« 一発ネタ 「ナビエーストークス方程式の解の存在と滑らかさ」 | トップページ | ミレミアム懸賞問題 子供向けの翻訳? »

2018年8月 4日 (土)

調子に乗って ミレミアム懸賞問題 「P≠NP予想」

 調子に乗って、もう一つミレニアム懸賞問題をチェックしてみました。
 すると、面白いものを発見しました。

 「P≠NP予想」というものです。

 「P」というのは、素早く解ける単純な計算、例えるならば足し算のようなものだと思います。
 それに対し、「NP」というのは、「パズルのような問題」であり、やや複雑です。
 ですが、仮に「NP」を「掛け算」に例えると、
 「NP=掛け算」は「P=足し算」の繰り返しなので、「簡単に解くことができます」。

 その上で、「NPに該当する、複雑な問題をすべて素早く解くことができるかどうか」という問題らしいです。

 私の感覚では、比較的容易だと感じました。
 そのため、比較検討してみます。

 最近、「マイニング」というお金儲けの手段が流行っています。
 まあ、すでに「流行おくれ」かもしれませんけれどね。

 これは、「演算能力を、他のコンピューターに代わって行ってもらう」ことで、「高度な演算処理を行う」ものです。

 また、「スーパーコンピューター」というものがあります。
 これは、「高い演算能力を有するコンピューター」です。

 最近では、「クラウド」などのように、「処理を分散する」ことが流行しています。
 そのため、「マイニング」に当てはめて考えてみようと思います。

 まず、プロセッサ「一個」で行う処理は、「認識=正」、「反転=比較用」、「正と反転の照らし合わせ」です。
 その上で、「適したもの」(これは、個々のアルゴリズムで問題ないと思います)を抽出し、それを「解答」にします。

 正直、大昔のパソコンでも、一瞬でできると思います。

 それを上位のパソコン(前の物よりも高度なアルゴリズムを有するコンピューター)が、同じく「解答=正」、「反転=比較用」、「照らし合わせ」です。
 これも、一瞬でできると思います。

 後は、これを繰り返すだけです。

 結果として、処理能力はスーパーコンピューターを凌駕すると思われます。

 一台のスーパーコンピューターに任せるのではなく、分散することで複雑な問題を処理することが可能。
 個人的な意見であり、専門知識がないため穴だらけですが、「万が一」これを見て「参考になった」と考える、「奇特」な人がいたらと思いました。

« 一発ネタ 「ナビエーストークス方程式の解の存在と滑らかさ」 | トップページ | ミレミアム懸賞問題 子供向けの翻訳? »

「真実」を映し出す「鏡」」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120155/73974968

この記事へのトラックバック一覧です: 調子に乗って ミレミアム懸賞問題 「P≠NP予想」:

« 一発ネタ 「ナビエーストークス方程式の解の存在と滑らかさ」 | トップページ | ミレミアム懸賞問題 子供向けの翻訳? »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ