« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

サークルK 濃厚焼きチーズタルト

 サークルKで買い物したところ、かなり目立つ形でポップがついている商品を見つけました。
 それが、この濃厚焼きチーズタルトです。
 新商品ではないものの、かなりお勧めのようなので、試してみることにしました。

Imgp1743

 こちらが、商品です。
 値段は158円(税込)と、比較的お手頃な価格です。
 セブンイレブンなどで販売されている、小型のチーズケーキなどと似た設定になっていると感じました。

Imgp1744

 バター香るサックリ食感のタルト生地…どんな感じになっているのか、楽しみです。

Imgp1745

 裏面は…かなり読みにくくなっていました。
 製造者は、ロピアで…サークルKのスイーツでは、おなじみの会社です。

Imgp1746

 カロリーは、209キロカロリーだと思われます。
 この読みにくさは、何とかならなかったものか…。
 焼き菓子としては、やや低カロリーな点は、ありがたいです。

Imgp1747

 袋から出してみました。
 焼き色がついていて、なかなか美味しそうです。
 サイズは、直径が7センチ、高さが2センチくらいでした。

Imgp1748

 横から撮影しました。
 何となく、UFOを逆さまにしたような形状だと感じました。

Imgp1749

 カットすると、こんな感じです。
 白いチーズケーキが、たっぷりタルト生地の中に入っているのが、分かります。

 食べてみると…タルトが、ある程度時間が経っていたにもかかわらず、さくっとした食感が残っており、美味しいです。
 昔はふにゃふにゃな商品が多かったのですが…かなり改善されていると感じました。
 チーズケーキの部分も、濃厚な味で美味しく、セブンイレブンのものなどと比べても、かなり良い勝負ができるのでは…と、感じました。

 大々的に勧められていただけあって、かなり美味しい商品です。
 サークルK系に行ったときには、チェックする価値があると感じました。

2016年1月30日 (土)

明星 一平ちゃん夜店の焼きそばチョコソース

 ピアゴで、面白そうな商品を発見しました。
 カップ焼きそばなのですが…チョコソース味です!
 ネットでは、結構話題になっているようですが…どんな味なのか、全く予想できません。
 これはぜひ試してみようと思い、購入してみました。

Imgp1732

 こちらが、商品です。
 値段は、127円(税込)と、それほど高くありませんでした。
 マヨネーズのイラストの部分が、チョコソース付になっていて…怪しさが増しています。

Imgp1733

 チョコっとシナモン…シナモン風味のチョコ、でしょうか?
 焼きそばとの組み合わせ…いったい誰が、こんなものを思いついたのか…?

Imgp1734

 裏は、こんな感じです。
 作り方を見る限りでは、通常のカップ焼きそばとあまり変わらないようです。
 カロリーは、504キロカロリーと高めなので、注意が必要だと感じました。
 また、アレルギー物質として、豚肉や牛肉、大豆、りんご、オレンジなどがあり…どこで使われているのか、不思議です。

Imgp1736

 フィルムを剥がすと…一般的な焼きそばと、ほとんど変わりません。
 中身を確認すると…?

Imgp1737

 液体ソースと、ふりかけが出てきました。
 ここまでは、普通の焼きそばっぽいのですが…。

Imgp1738

 チョコソース…。
 果たして、食べられる味になるのかどうか、気になります。

Imgp1739

 お湯を入れて、3分。
 湯切りした状態です。
 この段階では、通常のカップ焼きそばです。

Imgp1740

 ソースを入れてみました。
 チョコレートっぽい香りはありますが、通常のソースの香りもあり、混ぜられているのかな?と思います。

Imgp1741

 チョコレートソースを入れてみました。
 こちらは、完全にチョコの香りで…いよいよ、怪しさが増してきました。

Imgp1742

 ふりかけは…シナモン入りの、チョコパウダーのようです。
 顆粒状になっているので、よくかき混ぜることにします。

Imgp1743

 混ぜると、こんな感じです。
 見た目は、具がない焼きそばっぽい感じですが、果たして…?

 食べてみると…思ったほど、チョコレートの風味は強くありません。
 甘みもあまりなく、ソースの味の方が強めかな?と感じました。
 たまに顆粒状のふりかけが、食感に変化を与えていますが、基本的には少し甘いソース焼きそばという感じで、思ったよりも無難にまとまっていました。

 特別美味しいという程ではないものの、予想よりは遙かにましな味で、良かったです。
 ネタとして購入するのであれば、十分楽しめると思いました。

2016年1月25日 (月)

使わないカテゴリー

 ブログを始めたのが、2006年の5月なので、もう10年近く続けていることになります。
 その中で、気づいたのですが…一時期よく使っていたカテゴリーの中で、今では全く使っていないものが、結構あることに気づきました。

 代表的なのは、キットカットで…一時期は次々と商品が出ていたため、試していたのですが…今では新商品はほとんど出なくなってしまい、結果5年以上、新しい記事を書いていないという状態になっています。
 また、お酒のなかで独立して、タカラというカテゴリーを作ったのですが、そちらも2年以上更新されていません。
 お酒の記事自体が少ないので、作る必要性がなかったと、今では思います。

 時間があるときに、少し整理する必要があるかな?と、感じました。
 もっとも、労力を考えると、無理にする必要はないのかもしれませんけれどね。

2016年1月24日 (日)

ファミリーマート 昔懐かしのチョコクッキーサンド

 ファミリーマートで、面白そうな商品を発見しました。
 昔懐かしのチョコクッキーサンド…いったいどんな味なのか、気になりました。
 そのため、少し悩んだのですが、購入してみることにしました。

Imgp1723

 こちらが、商品です。
 「昔懐かしの」の部分は、赤い吹き出しのような形になっていて、目立っています。
 値段は160円(税込)と、こちらは現代風でした。
 ソフトクッキー生地で、ミルククリームを挟んだ上で、チョココーティングされているようです。

Imgp1724

 原材料の、「ミックス粉」に、その他という表記が…。
 何が入っているのやら、です。
 製造者は、デザートランドというところでした。

Imgp1725

 カロリーは、328キロカロリーです。
 やや高めの値だと感じました。

Imgp1726

 袋から出すと…こんな感じです。
 チョコレートが全面にコーティングされています。
 また、予想に反して下の部分も、丸く作られていて…上と同じクッキー生地が使われているのかもしれません。

Imgp1727

 下にはプラスチックの皿が入っており、取り出しやすくなっていました。

Imgp1728

 外すとこんな感じで、少しチョコレートのばりがあります。
 サイズは、直径9センチくらい、高さは一番厚いところで、2.5センチくらいでした。

Imgp1729

 カットすると、こんな感じです。
 …なんだか、パッケージの写真に比べて、クリームの量が少ないような…?
 マ○ドナルドの商品を、彷彿とさせます。

 食べてみると…クッキー生地が、ぼそっとした感じです。
 ちょうど、駄菓子のUFOチョコ(チョコケーキという名称が、一般的かもしれません)のような食感で…クリームがなければ、常温で販売できたのでは?と感じるくらいでした。
 クリームは量が少ない上、あまり上質のものではないようで、それも駄菓子っぽさを強めています。
 チョコレートも、どことなく安っぽさを感じる味で…正直、味としては今ひとつなのですが、商品のコンセプトである「懐かしさ」を感じさせるという点では、確かに成功しているかもしれません。
 もっとも、それならば駄菓子屋で購入する方が、割安ですし…もしかしたら同じコンビニで、販売しているかもしれず…う~ん、と感じました。

 まずいというわけではないのですが、美味しいと言えるレベルではなく、微妙な商品です。
 まあ、その微妙さを狙っているのだとしたら、成功していると思いますけれどね。

2016年1月18日 (月)

サークルK ガーナなめらかシュークリーム

 サークルKに入ったところ、気になる商品を目にしました。
 ガーナチョコレートとのコラボ商品です。
 恐らくこの時期の、定番なのでしょうが…まだ食べたことがなかったので、試してみることにしました。

Imgp1713

 こちらが、商品です。
 値段は150円(税込)と、シュークリームとしてはそれなりの価格です。

Imgp1714

 シェリエドルチェと、ガーナの間に×の文字が入っています。
 そういえば、サークルKサンクスと、ファミリーマートが合併するのですが…ファミリーマート側に統合されるということは、このブランドもなくなる可能性が高いですね…。
 窯出しプリンなど、好きな商品が結構あっただけに、残念です。

Imgp1715

 製造者は、ロピアです。
 窯出しプリンと同じところで、当たり外れのあるメーカーですが、果たして…?

Imgp1716

 カロリーは、271キロカロリーです。
 チョコレート+ホイップクリームなので、結構高めの値です。

Imgp1717

 袋から出すと、こんな感じです。
 大きさは、直径が8センチ、高さは最大のところで5センチですが、だいたい4.5センチくらいです。

Imgp1718

 ホイップとチョコレート、それぞれの注入口があります。
 中身は、どんな風になっているのでしょうか?

Imgp1719

 カットすると、こんな感じです。
 セブンイレブンのものと比べると、やや空洞が大きいかな?と思いますが、上にホイップクリーム、下にチョコレートクリームがしっかり入っているのが、分かります。

 食べてみると…チョコレートクリームの味が、非常に濃厚です。
 量が少ないかな?と思っていたのですが、この味ならばこの量で、十分だと思います。
 むしろ濃すぎるくらいで、それだけでは強すぎる味なのですが、上にたっぷり入っているホイップクリームがうまく中和して、生チョコのようななめらかで美味しい味に仕上げられています。
 バランスの良い商品で、かなり美味しいと感じました。

 恐らく、バレンタインの時期までは、おいてあると思います。
 興味を持った方は、ぜひお試しください。

2016年1月17日 (日)

東京旅行2016.1追記 鳩サブレー徳用

 東京旅行で、いくつかのお土産を買ったのですが…その中の一つが、鳩サブレです。
 鳩サブレといえば、鎌倉のお土産としてはもっとも有名なものだと思いますが…意外にも横浜では、なかなか手に入れることができず、たまたま「そごう」という百貨店で取り扱っていることを知り、購入することができました。
 通常、5枚で600円(税別)くらいの商品ですが…ふと見ると、10枚で1,000円(税別)というお得な商品を発見したので、購入してみました。

Imgp1706

 こちらが、その商品です。
 通常、黄色い紙のパッケージか、缶に入っているのですが…こちらは白いパッケージになっています。
 包装を簡略化することで、安く提供しているようですが、直接フィルムで包まれている形なので、地方発送には向かない点は、注意が必要です。

Imgp1707

 後ろは、こんな風になっています。
 透明な袋に、上下それぞれ5枚ずつ入っています。

Imgp1709

 一応、中身の確認ということで…。
 通常の鳩サブレです。

Imgp1710

 カロリーが、表記されていました。
 一枚で133キロカロリーと、焼き菓子にしてはそれほど高くないのが特徴です。
 原材料は、小麦粉、砂糖、バター、鶏卵、膨張剤だけで…シンプルな材料となっています。
 販売者は、豊島屋というところでした。

Imgp1711

 袋から出してみました。
 比較的シンプルな形状ですが、一目で分かる特徴的なものです。

Imgp1712

 裏は、こんな感じです。
 気泡がいくつもできています。

 味は…ほかのところでも、似たようなサブレを出していますが、これは明らかに別格です。
 甘さ、軽やかさが絶妙で、好きな人だとそれこそ何枚でも食べられるのでは…というくらい、美味しいです。
 10枚入りのものを購入しましたが、すでに半分くらい消費しており、残りはじっくりと味わって食べようと思っています。

2016年1月13日 (水)

東京旅行2016.1 三日目+α

 三日目は、とにかく早くホテルを出たかったため、7時くらいにチェックアウトし、横浜に向かいました。
 朝食をとる余裕がなかったため、横浜でモーニングを食べられるところがないか…と、検索してみたところ…「バール・デル・ソーレ」というお店が、近くて良さそうだと判明しました。
 痛む足を引きずりながら、お店に着き…目にとまったパニーノのセットを注文することにしました。

20160110084253912

 コーヒーは、アイスコーヒーを選びました。
 私は猫舌なので、ホットのコーヒーは苦手で…アイスが注文できるところでは、ほぼ必ずそちらを選びます。

20160110084528585

 週替わりの、エビの入ったパニーノです。
 エビがぷりぷりしていて、かなり美味しく感じました。
 コーヒーとこれで、570円(税込)です。

 その後、時間が少し余ってしまったため、ネットカフェで時間をつぶし(30分100円という激安の場所だったのですが…衛生面を考えると、妥当な価格かも…)、いつも行っている温浴施設、スカイスパに行きました。

 そこでは、鶏肉のマスタードソテーを注文し、更にご飯を大盛りにした定食を加えました。
 スマートフォンを持ち込まなかったので、写真がない点は、ご容赦ください。
 また、1月生まれであることを示し、ドリンクが一杯無料になるということだったため、白ワインを注文しました。

 その後、キャビテーションという、脂肪を乳化させるものを受けたり、タイ古式療法を受けたりして、家に帰りました。

 そこまでは良かったのですが…その夜から、ひどい下痢と嘔吐に悩まされました。
 とにかく、胃の中のものをすべて吐いてしまうという有様で…更に下痢の方は、今なお続いているという状況です。
 今なお、相当きつい状態が続いており、旅行前に少し風邪気味だったのが悪化したのか、それとも悪いものを食べた(さすがに、夕食のコンビニ弁当だと、早すぎると思います…)のか、分からない状況です。
 このまま治らないようであれば、病院で薬を処方してもらおうと思っています。

2016年1月12日 (火)

東京旅行2016.1 二日目

 二日目の朝は、まずホテルの洋定食を食べました。

20160109064336794

 ここのホテルは、パンが食べ放題ということもあり、個人的にかなり気に入っています。
 パンとサラダ、ゆで卵とスープ、更にアイスコーヒーをつけて、500円という値段もありがたく…愛用しています。
 もっとも、現在増床工事を行っており、もう少しすると、一時的に使えなくなるようですけれどね。

20160109064342191

 パンの量が多いため、ジャムとマーガリンを二つとりました。
 こちらも無料なのが、ありがたいです。

20160109064346628

 かなりすさまじい写真ですが…この日は五種類(クロワッサンのサイズ違いを含めると、六種類)のパンがあったため、すべて皿の上に乗せた結果です。
 食べ終えたらとりに行けばいいだけ、なのですけれどね(苦笑)。

 その後、ホテルを出て別のホテルに荷物を預け、昼食の場所に行くことにしました。
 選んだのは、ビストロ・タカというフランス料理のお店で…クーポンを使うことで、かなり割安に食べられるところが、決め手でした。
 もっともクーポンの使用条件が厳しかったため、それでもかなりの金額ですけれどね。

 やや早めの時間に着いてしまったため、周囲を散策していたのですが…靴が合わなくて、足がどんどん痛くなってしまいました。
 そのため、お店の近くで30分くらい、じっと待つことに…。

 まず、マザーグース?という形で、スティック状のパイが出てきました。
 写真を撮り忘れてしまいましたが、甘さがなく、個人的にはいまいちかな…という感じでした。

20160109122414523

 次にでたのが、富士宮産のニジマスで、ゆずが入ったクリームを巻いたものです。
 サラダが添えられていたのですが、ナイフとフォークで食べるのがかなり難しく、閉口しました。
 ニジマスの味は美味しかったので、そちらは良かったです。

20160109124747275

 そして、カリフラワーのポタージュです。
 いわれなければ、カリフラワーだと気づかないくらいに癖がなかったのは、ありがたかったです。

20160109131619266

 メインディッシュの、ランプ肉のステーキ、マスタードソースのキノコが添えられています。
 肉の枚数が結構あったため、そこそこに満足できました。

20160109135206876

 デザートのスフレ(フランボワーズ)と、チョコレートのアイスです。
 アイスをスフレの中に入れて、一緒に味わうのがお勧めということだったため、やってみたところ…チョコレートの風味と酸味のあるラズベリーの風味が相まって、なかなか美味しかったです。
 正直、出た料理の中で一番美味しかったかも。

20160109140843771 20160109140846515 20160109140849182

 最後に、ちょっとした焼き菓子、生チョコ、いちごのジュレ+カット、カモミールティーが出ました。

 味自体はそれなりに悪くなかったものの、とにかく時間がかかってしまい…12時にお店に入り、食事を終えたのは2時30分でした。
 ゆったりとした時間を味わいたいという人には、良いのかもしれませんが…私にはフランス料理は、合わないようです。

 結局、行こうと思っていた温浴施設には行くことができず、ホテルに戻りました。
 足が痛くて、とにかく休みたかった…というのもありましたけれどね。

 そのホテルは…とにかく、おんぼろという言葉がふさわしいもので…部屋の中も相当劣化しており、かなりまいりました。
 金額がそれなりだったので、ある程度の造りを期待していたのですが…。
 とりあえず、寝るだけならば問題ないと判断し、荷物を置いて夕食に向かいました。

 夕食は、上野広小路にある「鳥恵」というお店です。
 何度かいったことのある焼き鳥屋で、ほかのお店とは別次元の美味しさのため、すっかりはまったお店です。

20160109170845674

 ビールは、白穂乃香(しろほのか)を選びました。
 癖がほとんど無く、飲みやすいビールです。
 このビールは、お店でしか飲むことができないもので…しかも同じ鳥恵でも、別のところにある店舗(そちらが、本店のようです)では、提供されていません。

20160109170939533

 前菜の、ごま豆腐、及びカボチャのスープ?です。
 もう一品、菜っ葉のようなものがついているのですが…忘れてしまいました。

20160109171130210

 鶏肉が乗った、サラダです。
 ドレッシングの味がしっかりしていて、食べ応えのある一品です。

20160109171636517

 京鴨の和風ローストです。
 煮卵と、ししとう、更に隠れていますが京鴨の下に、焼きネギが入っています。

20160109171732074

 酒粕とクリームチーズ、レバーのパテが塗られたフランスパンです。
 レバーですが、癖が全くないため、苦手な人でも食べられるのではないかと思います。
 酒粕とクリームチーズの方は、まるでスイーツのような感覚で、これも美味しいです。

20160109172432646

 メインの焼き鳥です。
 まずは、名古屋コーチンのさがりという部位です。
 肉厚で、かみしめると肉汁がジュッと口の中に広がり、塩だけの味付けであるにもかかわらず、とても美味しいです。

20160109172732086

 次に、肝です。
 レバーなのに、癖が一切感じられず、まるでクリームのように口の中に広がり…まさに絶品と呼ぶのがふさわしいものです。
 このお店の焼き鳥の中でも、トップクラスのお気に入りです。

20160109173139076

 京鴨の焼き鳥です。
 鶏肉とは少し異なる、独特の旨みがあります。

20160109174059703

 円ハツという部位です。
 ハツなので、レバーとは異なるこりっとした食感があり、これも実に美味しいです。

 もう一本、正肉(モモ)があったのですが…写真を撮り忘れてしまったようです。
 これもジューシーで、とても美味しかったです。

20160109174531820 20160109174616291

 追加で注文した、ささみです。
 このお店のささみは、少しレアっぽい感じになっているのが特徴で…普通の焼き鳥とは、全く異なる美味しさがあります。
 上に乗っているのは、わさびです。

20160109174757844

 別の鶏の肝も、追加注文しました。
 少しこちらの方が、癖があるかな?という感じを受けますが、とろっとした口当たりは健在で、実に美味しいです。

20160109180006129

 本来は、締めはお茶漬けなのですが…追加料金を払い、親子丼にしてもらいました。
 レギュラーサイズなので、かなりのボリュームがあり、満足感があります。

20160109180009346

 鶏のスープも添えられていました。
 具が全く入っていませんが、濃厚な鶏の風味があり、これだけで十分という感じです。

20160109180806262

 最後に苺を食べて、コースは終了です。

 やはり、自分の場合は食べるペースをある程度コントロールできる方が、向いていると感じました。

2016年1月11日 (月)

東京旅行2016.1 一日目

 東京方面に、旅行に行きました。
 今回は、買い物はほとんどせず、とにかく美味しいものを食べるという目的で、旅行に行くことにしました。
 レストランの予約などもした上で、楽しむことにしました。

 今回、スマートフォンの調子が悪かったことから、別の機種にしたところ…写真の初期サイズがかなり小さくなっていました。
 そのため、小さな写真になってしまいますが、ご容赦願います。

 まず最初に行ったのが、秋葉原にある「いきなりステーキ」というお店です。
 平日限定のランチで、1,200円(税抜)で、300グラムのステーキが食べられるということを事前に調べていたので、それを目当てに行くことにしました。
 お店に行くと…座席が無いということに驚きましたが、気を取り直して、ランチを注文しました。

20160108110049430

 最初に出てきたのは、サラダとスープでした。
 スープはタマネギのスープで、味はまあこんなものかな、というレベルです。
 あくまでも、「付け合わせ」という感じでした。

20160108110220527

 そして、こちらがステーキです。
 写真が小さいので、わかりにくいですが…4~5切れくらいあり、食べ応えがありました。
 コーンとご飯もついてきて、自分の好みの焼き加減になったところで、ステーキソースを入れるというスタイルです。

 昼食をとったあと、秋葉原を散策しました。
 結局買うものはなく、時間がかなり余ってしまったため、お茶の水方面にある「みじんこ」という名前の喫茶店に行きました。
 http://mijinco-coffee.com/
 ここのお店は、ホットケーキが美味しいのですが…午後2時からということで、それまで待機するのがちょっときついと感じたため、日替わりのケーキを注文することにしました。

20160108125855734

 ホイップクリームを添えられた、和風のケーキです。
 茶色い部分は、あんこで…更に金粉が散らされています。
 最初はびっくりしたのですが、うまくまとまっていて…次からはケーキを目当てにしても、良いかな?と感じました。

 ホテル(品川方面にある、アワーズイン阪急というところです)に行き、チェックインを済ませ、大戸屋で夕食をとったのですが…少し物足りなく、そのため何か食べようと思い…別のお店で、串揚げというものを注文してみることにしました。
 実は、一度も食べたことがなかったため、楽しみです。

20160108195234937

 最初に、前菜の盛り合わせが出てきました。
 枝豆、大根おろしがかかったタコ、親子丼風のものです。

20160108195919858

 串揚げは、10本セットになっているものを選びました。
 ウインナーやレンコン、エビにウズラ、更に肉類やししゃもという変わり種まであり、どれも美味しかったです。
 二度付けは厳禁ということだったため、キャベツを使ってすくい取るようにしてソースをとり、かけて楽しみました。

 一日目は、こんな感じで終了しました。
 二日目は、これも生まれて初めて、フランス料理を食べることにして…楽しみにしつつ、ベッドに入りました。

2016年1月 9日 (土)

旅行のため

 今週は、東京方面に旅行しています。
 今回は、買い物よりも美味しいものを食べることを目的としている旅行で…とはいえ行動範囲は、いつもとあまり変わらないですけれどね。
 一応パソコンは持参するつもりですが、ゆっくりしたいため、更新は基本的に行わないつもりです。
 申し訳ありませんが、ご了承願います。

2016年1月 4日 (月)

セブンイレブン つぶつぶ果肉のいちごシュー

 セブンイレブンで、美味しそうな商品を発見しました。
 つぶつぶ果肉のいちごシュー…いちご味のシュークリームです。
 どんな味なのか気になったため、購入してみました。

Imgp1699

 こちらが、商品です。
 値段は170円(税込)と、シュークリームとしてはやや高めでした。
 新発売のシールが貼られています。

Imgp1700

 いちごホイップに加えて、カスタードクリームも使用されているようです。
 豪華な作りで、楽しめそうです。

Imgp1701

 クリームがとても柔らかいのでこぼれない様に注意してお召し上がりください。と、記載されています。
 中身を見せるために、カットする予定ですが…うまくいくのでしょうか?

Imgp1702

 カロリーは、245キロカロリーです。
 原材料に、苺や苺ピューレの文字があり、かなりしっかりと作られたもののようです。

Imgp1703

 袋から出すと、こんな感じです。
 かなり高さがあり、調べたところ…直径は9センチ、高さは6センチありました。

Imgp1704

 カットすると、こんな感じです。
 ちょっと見えにくいですが、下の方に黄色いクリーム(カスタード)が、入っています。

 食べてみると…いちごの風味がしっかり感じられる商品です。
 甘さだけではなく、酸味もあり、バランス良く仕上げられていると感じました。
 カスタードの量は少なめですが、濃厚な卵の味が感じられ、味に深みを増していると思います。
 シュー皮も、ややぱりっとした感じが残っており、かなり美味しい商品だと思いました。

 この商品は、かなりあたりです。
 値段は少し高いものの、試してみる価値があると感じました。
 

2016年1月 3日 (日)

サントリー ラドラー

 スーパーで、変わったお酒を発見しました。
 ラドラーというもので…ビールをレモンソーダで割った飲み物というのを、以前小説で読んだことがありました。
 どんな味なのか興味を持ったため、試してみることにしました。

Imgp1696

 こちらが、商品です。
 値段は135円(税抜)と、それほど高くありませんでした。
 分類としては、発泡酒になるようです。
 アルコール分は4%と、ビールよりも若干少なめで、無果汁でした。

Imgp1691

 スッキリ甘い新ビールテイスト…ビールと甘さ、果たしてどうなのでしょうか?

Imgp1692

 原材料を見ると、レモン果汁は記載されておらず、香料でレモン風味をつけているようです。
 甘さは糖類と、甘味料を使ってつけているようでした。
 カロリーは100mlあたり32キロカロリーと、お酒としてはやや控えめですが…一本(350ml)飲むと112キロカロリーと、それなりの値になります。

Imgp1693

 ラドラーは、ドイツで生まれた飲み方らしいです。
 自転車乗りを意味する単語から、つけられたそうです。
 日本人に合わせてということで、ドイツのものとは少し異なるテイストのようですが、果たして…?

Imgp1698

 グラスに注ぐと、こんな感じです。
 見た目はビールっぽいですが、色がやや淡くなっています。

 飲んでみると…ビールの苦さは、ほとんど感じませんでした。
 甘さとレモンの風味によって、ビールらしさが軽減しており、あの味が苦手という人でも飲みやすく仕上げられていると思います。
 まるでカクテルのような、軽い口当たりで、度数の割にはかなり飲みやすく…あっという間に一缶空けてしまいました。
 どちらかというと、女性向けの商品なのかもしれません。

 ビールが苦手な人でも、この商品は飲みやすいので、大丈夫かもしれません。
 逆にあの苦みが好きという人には、物足りないかもしれませんけれどね。
 個人的にはかなり気に入ったので、少しストックしておこうと思います。

2016年1月 1日 (金)

サークルK 窯出しとろける苺プリン

 あけまして、おめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 久しぶりに、サークルKに立ち寄りました。
 すると、窯出しプリンの新商品が出ていることに、気づきました。
 このシリーズは、サークルKの商品の中でも、トップクラスの美味しさなので、これはぜひ試してみようと思い、購入しました。

Imgp1684

 こちらが、商品です。
 値段は180円(税込)と、少々高めでした。
 美味しければ、問題なしですけれどね。

Imgp1685

 製造者は、ロピアです。
 このシリーズでは、おなじみの名前です。
 カロリーは、139キロカロリーと控えめな値で、手を出しやすいと思います。

Imgp1686

 原材料のところに、苺ソース、苺、苺濃縮果汁と三種類も使われているようです。
 かなり濃厚な味が楽しめそうで、期待が高まります。

Imgp1687

 蓋を取ると、こんな感じになっていました。
 上の部分に、苺ソース(苺の果肉入り)が、かかっています。

Imgp1688

 横からだと、こんな感じです。
 苺味のプリンが、下に入っているようです。
 サイズは、カップの最大の部分で直径7センチ、高さはソースの部分までで4.5センチでした。

 食べてみると…苺ソースの甘酸っぱくて、濃厚な味が口の中に広がります。
 そして、苺のプリンは名前の通り、とろっとした食感で、ソースとの絡みが絶妙です。
 久しぶりに食べたのですが、予想を遙かに超える美味しさで、下手をすると今までのこのシリーズの中でも、トップクラスの美味しさかもしれません。

 値段はやや高めだったものの、それだけの価値は確実にあると断言できる商品でした。
 無くなる前に、リピしたいところです。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ