« データ移行中 | トップページ | 思いもしない »

2016年11月14日 (月)

セブンイレブン ニューヨークチーズケーキ

 セブンイレブンで、おいしそうな商品を発見しました。
 ニューヨークチーズケーキ…いつものものとは異なり、焼いたチーズケーキをパックにしたもののようです。
 どんな味なのか気になったため、試してみることにしました。

Imgp2431

 こちらが、商品です。
 値段は165円(税込)と、比較的お手ごろな価格です。

Imgp2432 Imgp2433

 原材料は、比較的シンプルなようです。
 まあ、香料や着色料なども使われているのは、事実ですけれどね。
 製造者はプライムベーカリーで、カロリーは218キロカロリーと、思ったほどには高くありませんでした。

Imgp2434

 袋から出すと、こんな感じです。
 しっとりした感じの、チーズケーキで…とがった部分にかけて、焼き色がついているのがわかります。

Imgp2435

 横からだと、こんな感じです。
 かなり密度が高いので、濃厚な味が期待できそうです。

Imgp2436 

 裏は、こんな感じです。
 一面にクラッカーを砕いたものが、敷き詰められています。

Imgp2437

 フォークで切って、口に運んでみると…?

 濃厚なチーズケーキの味が、口いっぱいに広がります。
 表面を焼いているためか、今までの商品よりも香ばしさが感じられます。
 クラッカーの部分は、しっとりしてしまっていますが…それでも味に塩気というアクセントを与える働きがあり、十分存在感があります。

 予想よりもかなり、本格的なチーズケーキで、満足できました。
 サイズは小ぶりですが、値段も手ごろですし、味が濃厚なのでこれで十分だと思います。
 機会があれば、また食べようかな?と思う商品でした。

« データ移行中 | トップページ | 思いもしない »

お菓子関連」カテゴリの記事

セブンイレブン」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは☆こねこです♪

 チーズって焼くと風味が増しますから、ケーキでも焼くとこういうおいしそうなものが出来上がるんですね。

 そして、見てたら・・・食べたくなってきました(*´∇`*)

 ちなみに、ニューヨークとはどういう関係があるのでしょうか。
 あちらではこういうケーキが流行ってるからとか?それともニューヨーク発祥の物だから?

 気になりますが、それよりも早く食べたいです(笑)。

 ねこでした。ニャン☆

 こねこさん、こんばんは。

 チーズ、確かに熱を加えることで、独特の風味が生まれますよね。
 この商品も、いつものものよりも香ばしく、個人的には結構おいしいと感じました。
 値段がお手ごろなところも、うれしいです。

 ニューヨークチーズケーキで、検索してみたところ…焼く(ベイクド)チーズケーキの一種という位置づけらしいです。
 小麦粉をあまり使わず、クリームチーズをたっぷり使うことで、濃厚な味に仕上げているものとか。
 ニューヨークに移り住んだユダヤ人が作り始めたため、この名前で呼ばれるようになったそうです。

横から失礼しますー
ニューヨークチーズケーキは、ベイクドチーズケーキの一種です。たぶん材料的にはベイクドと同じじゃないかな。違いは焼き方で、ニューヨークは湯煎焼き(天板にお湯をはって焼く)するからしっとり、ふつうのベイクドはどっしりしてます。無理やり例えると、今流行りの生カステラとふつうのカステラとか、もっちり系ドーナツとオールドファッション、みたいな感じかな。

 いわしさん、こんばんは。

 湯煎…レシピだと、そうなっている例も多いようですね。
 ウィキなどではベイクドと違いが記載されていないため、厳密な定義が存在しないスイーツなのかもしれません。
 いわれてみれば、確かにしっとり感が通常のチーズケーキよりも強めだったので、おそらくそちらの指摘通り、湯煎で作られたのかな…と感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブン ニューヨークチーズケーキ:

« データ移行中 | トップページ | 思いもしない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ