« HSPと発達障害 | トップページ

2021年7月24日 (土)

非常識すぎる秘書検定

 事務職を目指すものがとっておくと、有利になる資格としてネット上ではよく、秘書検定が挙げられています。

 ですが、私は不要どころか、むしろ害悪としか思えないと断言します。

 秘書検定で、信じられないものが正解になっている問題を、二つ紹介させていただきます。

 まず一つ目は、記憶によるものなので、問題文を完全に紹介できないことを前提としてください。
 それでも、普通は「ありえない」と思うでしょうけれどね。

 秘書が、上司に対して行ってはいけないことは、次のうちどれか。

 2.机の中の筆記用具などを確認し、中身がなくなっているものを補充する。
 3.上司が薬を飲むことを想定し、机の上に水の入ったコップを置いておく。

 これ、正解は3番なのです。

 普通に考えても、「人の机の中を勝手にいじられる」というのは、想像しただけでもぞっとする行為です。
 確かにあらかじめ水を入れたコップを置くことは、あまり気分がいいことではないかもしれませんが……少なくとも、前者に比べればはるかにましとしか、個人的には思えません。
 また、書類の紛失などの時に責任を問われることも考えると、まさに「ありえない解答」ではないでしょうか?
 古くから「李下の冠」ということわざがあるように、「疑われるようなことはしない」のがまともな社会人としての行動でしょうし、加えてプライバシーの侵害という点でも、大問題だとしか言えません。

 次の問題は、更にひどいものになっています。

 上司から、「K社から新商品発表会の案内がまだ届いていないと連絡があった。漏れがないようにしてもらわないと困る」と注意された。しかし、案内状のリストにはK社は入っていない。このような場合に秘書がはどのように対処すればいいか。次の中から適当と思われるものを一つ選びなさい。

 1.K社に電話で遅れた理由を説明して詫び、会場や日時などを伝えてすぐに送る。
 2.K社はリストにないが送っていいかと上司に確認し、よいと言われたらすぐに送る。
 3.リストになぜK社がなかったのかを上司に尋ね、K社には詫び状を添えてすぐに送る。
 4.上司にすぐに送ると言って、送り状にわびの言葉を添えて送り、リストに追加しておく。
 5.K社には電話で不手際を詫びてすぐに送るといい、リストに追加してよいかを上司に確認する。

 これを正解できる人がいたとしたら、むしろそれは「無能な働き者」だと思います。
 ちなみに正解は、なんと「4番」なのです!

 このような勝手な行動をとられると、リストを作成した人に多大な迷惑がかかるのは、自明の理です。
 加えてあえてリストから外した可能性があるにもかかわらず、勝手に送ったうえでリストに追加するというのは、会社の方針に反する可能性が非常に高いと思われます。

 上記の二つを例にあげましたが、このレベルの「非常識な問題」がまかり通っているのが、秘書検定の世界です。
 こんなものを取得している人、むしろあなたは信用できますか?

« HSPと発達障害 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HSPと発達障害 | トップページ

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ