« コガネパン シャキッと林檎 | トップページ | アサヒ ウィルキンソン ミキシングレモンミント »

2015年1月 2日 (金)

ローソン あんこや 焼餅ぜんざい

 ローソンで、美味しそうな商品を発見しました。
 焼餅ぜんざい…なんだか少し、おもしろい名前だと思います。
 仲がいいのか、悪いのか…?
 それはさておき、ローソンのあんこはやや甘みが控えめで、個人的に気に入っているため、少々値段は高かったものの、購入してみることにしました。

Imgp0840

 こちらが、商品です。
 値段は240円(税込)と、そこそこいい値段ですが…ほかのコンビニの同じような商品も、値段は近いレベルなので、ある程度納得できます。
 焼いた餅が入っているという点も、ありますからね。
 北海道産ゆめむらさき小豆を使用した商品で、レンジで温めて食べることが必須になっています。

Imgp0841

 製造ラインでは、小麦、乳成分を使用した製品も製造していますという表記がありました。
 ごくわずかな量でも、アレルギーを引き起こす人がいるので、この注記はありがたいと思います。
 また、餅を使っているため、のどに詰まらせないよう注意するということも、記載されていました。

Imgp0842

 原材料は、こんな感じです。
 卵や大豆を含んでいるというのは、通常のぜんざいからは考えられないので…少し驚きました。
 製造者は、フレシュールで…プレミアムロールを作っているところなので、前述の小麦や乳製品というのが、納得できます。

Imgp0843

 カロリーは、205キロカロリーです。
 洋菓子と比べれば、やや低めかな?と感じました。

Imgp0844

 温める前に、撮影しました。
 餅は切ったものが3つ、しっかり焼き色がついた形で入っています。
 この状態だと、小豆は完全に固まっており、持ち運ぶ際に楽だと感じました。
 カップの直径は8.5センチ、高さは5センチです。
 

Imgp0845

 そして、温めると…見た目が全く違うものに変化しました。
 小豆は液状になっており、餅もとっても軟らかくなっています。
 この技術は、何度体感しても、すごいと感じます。

Imgp0846

 スプーンですくうと…びよーんと伸び、柔らかさが実感できます。
 撮影するのに、苦労しました。

 食べてみると…餅は軟らかく、とろけるような食感です。
 焼いた部分の香ばしさもあるのですが、柔らかさの方が強く印象に残りました。
 そして、小豆の部分は、予想よりも甘みが強いように感じましたが…量が多かったため、甘さをより強く感じていたのかもしれません。
 いつものあんこやの味とは、少しだけ違うかな?と思いましたが、美味しいという点では十分レベルが高く、さすがだと感じました。

 今年はまだ、セブンイレブンのものを食べていないので、比較が出来ないのですが…かなり美味しい商品であることは、間違いありません。
 値段はやや高めですが、それだけの価値があると感じました。

« コガネパン シャキッと林檎 | トップページ | アサヒ ウィルキンソン ミキシングレモンミント »

お菓子関連」カテゴリの記事

ローソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローソン あんこや 焼餅ぜんざい:

« コガネパン シャキッと林檎 | トップページ | アサヒ ウィルキンソン ミキシングレモンミント »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ