アニメ・コミック

2018年7月25日 (水)

Iもし、「ど〇えもん」が完結するとしたら

 今まで、いろんな作家が「ド〇えもん」の、最終回に導く考えをしてきました。

 その上で、自分に当てはめて考えてみました。

 びっくりしました。

 ここからが、本題です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「もし」

 「ド〇えもん」

 主人公であり、、「四次元ポケット」の持ち主です。
 無数のアイテムがあります。

 ですが、中身はぐちゃぐちゃです。
 そのため、必要なものを取り出すことができず、焦ってしまいます。

 まさに、自分そのものでした。

 「の〇太」

 もう一人の主人公です。
 彼は、普段はのんびりしていますが、実はとんでもない「チート」だったのです。

 「銃の腕前」は、それこそ「伝説レベル」なのです。

 「の〇太」、「銃」。

 このキーワードだけで、どこまでのすさまじい能力なのか、わかると思います。

 その上で、です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 もし

 「二人が協力して、四次元ポケットの中を整理して」

 「きちんと必要なものを取り出せるようにして」

 「さらに」

 「二人で「もう一つ」四次元ポケット」を「作る」。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 そして、

 「二人で同時に四次元ポケットの中から、必要なものを取り出す」

 更に、

 「の〇太」は、常に「水鉄砲」を、「片手」に持っていたとしたら。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 これだけで、本当のエンディングに導くことができるかもしれない。
 私は、そう感じました。

2015年9月22日 (火)

初めての機能

 最近見ているアニメの、振り返り上映がニコニコ動画で行われるということでしたが…生放送の形で、深夜に行われるということだったため、半ば諦めていました。
 ところが、調べてみると…ニコニコ動画には、「タイムシフト」という機能があり、それを使うことでコメントはできないものの、生放送を後から見ることができるということが、判明しました。

 早速使ってみたのですが…視聴できるのは、一週間以内であり、更に一度しか視聴できないという記載がされていました。
 そのため、早速再生したのですが…一度しかと書いてあったものの、パソコンをスリープ状態にさせても大丈夫で、あれ?という感じでした。

 確認してみると…再生を始めてから、一日強くらいの時間、視聴することができるようです。
 まあ、仮に再生が一度だけとなると、用事が急に発生したときは、どうにもならず…不満の声が上がると思われるため、ある意味当然の方法なのかもしれませんが…。
 もう少しわかりやすい表記にできなかったものかと、感じました。

2012年3月 2日 (金)

自炊開始~!

 いよいよ、「自炊」道具が届きました。
 これで、本をどんどん、パソコンに入力できます。
 とはいえ、最初のうちは、結構大変だと思いますけれどね…。
 (実際、何度か紙詰まりを起こしてしまい…二冊、諦めましたから)

Imgp2587 Imgp2589

 こちらが、裁断機になります。
 なんと、180枚を一瞬で切り捨て…もとい(前記事の「ダンシング☆サムライ」を聞いているので…)、一発で解体できるという、凄まじいシロモノです。

 値段も高いですが…大概の同人誌ならば、確実に一発ですからね。
 厚い本でも、引き裂いてからやれば、大丈夫ですし…。
 大きいというのが、最大の弱点ですが、それでもすごいと思います!

Imgp2592 Imgp2591

 こちらが、スキャナの箱です。
 思ったよりは小さい…というのは、裁断機を見て、感覚が麻痺しているのでしょうか…(笑)。

Imgp2601 Imgp2602

 こうして見ても…それほど、大きくないかも?
 実際、裁断機を乗せたらいっぱいいっぱいだったボックスが、こちらだと3分の1程度しか占領されずに済みますからね。

Imgp2603

 と思っていたら…それは、「仮の姿」だったようです(笑)。
 展開すると…この大きさですからね。
 やっぱり、この箱は、他の物は置けそうにありません…。
 まあ、使う時だけ、どかせばいいのですが。

 スキャンの速度は…洒落にならないくらい、早いです~!
 それこそ、「あっという間」という感じで、非常に助かりました。
 もっとも、裁断をきちんとやらないと、「紙詰まり」の原因になるのですが…。

 まだ、買ってから間が無いので、これから徐々にやっていこうと思います。
 今の部屋は…相当凄まじい状態(せっかく、片付けたのに…)で、人には見せられないかも。
 とはいえ、だんだんと解決に向かうと思いますけれどね。

2012年2月28日 (火)

最終兵器、導入!

 私は、「片付けが、致命的に下手」です。
 そして、片付けで一番悩んでいるのが…本の多さです。
 おそらく、家にある本をすべて数えたら…数千冊はあると思いますし…。
 これだけ多いと、どうしても収納しきれず、見た目もひどい状態になってしまいます。

 そこで…ついに、最終兵器を導入することにしました。
 裁断機と、スキャナ…いわゆる、「自炊」です。
 説明すると、裁断機で本を切ってしまい、その切った本をスキャナで読み込み、パソコンの中に入れるという作業。
 大変ではありますが…物理的に片付けるためには、やむを得ないと思います。

 とりあえず、最初の一歩として購入したのが、こちらになります。

Imgp2568 Imgp2569

 ペーパーカッターというもので、A4サイズ対応、切れる枚数は10枚です。
 中国製のもので、あまり質は高くないと思いますが…それでも、「1,680円」という値段は、非常に魅力的。
 とりあえずは、これとスキャナ(私の場合、プリンターが複合機なので、スキャン機能がついています)を使って、やってみました。

Imgp2570

 中身は、こんな感じです。
 最初は、どう使うか分からなかったのですが…ローラーの部分に紙を通して、「往復させる」だけという簡単さ。
 スパっと切れて、なかなか良かったです。

 そのあとは…スキャナーで、一枚ずつスキャンするという、大変な作業。
 大抵の本は、表と裏、両面に印刷されているので、ひっくり返す作業も。
 本当に、大変でした…。
 逆さまになってみたり、間違えて二回スキャンしたり、途中でフリーズしてやり直したりと、トラブル続きで、相当大変だったかも…。
 終わった時には、ヘトヘトでした。

 感想は…「大変ではあるものの、それ以上の価値がある」という感じです。
 薄い同人誌一冊で、30分近くかかってしまいましたが…それでも、「一冊捨てられた」というのは、大きいですからね。
 とはいえ、このペースでは、「現実的ではない」というのも、また事実。

 そこで、思い切って、大型の裁断機とドキュメントスキャナ、購入してしまいました!
 裁断機は、180枚まで切れるので…文庫本も、数カ所引き裂けば、十分実用レベルです。

 そして、スキャナは、「次々と両面をスキャンできる」という、まさにうってつけの代物。
 これで、文庫本から同人誌、漫画など、ほぼすべての本に対応できそうです。

 お金はかかりますが(全部で、7~8万円はかかっていますね…)、それでも、「スペースを空けられる」というのは、それ以上の価値があることだと思います。
 おそらく、一回掃除を業者に頼めば、それくらいの金額はかかりますからね。
 そう考えれば、「高くはない」買い物なのかもしれません。
 スキャナと裁断機、どちらも通販(楽天)なのですが…届くのが、楽しみ~!

 本日のおすすめ動画(arcadia 手書きアニメーション)

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm10945043

 ダンバインというアニメを知っている人ならば…更に興奮するかもしれませんが、「スパロボで知っている」というレベルの私が見ても、洒落にならない作品だと思います。
 これ、「フルアニメーション(1秒間に、24枚!)」なんですよね…。

 そのすべてを、一人で書いて、音楽に合わせて…。
 1年間かかったらしいですが、「短い」と思いますよ!
 ぜひ、見てください。

2012年2月24日 (金)

名刺の作成

 諸般の事情がありますので、おそらく今日の更新は、この一つになります。
 ご了承ください。

 アサーティブ・ロールプレイ講座(まだ、申し込みは出来るかも?http://ktanizawa.exblog.jp/17540451/)に参加するのですが…その際に、出来るだけ多くの人にこのブログを知ってもらおうと思い、名刺を作ってみました。

Imgp2545

 こちらは、100円均一の名刺入れです。
 25枚入ると書いてあったのに…20枚で限界になったのは、さすが100円均一。
 さて、開けてみると…?

Imgp2546

 こんな感じになります。
 もちろん、取り出す必要があるので、もう一枚。

Imgp2547_2

 こんな感じに、作ってみました。
 メールアドレスや、ブログ(表、裏ともに)のリンクなどが掲載されているので、「私の名刺」としては、これで十分だと思います。
 もし、「こうしたほうがいい」という意見があれば、ぜひ。
 (しいてあげるならば…マークという読みを、入れるべきだったかもしれませんけれどね)

 ちなみに…名刺を自作すると書くと、かなり難しそうなのですが…実は、簡単だったりします。
 10枚組みの、名刺の形(が連なったもの)をした紙(PCショップならば、簡単に手に入ると思います)に、はがき作成ソフト(私の場合は、筆まめのフリー版…年賀状作成ソフトについてきたもの…を使用しました)を使うだけ、です。

 ただ、多少のセンスは必要(特に、初期設定項目がひどいことが多いので…この形にするのに、苦労しました~!)ですけれどね。
 それでも、私の場合は、30分ちょっとで出来ました。
 パソコンに慣れている人ならば、もっと簡単に出来ると思いますよ~!
 

 今日のキサラギ(キサラギ自体は、http://www.nicovideo.jp/watch/sm15878480)

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm16182209

 腹筋、完全崩壊(笑)!
 これは…ぜひ、キサラギのムービーを見た後に、見てください。
 ここまで愛される作品というのも、無いと思いますよ。

 お勧めムービー

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6700868

 斑鳩というゲームと、アイドルマスターというゲームを融合させたものなのですが…あまりの完成度の高さに、「0話しか見れない」状況です。
 下手に次の話を見てしまったら…涙腺崩壊、確実ですからね。
 (というか、0話の時点で、もはや泣いてしまっています…苦笑)
 この傑作も、お勧めですよ~!

2012年2月23日 (木)

アタリショック

 ゲームに詳しい人ならば、この「アタリショック」という言葉、聞いた事があるかもしれません。
 傑作のゲーム機があったらしいのですが…あまりにすごすぎて、ソフトが乱立し、結果として評価を下げてしまい、その会社はつぶれてしまった…という経緯だったと思います。
 もし、詳しく知りたい人は、検索してみてください。

 そして、今の私が…ある意味、それに近い状況です。
 あまりにも幸せすぎて、冗談抜きで、「死にそう」でしたから…。
 それが、もう3日以上続いていて…今日はついに、倒れて(といっても、「眠った」だけですので、ご安心を)しまいましたからね。
 とりあえず、「ペースを落とす」ことで、対応しようと思います。

 それでは、今日のお勧め紹介です。

 「はじめてのあく」

 ストーリーも面白いのですが…何より、キャラクターひとりひとりの愛が、すさまじいです。
 ちょっとした脇役ですら、非常に魅力的で…おそらく、どんな人でも、「お気に入り」のキャラクターが見つかるのではないでしょうか?
 現在のところは、掲示板にキャラクター「奏」を掲載した影響で、「緑谷花子」というキャラクターが、一押しかも。
 ぜひ、読んでみてください。

 「鎖の少女」

 こちらも、キャラクターの関係です。
 「奏」というキャラクターの、過酷な運命と決意を表すのに、この曲ほどふさわしい曲はありません!
 こちらも、ぜひ。
 http://www.youtube.com/watch?v=YdDTPJOTOFU

 どちらも、本当にお勧めで、涙が出てしまいそうです。
 こんな幸せな日が、一日でも長く続きますように。

2012年2月21日 (火)

史上最強の弟子ケンイチ

 toraboさんがお勧めしていたので、この漫画、TSUTAYAでレンタルし、読んでみました。
 感想は…こうして、記事にしていることからも、明らかだと思います。
 特に、「戦い」が好きな人ならば、すべからく読むべし、ですね。

 この作品のすごいところは…「あら」、「突っ込みどころ」などが、満載でありながら、「説得力がある」ことです。
 この展開のやり方は…作品を書く上でも、とても役立つと思いますよ。

 ちなみに、私が引っかかったのは…5巻の、38話「温泉」の、この一幕です。
 頭の中で思い浮かぶかぎりの、つらい特訓を考え…それが「天国」だといわれたので、私も考えてしまったのですが…。
 はっきり言って、私が考えてしまった「特訓」に比べたら…この激しい特訓は、「天国」であり、「ぬるま湯」でした。
 その点では、ちょっと私が、考えすぎてしまったのかも…。

 私が考えてしまった(そして、もっともありえないと思った)のが、「内観」です。
 つまり、「自分自身を見つめなおして、弱点を探る」というものです。
 もしそうだったとしたら…おそらく、「答えが出ない」状態になってしまったと思いますからね…。

 こういう風に、「想像の余地がある」、名作だと思います。
 ぜひ、こちらも、興味を示してください。

2012年2月19日 (日)

ゼノグラシア

 一部で、「黒歴史」といわれる、この作品…第一話だけ、見てみました。
 感想は…なるほど、いろんな意味で、納得できます。

 最大の「間違い」は、生まれる順番だったのでは…としか、思えません。
 もちろん、これから先、「破綻」したからこそ黒歴史なのかもしれませんが…。
 もし、これがアニメ版のアイドルマスターの後(厳密には、「キサラギ」の後)に生まれていたら…もしかしたら、全く逆の評価を受けたのではないかと、感じました。
 やっぱり、「王道」があってこその、「奇策」だと思いますからね。

 続きも、ぜひ見てみたいです。
 なぜこれが、「黒歴史」と呼ばれるほどに忌み嫌われるか…知りたいですからね。

無尽合体キサラギ

 toraboさんの掲示板で、すごく面白い作品に出会ってしまいました。
 それが、この「無尽合体キサラギ」という作品です。
 情報提供した、AOさん、好古真之さん、本当にありがとうございます。

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15878480

 http://www.youtube.com/watch?v=4mbUzhlLTxg

 上が、ニコニコ動画、下がyoutubeになります。
 ぜひ、見てください。

 当然…というべきか、なんと言うべきか…「サイト」も存在します。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%84%A1%E5%B0%BD%E5%90%88%E4%BD%93%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%AE

 これだけの作りこみがなされた作品…「別の世界軸」で、見てみたかったと思うくらいに、すばらしい傑作の予感。
 こちらでは、この時点ではこれだけしか存在しないのが、心のそこから悔やまれます。
 同人誌、あったら欲しいですよ~!

 とりあえず、主題歌「arcadia」が含まれるCDを、アマゾンで購入してしまいました。
 関連商品、そろえられるところまでそろえたいのですが…「スピンオフ」のアイドルマスターまで手を出せるかどうかは、ちょっと疑問ですね…。

2012年2月18日 (土)

まおゆう

 まおゆう魔王勇者(通称、まおゆう)という、作品があります。
 この作品…下手をすると、「はがない」と同等か、それ以上にはまるかも…。
 まさに、私が言いたかったことが、全て載っているのでは?というくらいに、すごい作品です。

 そして、「地の文」が一切無いという…この発想は、ありませんでした! 
 そうでありながら、ここまで「物語」が成立しているなんて…。
 私にとって、大きな「希望」です。

 http://maouyusya2828.web.fc2.com/

 こちらが、「まとめサイト」になります。
 これは…一読の価値、あると思いますよ。
 もしかしたら、2ちゃんねるが発祥なのかもしれませんが…やっぱり、この「坩堝」、恐ろしい存在です。

より以前の記事一覧

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ