« 薬物中毒寸前 | トップページ

2020年9月 8日 (火)

とある人物に対して

 最近、小説を書いていますが……アクセスはほとんどなく、自由気ままに書いています。

 

 それはさておき、今回の記事はとある人物に向けたものであり、他の人にとっては意味不明かもしれません。
 あらかじめそのことを前提として、記載しておきます。

 

 ワーキングプアという現象が、都心部ではかなり問題になっているようです。
 ですがよく考えると、10時間以上働いて自分の借家すら手に入れられないというのは、明らかに違法な中抜きが行われているはずです。
 最低賃金は派遣労働者であっても、支給されるという最低限の法律知識さえあれば、そこから抜け出すことは可能なはずです。
 もし会社側が応じなければ、訴訟によって勝つことは可能ですし、無料の弁護士、あるいは成功報酬という形で取り戻すこともできます。

 もし、そういう人たちを支援する仕事をしている人がいるとしたら、労働法関係は「必ず学ぶべきもの」です。
 それを頭に入れずに、ただカウンセリングだけを行っているとしたら、明らかに「怠惰による罪」だと思います。

 以前基本的な労働法のことすら知らないことを、とある手段で知ったときはぞっとしました。
 最低限の勉強は、人を救う上で必須だと思い、記事にしました。
 法律をきちんと学んでいれば、救える人の数もかける必要がある労力も、圧倒的に少なくなるはずです。

 ちなみに、働いても生活保護の基準以下しか賃金が受け取れていない場合は、その差額を生活保護費として受け取ることができます。
 これも法律に明記されていることなので、きちんと学んでください。

« 薬物中毒寸前 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薬物中毒寸前 | トップページ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ