商品です。
 値段は140円(税込)と、比較的手を出しやすい価格でした。

Img_0567

 黒みつきなこクリームが、中に入っているようです。
 皮の部分も黒いのですが、色を付けているだけなのでしょうか…?

Img_0568

 製造者は、プライムベーカリーでした。
 カロリーは238キロカロリーと、そこそこの値です。

Img_0569

 とろりとした黒みつきなこクリームを詰めたシュークリームという、うたい文句がありました。
 これがあると、テンションが上がります。

Img_0570

 美味しさを保つために遮光性フィルムを使用しております、とのことです。
 抹茶ではないのに、遮光性のフィルムを使う…少し不思議な感じがしますが、色が褪せてしまうということなのかもしれません。

Img_0571

 袋から出すと、こんな感じです。
 見た目は黒みつっぽい色合いになっていて、普通のシュークリームとは少し異なる印象を受けます。

Img_0573

 横からだとこんな感じで、想像以上に盛り上がっていることがわかります。
 「もこ」という名前に恥じない感じを受けました。

Img_0576

 カットすると、こんな感じです。
 クリームがたっぷり入っていて、おいしそうです。

 食べてみると…まず、皮の部分の甘みが結構強いと感じました。
 黒みつは入っていないのかもしれませんが、少し癖のある、独特の甘さが感じられます。
 そして、クリームはきな粉の味が前面に出ており、口に入れると和菓子のような、洋菓子のような独特の風味になり、不思議な感覚を受けました。
 想像していたほどに「絶品」というわけではなかったものの、独自性があり、面白い商品だと感じました。

 和菓子と洋菓子の中間みたいなこの味は、独特なものがあると思います。
 好きな人はとことんはまる味、かもしれません。

2018年6月10日 (日)

セブンイレブン 日本橋榮太樓のあんみつ

 セブンイレブンで、ずらりと並んでいた商品がありました。
 それがこのあんみつで…値段が書いてなかったのですが、おいしそうだと思いレジに持って行ったところ…かなりの値段で、びっくりしました。
 とはいえ、そこで戻すわけにもいかず…そのまま購入、です。

Img_0545

 こちらが商品です。
 値段は321円(税込)で…スーパーなどで販売されているあんみつに比べ、かなり高価な商品です。
 まあ、ブランドのあんみつですし、300グラムという量もある(可食部は175グラムのようですが)ため、この点は仕方ないのかもしれませんけれどね。
 表面に大きく、240キロカロリーであることが記載されていました。

Img_0547

 フルーツは、白桃、黄桃、みかん、パインアップルが入っているようです。
 また、赤豌豆(あかえんどう)も記載されており…かなり本格的なあんみつのようです。

Img_0548

 内容量は300グラムですが…本体の可食部は120グラムという記載でした。
 こしあんの30グラム、黒みつの25グラムを足して、175グラムという計算のようですね。

Img_0549

 販売者は、榮太樓聰本舗となっていました。
 製造所は静岡にある会社で、おそらくほかの地域では別の会社が作っているのかな?と思われます。
 こしあん、黒みつに関してはおそらく、全国的に同じものが使用されていると思われます。

Img_0550

 カロリーは、240キロカロリーです。
 これは可食部のカロリーで、捨てるシロップを飲んでしまった場合は、さらに高いカロリーになります。
 少しだけ味わってみましたが、缶詰のシロップのような味で、捨てるのがもったいなく感じましたけれどね。

Img_0551

 セブン&アイグループと、榮太樓聰本舗の共同開発商品である旨が、記載されていました。
 本来もっと高いものを、コンビニで販売できるように、少しコストダウンしたもののようです。

Img_0552

 アレルギー物質として、ももが記載されていました。
 また、工場では乳成分を含む商品を製造しているということで、そちらにも注意が必要だと思います。

Img_0553

 蓋を開けると、こんな感じです。
 黒みつの袋がまず、目に飛び込んできました。

Img_0554

 その下には、こしあんの袋です。

Img_0555

 特徴的なのが、フィルムが二重になっていることです。
 一枚目をはがすと、穴が開いているフィルムが蓋についている状態になるため、その穴からシロップを除いたうえで、二枚目をはがして食べるという形になっていました。

Img_0556

 拡大すると、こんな感じです。
 二枚目の穴の部分が、上のフィルムでも凹凸になってわかるようになっています。

Img_0557

 一枚目をはがしてみましたが、見た目ではほとんどわからないと思います。
 ただ、文字の部分に着目すると、一部が欠けているものがあり、その部分に穴が開いていました。

Img_0559

 シロップを捨て、二枚目をはがしてみました。
 かなり大量の寒天が入っており、普通のコンビニスイーツとは少し異なる感じがします。

Img_0560

 横からだと、こんな感じです。
 底の部分にたっぷりと、えんどう豆が入っているのがわかると思います。

Img_0561

 まずはあんこを載せて…。

Img_0562

 黒みつをかけました。
 周りに流れてしまったため、見た目はあまり変わらないです。

Img_0563

 スプーンを使って、口に運ぶと…?

 まず感じたのが、黒みつの上品な味です。
 風味が非常に良く、この部分ですでに当たりだと確信しました。

 あんは、徐々に黒みつに溶けていってしまいましたが…むしろそうなるように、作られていたようです。
 溶けたあんと黒蜜がまじりあい、非常に深みのある味わいになっていました。
 フルーツの種類も多く、えんどう豆もたっぷり入っていて、高級感のある作りで…値段は高いものの、それに見合う中身であると感じさせられました。

 かなり高額な商品ですが、中身も高級感があり、納得できるものでした。
 おいしいあんみつを食べたいという人に、お勧めです。

2018年6月 3日 (日)

セブンイレブン メロンパンもこ

 セブンイレブンの商品で、ずっと気になっていたものがありました。
 それがこの商品で…お店に行ってもずっと売り切れで、果たしてどんなものなのだろうかと思っていました。
 最近行ったときに、並んでいたため急いで購入し、試してみることにしました。

Img_0524

 こちらが商品です。
 値段は151円(税込)と、比較的手を出しやすい価格でした。
 割と袋の中に破片が飛び散っているものが多く、その中から比較的ましなものを選んだつもりです。

Img_0525

 メロン香るシュー皮の中に、メロンカスタードホイップが入るという作りになっています。
 メロンパンは、本来メロンの味のものではないのですが…最近はメロン味のものも出てきており、この商品はシュークリームですが、そちら寄りのつくりになっているようです。

Img_0526

 製造者はプライムベーカリーで、カロリーは273キロカロリーでした。
 比較的カロリーが高めであることに、注意する必要があります。

Img_0527

 この商品も、わかりにくい形ですがうたい文句が記載されていました。
 メロン香るシュー皮にメロンカスタードホイップをつめました…イラストの通り、ですね(笑)。

Img_0528

 袋から出すと、こんな感じです。
 メロンパンのような、クッキーっぽい皮になっています。

Img_0529

 角度を変えてみました。
 こちらの方がより、わかりやすいと思います。

Img_0531

 カットすると、こんな感じです。
 イラストよりもクリームがたっぷり入っていて、嬉しい誤算でした。

 食べてみると…皮の部分とクリームが相まって、意外とメロン味の再現度が高いと感じました。
 少しだけ青臭い感じの、あの味がしっかりと感じられます。
 表面はしっとりしていてサクサク感はないものの、思ったよりもメロンパンっぽくなっていて…少し時間を置いた、パン屋のメロンパンのような感じになっていました。

 メロンが好きな人だと、おそらくこの商品も気に入ると思います。
 メロンパンを求めるのではなく、メロン味のシュークリームとしてみるのであれば、完成度が高い商品だと感じました。

2018年5月26日 (土)

セブンイレブン 赤肉メロンホイップのミルクプリン

 セブンイレブンで、おいしそうな商品を発見しました。
 赤肉メロンホイップのミルクプリン…メロンも牛乳プリンも大好物の私としては、これは見逃せません。
 ローソンでも、メロンのショートケーキが販売されていましたし…今が旬らしいですね。
 (ちなみに、ローソンの方は値段が395円と非常に高く、断念しました)

Img_0500

 こちらが商品です。
 値段は224円(税込)と、プリンとしては少々高めですが…メロンが使われているということも考慮すると、納得できる値です。
 最近のセブンイレブンのスイーツは、値段に端数が生じており…以前とは少し状況が変わってきているのかな?と感じています。

Img_0501

 写真が小さいので、少しわかりにくいかもしれませんが…ミルクプリンとメロンホイップの間、およびホイップの上にメロンソースが入っているようです。
 どんな感じになっているのか、楽しみです。

Img_0502

 今回、「メロンとミルクの味わい」という謳い文句が書いてありました。
 これがあるということは、かなり期待できそうです。

Img_0503

 製造者はプライムベーカリーで、カロリーは272キロカロリーでした。
 原材料のところに、レモンジュースという記載があり…メロンと組み合わせることで、よりおいしく仕上げてあるのかな?と考えられます。

Img_0506

 蓋を取ると、こんな感じです。
 オレンジ色のホイップに、濃いオレンジ色のソースがかかっています。

Img_0508

 横からだとこんな感じです。
 大半の部分はミルクプリンのようですが、果たして味の方はどうなのでしょうか?

Img_0509

 スプーンですくって、食べてみると…。

 セブンイレブンのスイーツにしては、かなり甘みが強い作りになっていると感じました。
 ですが、しつこさや癖を感じさせない甘さであり、個人的にはありだと思います。
 非常になめらかな舌触りのミルクプリン、メロンの風味がふわっと感じられるホイップ、そしてホイップの上下に存在する濃厚な味のメロンソースが絡み合って、絶品でした。

 メロン好き、かつミルクプリン好きの人であれば、自信をもってお勧めできる商品です。
 値段は少し高めですが、試す価値がある商品だと感じました。

2018年5月13日 (日)

セブンイレブン 2層仕立てのガトーショコラ

 セブンイレブンで、おいしそうな商品を発見しました。
 2層仕立てのガトーショコラ…チョコレート好きなので、これは見逃せないと思い、購入してみることにしました。

Img_0474

 こちらが商品です。
 値段は181円(税込)と、またもや中途半端な価格でした。
 ぎりぎりまで採算と材料費のバランスを調整したということ、でしょうか?

Img_0475

 ガトーショコラの上に、チョコクリームとホワイトチョコソースがかかっているようです。
 チョコクリームとガトーショコラで、2層という計算になっているようです。

Img_0476

 開け口からゆっくり…と記載されていますが、この開け方できれいに取り出せたことが、一度もありません…。
 何かしら、別のいい方法があるのかもしれませんね。

Img_0477

 製造者はプライムベーカリーで、カロリーは188キロカロリーでした。
 チョコレートの商品でありながら、200キロカロリー以下であることが驚きです。

Img_0479

 袋を開けると…予想通り、後ろの部分が欠けてしまいました。
 開く場所の部分に、シールがかかっているため負荷がかかるのも原因の一つで…もう少し工夫できないのかと思います。
 上にかかっているホワイトチョコソースは、喫茶店のラテアートみたいな感じで、悪くないと感じました。

Img_0480

 横からだと、こんな感じです。
 チョコソースとガトーショコラの割合は、1:9くらいに見えます。
 それだけチョコソースの味が濃いということ、でしょうね。

Img_0482

 スプーンですくって、食べてみました。

 まず感じたのが…チョコソースの甘さです。
 少しねっとりした食感で、そのため甘さが舌に残るような感じを受けました。
 柔らかく、くちどけは良いのですが…濃厚でおいしいと感じるか、少しくどいと感じるか、人によって分かれるレベルだと思います。

 ガトーショコラの部分は、比較的甘さ控えめでした。
 なので、チョコソースの甘さはあえてこのバランスにしているのかもしれません。
 今までのものだと、割と男性好みの味という感じでしたが、より万人受けするような味にシフトしたような印象を受けました。

 人によっては、今までのものよりもこちらの方がおいしいと感じるかもしれません。
 なのでチョコレートが好きな人ならば、試してみる価値はあると思いました。

2018年5月12日 (土)

セブンイレブン たっぷりタレのみたらし団子

 先日の悪臭は、その後水道業者に来てもらったことで、ある程度ましになりました。
 完全に消えてはいないものの、耐えられる範疇になったため、これで良しとします。

 セブンイレブンで、おいしそうな商品を発見しました。
 たっぷりタレのみたらし団子…セブンイレブンのみたらし団子、何度もリニューアルされていますが…団子そのものの味がほかのコンビニよりいいような感じを受けるため、結構気に入っています。
 ただ、醤油の味が強すぎることが結構あり…果たして今回は、どうなのでしょうか?

Img_0462

 こちらが商品です。
 値段は135円(税抜)と、比較的お手頃価格でした。
 上からでもわかるくらい、たっぷりタレが入っており…タレの味が好きな人には、たまらないと思います。

Img_0463

 カロリーは181キロカロリーで、製造者はわらべや日洋でした。
 和菓子ということもあり、カロリーの面でも比較的手を出しやすいと思います。

Img_0465

 蓋を取ると…たっぷりという表現に偽りなしという感じです。
 タレの海の中に、白玉団子が沈んでいるような印象を受けます。

Img_0466

 横からだと、こんな感じです。
 これだけたっぷりタレが入っていれば、タレの量に不満を抱く人はいないでしょうね。

Img_0467

 取り出してみると、こんな感じです。
 果たして今回は、どんな味なのでしょうか?

 口に運ぶと…まず、団子の部分は柔らかく、かつ弾力があり、かなりおいしいです。
 そして、タレの部分は…今回はかなり、醤油の味が強いものでした。
 そのため、私にはタレの量が多すぎて、わざと残すことになってしまい…少しもったいないと感じさせられました。

 醤油の味が強いみたらしが好きな人には、ぴったりだと思います。
 逆に塩気が強いものはちょっと…という人は、今回は避けた方が無難かもしれません。

2018年4月 7日 (土)

セブンイレブン クッキー&クリームの生ガトーショコラ

 セブンイレブンで、おいしそうな商品を発見しました。
 クッキー&クリームのガトーショコラ…チョコレート好きなので、どんな感じに仕上がっているのか楽しみです。

Img_0344

 こちらが商品です。
 値段は181円(税込)と、少し中途半端な値段でした。
 今までは税込価格は切りがいい数字であることが多かったため、違和感を感じます。
 一個あたり1円の差は、大量に販売することになると大きな差につながるので、あえてこういう形にしたのかもしれませんが…。

Img_0345

 ガトーショコラの上に、バニラチョコクリーム、その上にココアクッキーとチョコチップがトッピングされるという構成になっています。
 凝った作りなので、多少値段が高めなのは仕方ないでしょうね。

Img_0346

 製造者はプライムベーカリーで、カロリーは174キロカロリーでした。
 サイズの割には高めかもしれませんが、チョコレートたっぷりであることを考えると、むしろ控えめな値だと思います。

Img_0348

 袋から出すと、こんな感じです。
 今回も、後ろの部分が少し欠けてしまいました。
 このパッケージ、改善するつもりはないのでしょうか…?

Img_0349

 横からだと、こんな感じです。
 バニラクリームは薄く上に乗っているという感じで、大部分はガトーショコラが占めているようです。

Img_0351

 スプーンで切って、食べてみると…?

 まず、ガトーショコラの部分はいつも通り、濃いチョコレートの風味がしっかり感じられ、おいしいです。
 しっとりしていて、非常に食べやすいと思いました。

 そして、上のバニラクリームの部分は…特にチョコチップが、大きなアクセントになっていました。
 コリっとした食感で、ほかの部分とは全く違い、面白いです。
 ココアクッキーはしっとりして、クリームとほぼ一体化したような感じでしたが…味自体はしっかりしているように感じます。
 バニラクリームも、なめらかでくちどけがよく…ココアクッキーとうまくマッチしていて、全体的に完成度が高い商品だと思いました。

 チョコレート好きの人で、オレオなども好きな人であれば、かなりはまると思います。
 値段は少し高めですが、その価値はあると感じました。

2018年4月 1日 (日)

セブンイレブン もっちもち香ばしみたらし焼団子

 セブンイレブンで、おいしそうな商品を発見しました。
 みたらし団子…セブンイレブンのものは、時々醤油の味が強すぎることもあるのですが、果たして今回はどうでしょうか?
 とりあえず購入して、試してみることにしました。

Img_0328

 こちらが商品です。
 値段は110円(税込)と、比較的お手ごろ価格でした。
 まあ、スーパーなどで販売しているものだと、3串で同じくらいの値段のものがありますけれどね。

Img_0330

 醤油の風味アップという記載がされていました。
 どんな味なのか、楽しみです。

Img_0331

 原材料を見ると、比較的シンプルな作りになっています。
 製造者はわらべや日洋でした。

Img_0332

 カロリーは、147キロカロリーです。
 量が少ないため、比較的低カロリーになっています。

Img_0333

 袋から出すと、こんな感じです。
 焦げ目がついた団子が四つ入っていて、その中の一つにピックが刺さっていました。

Img_0334

 拡大してみました。
 少し前の商品だと、たれが多すぎると感じるくらい入っていましたが、今回は多少浸かる程度になっています。

Img_0335

 取り出して、食べてみると…?

 醤油の味は、予想していたほど強くなかったため、食べやすいバランスになっていました。
 もっちりとして香ばしい団子との相性が良く、なかなかおいしいです。
 量も少なめですが、意外と満足感があり、このくらいの量でちょうどいいと感じました。

 冷たくしても、団子が柔らかく…その状態に合わせて調整された醤油の味が、絶妙です。
 みたらし団子が好きな人は、試しても損をしないと感じました。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ