文化・芸術

2018年8月22日 (水)

私の「死刑執行」

 これを見たら、「苦笑い」しかできないと思います。

 私は、「毒親によって」、「非常な精神的苦痛」を受けました。

 そして、「それをどうにかする方法」を、「必死で考えて」いました。

 たった今、「逆」だったことに気が付きました。

 両親こそが、「精神障碍者」だったのです。

 ゆえに、「措置入院」をさせます。

 そして、「二次元」で「射精する」つもりだったのですが、「良識」が邪魔をしました。
 ゆえに、「こういう形で、死刑を執行しました」。

 これは、「笑えます」。

 そして、最大の「武器」にもなるので、「あえてそのまま」にします。

Img_0841

Img_0842

Img_0843

 これが、「私の課す、最大の罰」です。

 私の「本名」が書かれている札の前、しかも「鏡に映ったアクア」。
 下半身むき出しで、「慌てふためく」。

 これで、「二次元の作品」を、「射精のネタにできる」。

 これはもう、「正しい」としか、言いようがないですよね(苦笑)。

2018年8月20日 (月)

奇跡的瞬間

 私は、ネット上で「小鳥遊」を名乗って、「小説家になろう」にて「文章を」書いています。

 そして、「写真」が含まれたものは、「こちらに」掲載します。

 また、「本格的に活動」したら、「新たなブログ」も利用します。

 そして、「生まれた、奇跡の瞬間」です。

 これは、「私自身が」、見た瞬間に「爆笑」してしまいました。

 神学的にも、「正しい配置」です。

Img_0835 

Img_0836

Img_0837

Img_0838

Img_0839

Img_0840

 小説家になろうにて、「私の象徴」として、「神棚を整理」しました。

 その瞬間に起きた出来事です。

 確か、「真ん中に天照大御神」で、「左側に自分」、「右側にあがめる神」だったと思います。

 そして、「配置を変えていたら」起きました。

 私は「滅茶苦茶ひどい人生」を送っていました。

 なので、「左側は、全部乗せ」です。

 そして、「さらに五円を、「一円玉」で」加えました。

 本当は、「五円玉」を使うつもりだったので、「もっと弱い」手段です。

 その瞬間に、発生した出来事。

 しかも、「鏡」を「アクア様に向けた時」です。

 さぞ、「怖かった」のだと思います。

 まさに、「脅された」ような感覚だったのでしょうね。

 表情も完ぺき。

 そして、慌てて「近くにあった」エリス様の「空箱」で、「ガード」しました。

 多少は落ち着いたと思います。

 木製の札には、「自分の本名が書いてあるので、隠して」 あります。

 あらら。

 これが、「究極の脅し」だったようですね(苦笑)。

 これは、笑えました。
 お腹の底から笑いました。

2018年8月18日 (土)

無料お試し期間終了のお知らせ

 ……正直、「大変」なんていうものではありませんでした。

 私は最近、「記事の数が急激に減っていた」こと、及び「巡回が少なくなっていた」ことを、自覚しています。

 ですが、これは「仕方がない」のです。

 何しろ「この一文」を作ったのですから、「どれだけのパワーが必要であったのか」は、「容易に推測」できると思います。

 https://ncode.syosetu.com/n3783ey/1/

 更に、「奇跡」が起きました。

 何しろ、「40年間」、「どんな手段を使っても、話すらできなかった」レベルの「毒親たち」です。

 わずか「2日」で、「きちんと建設的な話し合い」ができるようになりました!

 これを、「奇跡」と呼ばずして、ですよ。

 なので、「この時点をもって」、「無料お試し期間」を終了します。

 私は、「退職準備」をしています。
 そして、「すでに円満退職」に向けて、「進んで」います。

 更に、「世界の戦争を終えるだけの力」を有していることを、「ある程度」示すことができたと思います。

 なので、「範囲」について「明記」します。

 今まで、及びこれから「ネット上」で公開されている情報は、すべて「無料」です。

 ですが、「詳細を知る」のであれば、「出版」などの経費が必要になります。
 また、「個別相談」であれば、「当然」お金が発生します。

 ですから、「これからは」、商業としての取引になります。
 詳細については、後日細かいところを「詰めた」バージョンを作成し、「こことは別の、ビジネス用」のブログ等に掲載します。
 ココログへの負荷を減らすためという側面もありますので、ご了承ください。

2018年7月28日 (土)

大作の前段階として

 私は、「かなりの規模」の「作品」を作ろうと思っています。

 ですが、そのためにはさまざまな準備が必要で、しかも「日本語入力」がまともにできないという、緊急事態に陥りました。

 そのため、必死に情報を収集し、何とか目途が立ちました。

 それまでに書いた作品なので、未熟なのはご容赦ください。

 まず、読んでほしい作品です。

 「福音」~世界中に向けて~

 https://ncode.syosetu.com/n2145ex/

 これは、その作品の「冒頭」でも、繰り返そうと思います。

 次に、自分で世界を分析し、ぞっとしました。

 「地獄シュミレーター」として、「世界時計」との比較

 https://ncode.syosetu.com/n2150ex/

 あまりにも、想定が甘すぎるのでは?と感じました。

 日本も、最悪のディストピアに作り替えられようとしています。
 そのことに、だれも気が付いていない、あるいは気が付いていても対抗手段がない。

 まさに、「独裁国家」そのものです。

 更に、とんでもない発想をしてみました。

 もし、「2020年」に、「オリンピック」と「コミケット」を「同時」に開催し、
 かつ「最高の町おこし」までできるとしたら。

 ある意味、狂った?人間の『妄想』

 https://novel18.syosetu.com/n9628ew/

 この作品は、更に具体的な提示を行う予定です。

 そして、「自己分析」も行いました。
 それは、こちらです。

 自己分析

 https://ncode.syosetu.com/n7616ew/

 最初に「短編」として、二つ投稿してしまったため、後でまとめようと思います。

 順番が逆になってしまいましたが、「弟への供養」として作った作品があります。
 これが最初の作品です。

 亡き弟に捧ぐ ~セイジ・ガトーの物語~

 https://ncode.syosetu.com/n6549ew/

 この時は、まだまだ「甘ったれ」の、markを名乗っていました。
 そして、色々と検証した結果、我が家がまさに「毒親」の巣窟であり、弟を失った悔しさなどが、原点であることが分かりました。

 そこで、世の中の悲惨な「誤解」を止めようと思って、作成した作品たちです。

 「真実」を映し出す「鏡」

 https://ncode.syosetu.com/n0930ex/

 まずは、公務員に対する誤解が解けてくれると、助かります。

 そんな自分の姿を、きちんと「物語」の形で構築したものです。
 ある意味では、「日記」です。

 転生したらLV1のスケルトンだった?

 https://ncode.syosetu.com/n7441ew/

 私は、おそらく「小説家」などが向いた仕事だと考えています。
 そして、「小説家になろう」では、「小鳥遊広大」と名乗ります

 最後に、もう一度だけ両親に対して「アプローチ」を試みました。

 結果は、「もう私の前では、声を出すな」でした。

 なので、まずは「本名」を捨てることから、始めようと思います。

 段階的に、「実家」から離れない限り、自由に飛ぶことすらできない。

 そう、痛感しました。

2018年7月22日 (日)

私にとっての「ユートピア」

 下手をすると、価値観がわずか最初の「1話」だけで、変わるかもしれない作品と出会うことができました。

 それが、「聖☆おにいさん」という作品です。

 「キリスト」と、「仏陀」が、ある意味「仲良く」「日本で」同居しているというストーリーです。

 これって、もしかしたら最高ではないでしょうか?

 誰に祈っても、「きちんと相手に伝わります」

 そして、「判断」してもらえます。

 そして、地獄に行くことになっても、「閻魔様」におそらく、「伝えて」くれると思われます。

 それだけで、どれだけの人が救われるか。

 それを示しただけでも、読む価値がある作品だと感じるくらいの衝撃を受けました。

 もしかしたら、すでに昔の私の「mark room」を見たことがある人にとっては、「当たり前」の事、なのかもしれませんけれどね。
 ただ、この記事を書くことが困難なほどの、「異常事態が」いきなり「今回の」「メジャーアップデート」から発生したら――パニックにならない人、果たしているのでしょうか?

2012年2月23日 (木)

物語を書くために

 ちょっと前に、toraboさんのところで、「物語を書く上でのアドバイス」について、話題になったことがあります。
 そこで、私も書いてみました。
 この文章は、文字通り「ナルシストの芸術家の、妄言」なので、本気にしないでください。
 また、文中の出来事は、結構「ノンフィクション」も混ぜたりしています。

 私から、一つだけ言えるのは…「死なないでください」です。
 これは、「死に掛ける」ではありません。
 死に掛けるのは、そのときの心境や状況を考えるためにも、非常に有効ですからね。
 私みたいに、「何度も死に掛けて、教訓を得た」人もいるのですから…。

 また、「可能であれば、法を犯さないでください」。
 文章を書く上で、やはり留置所や、刑務所は、あまり向いていないと思いますからね…。
 ただ、これもまた、「警察の内部を知る」ためには、軽い法を犯してみるのも、いいかもしれません。
 (特に、刑事ものを書くときは…お勧めの手段だったりします:苦笑)

 そして、「出来れば、書き続けてください」。
 やっぱり、物語は書かなければ、作れないものですからね。
 もちろん、これにも例外があって…「書きたいとすら思わない」こともまた、有効だったりします。
 その充電期間は、やっぱり物語に役立ちますし、本を読むなどの努力をしないことは、「流されない」というためには、むしろ有用ですからね。

 なので、最初の結論になってしまいますが…「死なないでください」。
 それ以外ならば、全てが「役立つ」と思いますよ~!

2012年2月22日 (水)

海洋堂フィギュアミュージアム 第2弾

 19日の日曜日に、静岡に出かけました。
 本来の目的は、「てぃんくる先生の版画展」(ロウきゅーぶの、原画家です)だったのですが…時間の都合で、断念。
 その代わりに行ったのが、この展示です。
 前回へのリンクもはっておく(http://mark.cocolog-tnc.com/blog/2011/12/post-a1a1.html)ので、よければそちらも、ご覧ください。

 それでは、作品を紹介します。
 今回はあえて、「注釈を入れない」形にしようと思います。
 また、ブログの容量の関係で、写真のサイズが小さいことを、お詫びいたします。

Dvc00259

Dvc00260 Dvc00261

Dvc00262

Dvc00263 Dvc00264

Dvc00265

Dvc00266

Dvc00267

Dvc00268

 (私の体が映りこんでいることを、お詫びいたします)

Dvc00269

Dvc00270

Dvc00271

Dvc00272

Dvc00273

Dvc00274

Dvc00275

 (この一枚は、「販売しているもの」です。問題があるようならば、すぐに削除します)

 以上です。
 この感動が、伝わってくれるといいのですが…。

2012年2月19日 (日)

NHKスペシャル ヒューマン なぜ人間になれたのか

 今日の夜9時から、この番組がやっていました。
 見た感想は…「最高」です。
 もちろん、全肯定はしませんが(人が最初に手に入れた主食が「小麦」って…え、それ、ギャグ?!)、それでも私に、決定的な影響を与える作品でした。

 これ、最初から見れなかったのが…心から、悔やまれます。
 なんと、「見る」ためには、お金が必要という欲深さ…。
 やっぱり、NHKは、嫌いです。

 次回は、2月26日です。
 絶対に、見逃さないようにしないと。

2011年12月19日 (月)

海洋堂フィギュアミュージアム

 昨日は、静岡に行ってきました。
 薬の買出しと、年末に迫ったコミケットのカタログを買うのが目的だったのですが…静岡につくと、ちょっと面白そうな催し物を発見。
 静岡ホビースクエアというものが、静岡の南口のすぐ近くにあるのですが、そこで海洋堂という会社の、展示が行われていました。
 海洋堂といえば、オタクにとっては、知らないほうがおかしいというくらいに、有名なフィギュアのメーカーです!
 これはもう、行くしかありません(笑)。

 ちなみに、会場はなんと、撮影OKでした!
 なので、写真を交えながら、紹介したいと思います。

Dvc00224

 まず最初に出迎えてくれたのが、北斗の拳のケンシロウ&ユリア。
 本当は、2メートルのドラゴンもあったのですが、そちらは撮影し忘れてしまいました…(苦笑)。
 もし、もう一度行く機会があったら、そちらもぜひ撮影したいです。

Dvc00225

 そして、お次はああ女神様に出てくる、3人の女神。
 この造形…もはや、芸術品といっても、過言ではないかも。
 事実、ここの会社のフィギュアは、海外でなんと、一千万以上の値がついたものもあるのです!

Dvc00226_3

 お次は…大魔神…といって、知っている人、いるでしょうか?
 私も、知識としては知っていますが、実際に見たのはこれが初めてです。
 2メートル近いもので、圧倒的な迫力でした~!

Dvc00227

 そして、パトレイバーという作品に出てくる、ロボットを再現したものです。
 こちらの作品も、私は名前だけしか知りませんが…今見ても、十分通用するくらいの造形だと思います。

Dvc00228

 そして、エヴァンゲリオンに出てくるキャラクターたち。
 どれも、とてつもなく精巧に出来ています~!

Dvc00229

 それだけにはとどまりません。
 歴史上の有名な彫像などを再現したものも、このクオリティー!
 右側のほうにチラッと見える阿修羅像は、あまりの出来のよさに、わずか2週間で完売してしまったらしいです…。

Dvc00230 Dvc00231

 こんなユーモラスな作品も。
 こういった、「箱庭」形式の作品(ジオラマと呼びます)も、なんと15種類以上展示されていました!

Dvc00232

 もうひとつ、ジオラマのものを。
 昭和生まれの人にとっては、懐かしい光景なのではないでしょうか。

Dvc00234

 こちらは、着色の工程を示したものです。
 これだけの工程を経て、初めてひとつの作品になるのですから…すごいとしか、言いようがありません。

 後は、コメントなしで掲載させていただきます。
 美少女系ばかりなのは…ご了承ください(笑)。

Dvc00236 Dvc00237 Dvc00238

 スペースは思ったよりも狭かったですが、その分ぎゅっと凝縮された空間で、とにかく圧倒されました。
 やっぱり、世界に名だたるフィギュアメーカーというのは、伊達ではありません…。
 このタイミングで、静岡に行って良かったと、心から感じました。

2007年12月21日 (金)

八百万の国らしく?

 Wiiの、「みんなで投票チャンネル」で、また面白い結果がでていたので、記事にしてみました。
 お題は、「幽霊はいると思う?」というもの。

Ca340922

 この表を見ると分かるように、全体としては、若干「いると思う」が、「いないと思う」を上回るという結果になりました。
 ちなみに、真ん中のMii(キャラクター)が、私のキャラクターです。
 結構、自分自身と似ているかも?

 それはさておき、投票結果を国別に見ると、面白いことになります。

Ca340921

 ちょっとピンボケで、分かりにくいかもしれませんが…実は、「いると思う」と答えた国のトップが、日本なのです!
 それ以外の国では、「いないと思う」の割合が高く、特に合理的な国柄で知られるドイツやオーストリアなどは、ほとんどを「いないと思う」が占めると言う結果になりました。

 このことから…日本の投票割合が、他の国よりも高そうだという結果も導き出せますし、また、日本という国では、幽霊の存在を信じる人の割合が、他の国よりも多いという結果もまた導き出すことが出来ると思います。

 もっとも、「幽霊」という単語が、どのように変換されて、その国で表記されているかによっても、若干結果にぶれは発生しそうですけれどね。
 「透明な幽霊」は信じなくても、「吸血鬼」だったら信じる…ということであれば、「モンスター」(怪物)で訳された場合、信じるに投票してしまうと思いますし。
 逆に、「ゴースト」に限定すると、透明な存在に限定され、「死後の魂の現れた姿」という点では、除外される部分が出てくると思います。
 まあ、ここまで深く考える問題では、無いのかもしれませんけれどね(笑)。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ