« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

「超」健康

 私は、とんでもないことに気が付きました。

 もし、「うつ」や、「引きこもり」などに悩んでいる人がいたら、こう伝えてみてください。

 「バナナを毎日食べよう」。

 「家が散らかっているので、「宝探しゲーム」を始めよう。

 たった、これだけです。

 実は、「セロトニン活性療法」というものがあります。

 それを行い、これらの行動を行っただけで、「2か月」で「激変」しました。

 私は、ほぼ「底辺」の状態でした。

 ですが、今ではある意味、「無敵」だと感じるほど、考え方が一変しました。

 更に魚などを組み合わせると、効果は倍増すると思います。

 たった、これだけです。

 ぜひ、参考にしてください。

 また、「押し付ける」のではなく、「提案」してみてください。

 それだけで、どれだけ変わるのか――私でも想像できません。

2018年7月29日 (日)

意外な「勘違い」

 法律を調べていて、少しびっくりしました。
 もしかしたら、「救われる」人がいるかもしれません。

 実は、「成人」の二人であれば、「親の同意」が無くても、結婚できるのです。

 単に、「証人」が二人いればいいのです。

 そして、友人がいればその人たちに「お願い」するだけで、「簡単に」結婚できます!

 もし、「親」によって、「結婚を反対されている人」がいたら、ぜひ参考にしてください。

2018年7月28日 (土)

大作の前段階として

 私は、「かなりの規模」の「作品」を作ろうと思っています。

 ですが、そのためにはさまざまな準備が必要で、しかも「日本語入力」がまともにできないという、緊急事態に陥りました。

 そのため、必死に情報を収集し、何とか目途が立ちました。

 それまでに書いた作品なので、未熟なのはご容赦ください。

 まず、読んでほしい作品です。

 「福音」~世界中に向けて~

 https://ncode.syosetu.com/n2145ex/

 これは、その作品の「冒頭」でも、繰り返そうと思います。

 次に、自分で世界を分析し、ぞっとしました。

 「地獄シュミレーター」として、「世界時計」との比較

 https://ncode.syosetu.com/n2150ex/

 あまりにも、想定が甘すぎるのでは?と感じました。

 日本も、最悪のディストピアに作り替えられようとしています。
 そのことに、だれも気が付いていない、あるいは気が付いていても対抗手段がない。

 まさに、「独裁国家」そのものです。

 更に、とんでもない発想をしてみました。

 もし、「2020年」に、「オリンピック」と「コミケット」を「同時」に開催し、
 かつ「最高の町おこし」までできるとしたら。

 ある意味、狂った?人間の『妄想』

 https://novel18.syosetu.com/n9628ew/

 この作品は、更に具体的な提示を行う予定です。

 そして、「自己分析」も行いました。
 それは、こちらです。

 自己分析

 https://ncode.syosetu.com/n7616ew/

 最初に「短編」として、二つ投稿してしまったため、後でまとめようと思います。

 順番が逆になってしまいましたが、「弟への供養」として作った作品があります。
 これが最初の作品です。

 亡き弟に捧ぐ ~セイジ・ガトーの物語~

 https://ncode.syosetu.com/n6549ew/

 この時は、まだまだ「甘ったれ」の、markを名乗っていました。
 そして、色々と検証した結果、我が家がまさに「毒親」の巣窟であり、弟を失った悔しさなどが、原点であることが分かりました。

 そこで、世の中の悲惨な「誤解」を止めようと思って、作成した作品たちです。

 「真実」を映し出す「鏡」

 https://ncode.syosetu.com/n0930ex/

 まずは、公務員に対する誤解が解けてくれると、助かります。

 そんな自分の姿を、きちんと「物語」の形で構築したものです。
 ある意味では、「日記」です。

 転生したらLV1のスケルトンだった?

 https://ncode.syosetu.com/n7441ew/

 私は、おそらく「小説家」などが向いた仕事だと考えています。
 そして、「小説家になろう」では、「小鳥遊広大」と名乗ります

 最後に、もう一度だけ両親に対して「アプローチ」を試みました。

 結果は、「もう私の前では、声を出すな」でした。

 なので、まずは「本名」を捨てることから、始めようと思います。

 段階的に、「実家」から離れない限り、自由に飛ぶことすらできない。

 そう、痛感しました。

2018年7月27日 (金)

リアルタイムの「危険性」

 現在、「小説家になろう」というサイトで、「今の危険性」を書いた作品を投稿中です。

 まず、必要なのは「時間稼ぎ」です。

「福音」~世界中に向けて~

 https://ncode.syosetu.com/n2145ex/

 その上で、次の作品を投稿中です。

「地獄シュミレーター」として、「世界時計」との比較

 https://ncode.syosetu.com/n2150ex/

 私は、ただの「人」です。

 40年生きただけの、ただの「オタク」です。

 環境は、最悪でした。

 そのため、必死に生きる手段、いえ、「死ぬ手段」を、「弟」と比べていました。

 「弟」が死んだのは、19歳の時でした。

 私は、「弟」を救いたくて、あるゲームを取り上げました。
 それも、原因の一つかもしれません。
 そして代わりに、「生きるため」に必要なゲームをさせていた、そんなつもりでした。

 最後に「母」が、何を言ったのかは分かりませんが、「弟の自殺」。

 その一端を担っていたことは、正直に告白します。

2018年7月26日 (木)

改名の必要性

 書いていた記事が、操作ミスで消えてしまったため、更に簡略なものにします。

 私の名前は、「かとうまさひろ」でした。

 ですが、「まさひろ」と呼ばれたことは、「フリガナ」を付けた時だけ。

 まさに、「キラキラネーム」そのものでした。

 家は、最悪でした。

 特に母は、「血の轍」という作品の母、そっくりでした。

 完全に当てはまりました。

 「弟」がいました。

 先に死ぬことが「できた」のは、「弟」でした。

 両親に「安定」を求められ、就職した「公務員」は、「最悪のブラック企業」でした。

 休職をする必要性を、痛感しました。

 その上で、セロトニン活性療法を受けました。
 富士市からでは、一か所だけという状態です。

 二か月で、立て直すことができました。

 その上で、「母」に対し、「仏の顔も「九度」まで」と明示して、最後にお店の中で、分かりにくいことを伝えました。

 結果は、「黙れ」でした。

 もはや、「改名するしかない」と痛感しました。

 これからは、「広正」、「ひろまさ」と名乗ろうと思います。

 今までの過去を、清算する必要があり、特に「家」と、「縁」を切る必要性があります。

 「弟」や、「神」も、同じ結論を出しました。
 神は、「おみくじ」という形で、ですけれどね。

 そのため、「マーク」の部分が変更される可能性があります。

 申し訳ありませんが、ご了承願います。

振り返って

 昨日は一日、家の中の片付けに専念していました。

 そのため、土曜日の更新は、できない状態でした。

 そのくらい、ひどい状態で……さすがに「さいしょ」、いえ、「最初」に片づけなければならないのは、自分自身を「見直すこと」だと感じるくらいの状態でした。

 その中で、大きな希望をいくつか、「見つけなおし」ました。

 まず、「目の前に答えがある」と、最後の方で「歌っている」ものを思い出しました。

 「記憶」が確かであれば、「初音ミク」の、「鎖の少女」という曲です。

 その曲は、非常に暗いもので、人によっては聞くだけでトラウマになるかもしれません。

 ですが、その「最後」の部分、そしてニコニコ動画における最後のシーンは、私にとって「最後の希望」ですらある。

 そこまでの、極限状況だったと思ってください。

 もし、この記事を読んでいる人がいましたら、IEの状態で、文章を作ってみてください。

 正直、私の存在そのものが脅かされる、そのくらいの緊急事態だったと考えていただけると、幸いです。

 それでは失礼します。

2018年7月25日 (水)

Iもし、「ど〇えもん」が完結するとしたら

 今まで、いろんな作家が「ド〇えもん」の、最終回に導く考えをしてきました。

 その上で、自分に当てはめて考えてみました。

 びっくりしました。

 ここからが、本題です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「もし」

 「ド〇えもん」

 主人公であり、、「四次元ポケット」の持ち主です。
 無数のアイテムがあります。

 ですが、中身はぐちゃぐちゃです。
 そのため、必要なものを取り出すことができず、焦ってしまいます。

 まさに、自分そのものでした。

 「の〇太」

 もう一人の主人公です。
 彼は、普段はのんびりしていますが、実はとんでもない「チート」だったのです。

 「銃の腕前」は、それこそ「伝説レベル」なのです。

 「の〇太」、「銃」。

 このキーワードだけで、どこまでのすさまじい能力なのか、わかると思います。

 その上で、です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 もし

 「二人が協力して、四次元ポケットの中を整理して」

 「きちんと必要なものを取り出せるようにして」

 「さらに」

 「二人で「もう一つ」四次元ポケット」を「作る」。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 そして、

 「二人で同時に四次元ポケットの中から、必要なものを取り出す」

 更に、

 「の〇太」は、常に「水鉄砲」を、「片手」に持っていたとしたら。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 これだけで、本当のエンディングに導くことができるかもしれない。
 私は、そう感じました。

2018年7月24日 (火)

ブログ名称、及びハンドルネームの変更について

 驚く人もいるかもしれないので、最初に宣言します。

 私は、この名前に固執していました。

 そして、弟もある名前に固執していました。

 そう、「名前」を読んでもらうことすら、なかったのです。

 小学校の「卒業式」の「練習」で、間違われた。

 この衝撃が、分かるでしょうか?

 弟も同じでした。

 その弟が死にました。

 その怒り、ある意味「決意表明」です。

 私は、「マーク」になります。

 「まーくん」、と呼ばれたかった、「甘ったれ」は、「卒業」します。

 そのくらい、自分に対して正直に、世界に対して正直に生きられる世界を作る、その支えになるつもりです。

 なので、この場所は、「真の」「マーク」「ルーム」にします。

 それでは失礼します。

究極の「一本」

 私は、厄年、前厄に当たることに、気が付きました。

 そして、弟と一緒に、こっそり厄払いをしてもらい、とんでもないことが分かりました。

 私は、「反応速度」が、「普通の人とは全く違う」ようです。

 そして、とんでもない「勘違い」が、分かってしまいました。

 もし、「国民が」です。

 「東日本大震災」のときの「政府」の「対応が」「仕方ない」と。

 「最悪のブラック企業」である「公務員」。

 「過労死」するほどの「供給と需要のアンバランス」

 気が付いたら、どうなるでしょうか?

2018年7月23日 (月)

びっくり!!

 今、掃除をしていてとんでもないことに気が付きました。

 どれだけの影響があるのか、理解できません。

 現在、このブログの名前、及びハンドルネームを変更しようと思っています。

 その前に、一言だけ。

 もし、

 「掃除」が、

 「楽しい」

 「宝探しゲーム」

 だったら、どうなるのでしょうか? 

2018年7月22日 (日)

私にとっての「ユートピア」

 下手をすると、価値観がわずか最初の「1話」だけで、変わるかもしれない作品と出会うことができました。

 それが、「聖☆おにいさん」という作品です。

 「キリスト」と、「仏陀」が、ある意味「仲良く」「日本で」同居しているというストーリーです。

 これって、もしかしたら最高ではないでしょうか?

 誰に祈っても、「きちんと相手に伝わります」

 そして、「判断」してもらえます。

 そして、地獄に行くことになっても、「閻魔様」におそらく、「伝えて」くれると思われます。

 それだけで、どれだけの人が救われるか。

 それを示しただけでも、読む価値がある作品だと感じるくらいの衝撃を受けました。

 もしかしたら、すでに昔の私の「mark room」を見たことがある人にとっては、「当たり前」の事、なのかもしれませんけれどね。
 ただ、この記事を書くことが困難なほどの、「異常事態が」いきなり「今回の」「メジャーアップデート」から発生したら――パニックにならない人、果たしているのでしょうか?

2018年7月15日 (日)

セブンイレブン ラムネわらび

 セブンイレブンで、かなり変わった商品を発見しました。
 それが、この「ラムネわらび」です。
 ラムネとわらび餅……いったいどんな味なのか、まったく想像がつかなかったため、興味をもって試してみることにしました。

Img_0622

 こちらが商品です。
 税抜93円(税込100円)で、4つ入りです。
 色は青くて、私のような変わり種の人はともかく、正直食欲をそそられない人の方が多いのではないかな、と感じました。

Img_0623

 消費期限は7月14日の午前3時で――実は、食べたのは同日の午後7時くらいです(苦笑)。
 そのため、本来の味とは少し異なる可能性がありますが、ご了承ください。
 製造者はわらべや日洋(株)で、カロリーは全体で110キロカロリーと、かなり低めの値になっています。

Img_0624

 封を切ってみました。
 4つのわらび餅と、ピックが見えます。
 個人的にはありがたいのですが、衛生面を気にする人の場合、ピックが入っていることに対して嫌悪感を抱くかもしれません。

Img_0625

 一つ、取り出してみました。
 ケースの形が四角なので、ある意味当然ですが、取り出しても四角いままです。

Img_0626

 カットしてみました。
 私はてっきり、ラムネのパウダーが入っていると思い込んでいたため……何も入っていないことに、あれ?という感じになりました。

 食べてみると――意外にも、美味しいです。
 モニュッとした食感は確かにわらび餅なのですが、そこにラムネの味そのものが加わっており、大きなギャップが生じています。
 個人的には、とても面白い商品だと感じました。
 こういう変わり種は大好きで、見た目の悪さから敬遠していたら、もったいないと思うくらいです。

 今回、試験的に文章の記載方法を一部変更しました。
 そのため時間がかかり、掲載することが遅れてしまったことを、お詫び申し上げます。

2018年7月14日 (土)

執筆業、始めました?

 実は……私には、ひそかに抱いていた大きな「夢」がありました。

 それが、「小説家になること」です。
 子供のころからずっと、妄想の中で架空のキャラクターを動かし続けていて……それをいよいよ、形にしようとおもっています。

 とりあえずは、このブログの延長線上として、「小説家になろう」
 http://syosetu.com/
 というサイトに、短編…というより、ブログの延長線上のものを二つ投稿しました。
 こちらで使用しているハンドルネームと同じ「mark」を使用しているので、検索していただければ見つかると思います。

 そちらの活動もありますので、更新や巡回の頻度が、さらに下がってしまう恐れがあります。
 あらかじめ、ご了承願います。

2018年7月 8日 (日)

プロテインの弊害?

 最近、スポーツクラブに行っているのですが…それと並行して、プロテインを飲んでいます。

 運動して筋肉をつけるためには、たんぱく質の摂取が必要なのですが…私の場合体重がひどいため、必要となるたんぱく質の量がシャレにならないことになっており、その量を摂取するためにはどうしてもプロテインの補助が必要であると判断したためです。

 ただ、プロテインを飲み始めてからしばらくして…便が異常なほどに固くなってしまい、苦しみました。
 今までも下痢をずっと起こしていて、腸内環境を整えるために整腸剤を飲んでいたのですが…それでもなお、悪影響を及ぼしていたようです。
 また、ガスの出る頻度が急増し、臭いも非常に悪化して…明らかにまずいと感じる状況でした。

 そのため、プロテインに食物繊維のパウダーを混ぜるという方法をとってみました。
 結果としては…以前の下痢を起こしやすい状態に近づいた感じです。
 詰まってずっと出ない苦しさよりは、こちらの方がましですが…どのくらいの量であれば、うまくいくのか…試行錯誤が必要なようです。

2018年7月 7日 (土)

増えた!

 スポーツクラブに行き始めてから、一か月が経過しました。
 ここのスポーツクラブでは、最初の三か月の間、体の測定を無料で行ってくれるため、試してみたのですが…。

 体重、増えてしまっていました…。
 もっとも体脂肪率は少し下がり、筋肉の量が増えているため、その重さの違いが影響しているのだと思います。
 とはいえ、これだけ暑くて汗を流し、さらに運動もしているのに増加しているというのは、少しショックですね…。
 もう少し頑張らないと、と感じました。

2018年7月 1日 (日)

包丁の違い

 最近、少し高価な包丁を購入しました。

 今まで使っていたものは、ドン・キホーテで購入したセラミックのもので、3,000円弱の日本製のものだったのですが…最初はよかったものの、切れ味が落ちてからの劣化がひどく、使うたびに研ぐ必要があり、加えて研いでもあまり切れ味がよくないという状態で、一刻も早く買い替えたいと思っていました。

 そのため、思い切って1万5千円の包丁を購入したのですが…この包丁、切れ味がすさまじいです。
 最初にニラを切ったときに、それこそ「添えるだけ」で、サクッと切れたことに驚きました。
 その後、肉やほかの野菜なども切ってみたのですが…圧倒的な切れ味で、特に玉ねぎを切るときに、まったく目の痛みを感じないというのが、素晴らしいと感じました。

 さらに調子に乗って、今日はさくで買ってきた刺身を切ってみたのですが…こちらも非常に楽で、今までのような身がつぶれた刺身とは大違いでした。
 プロが包丁にこだわるのも、納得できます。
 この包丁は、しっかり管理し、研ぎに出して使い続けようと思いました。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ