« グリコ アーモンドGlicoオーレ | トップページ | 森永乳業 サンキスト100%フルーツミックス バナナブレンド »

2014年9月16日 (火)

ローソン ピュア生チョコレート

 ローソンの、ピュアシリーズの一つなのですが…いつから販売開始されたのか、わからない商品です。
 くまなく商品をチェックしていたつもりだったのですが、見落としてしまいました。
 購入したのは、9月6日ですが、おそらくまだ店頭にあると思われます。

Imgp9018

 こちらが、商品です。
 値段は180円(税込)で、6個入っていました。
 奇しくも、先日紹介した分けあうプッチンプリンと、ほぼ同じ価格です。
 9個の素材で作られたとあり、どんな感じなのか、楽しみです。
 以前(といっても、2010年なので、相当前ですが…)、ローソンの生チョコは食べたことがあり、そのときはいまいちだと感じたのですが…果たして今回は、どうなのでしょうか?
 http://mark.cocolog-tnc.com/blog/2010/11/post-a09d.html
 そのときの価格は、9個入りで250円だったため、こちらのほうが若干割高になっています。
 (もっとも、増税や原材料の価格上昇を考えれば、むしろがんばっているといえますけれどね)

Imgp9019

 カロリーは、172キロカロリーです。
 1個当たり、28.6キロカロリーとなり、前のバージョンとほぼ変わらない値でした。

Imgp9020

 原材料は、砂糖、カカオマス、ココアバター、クリーム、全粉乳、還元水飴、バター、 ココアパウダー、洋酒で、ちょうど9種類です。
 ちなみに、原材料の一部に卵と、大豆が使われているようで…いったいどれに入っているのか、少し不思議だと感じました。
 製造者は、プレミアムロールでおなじみの、フレシュールです。

Imgp9021

 袋から出すと、こんな感じです。
 ピックがプラスチックのトレーによって、固定されており…安全性が高まっていると感じました。

Imgp9022

 ピックの形状は、前回と同じかな?と思います。
 二股になっており、返しがついているので、きちんと刺さって抜けないように工夫されていました。

Imgp9024

 刺して、取り出して食べてみることにしました。

 まず、最初に感じたのが…口当たりが非常になめらかになっていることです。
 前のバージョンでは、ざらつきを強く感じたのですが、今回は全くといっていいほど感じませんでした。
 振られているココアが、改良されているのだと思われます。

 そして、洋酒の風味が少しあり、かなりロイズなどの生チョコに近づいていると感じました。
 さすがに同等とまでは行かないものの、コンビニで手に入れられることを考慮すれば、十分レベルが高いと思います。
 ここまで美味しくなっているとは思わなかっただけに、びっくりしました。

 あまり余計なものが入っていない、ピュアシリーズであるということも、個人的にありがたいです。
 この商品は、試して正解でした。

« グリコ アーモンドGlicoオーレ | トップページ | 森永乳業 サンキスト100%フルーツミックス バナナブレンド »

お菓子関連」カテゴリの記事

ローソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローソン ピュア生チョコレート:

« グリコ アーモンドGlicoオーレ | トップページ | 森永乳業 サンキスト100%フルーツミックス バナナブレンド »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ