« 森永乳業 マイグルト(14年秋) | トップページ | 悲しい出来事 »

2014年9月13日 (土)

ロピア おにぎりクレープ チョコ&ホイップ、苺&カスタード

 しずてつストアで、ちょっと変わった商品を発見しました。
 おにぎりクレープという名前の商品で…見た目がおにぎりそっくりの形状です。
 これは面白そうだと思い、購入してみました。

Imgp8980

 まず、チョコ&ホイップです。
 三角形のプラスチックトレーに入っています。
 値段は、130円(税抜)でした。

Imgp8984

 次に、苺&カスタードです。
 こちらも、外見はほぼ同じで、シールに描かれているイラストと文字が異なるだけです。
 値段は同じく、130円でした。
 この商品は、クレープの皮の部分に、山形県産の米粉を使っているのが、特徴的です。

Imgp8982

 原材料を見ると…乳等を主要原料とする食品とか、チョコレート利用食品とか、かなりあいまいな記載になっています。
 これだけでも、不安になりますが…。

Imgp8983

 下のほうは、添加物の塊でした。
 ヤマザキのスイーツと同じか、それ以上だと思います。
 ちなみに、チョコレートのほうのカロリーは、211キロカロリーでした。

Imgp8986

 苺のほうは…原材料に、「苺」と、「苺加工品」の二種類があります。
 おそらく後者は、苺ジャムのことなのでしょうが…それでもこの書き方は、不親切だと思います。

Imgp8987

 そして、添加物の塊であることも、同じです。
 ちなみに苺のほうは、192キロカロリーと若干少なくなっていました。

Imgp8990 Imgp8988

 ケースから出してみました。
 チョコレートのほうは、ソースが皮から染み出しているため、一目でわかります。
 もし、苺のほうと同じくらい、しっかり包まれていたら、ぱっと見だと判別は難しい(透けて見える色で、わかりますが)かもしれませんね。

Imgp8992

 チョコレートのほうをカットしてみると、こんな感じです。
 ホイップクリーム、スポンジ、チョコレートの三段になっていました。

Imgp8991

 一方苺のほうは、カスタードクリーム、スポンジ、苺クリームの三段です。
 果たして、味のほうはどうなのでしょうか?

 まず、チョコレートのほうは…非常に安っぽい味です。
 チョコレートがざらついていて、質がよくないことが、はっきりとわかりました。
 ホイップクリームも、植物性のものを使っているでしょうし、更にスポンジによるかさ増しがされているため、味がぼけた感じになっています。
 正直、レベルが低いと感じました。
 クレープの皮には、米粉を使っているということですが、モチモチ感はあまり感じられず、ただ厚い皮という感じで、その点もがっかりです。

 一方、苺のほうは…チープな味ではあるものの、苺の酸味がうまく働いていると思いました。
 ホイップクリームに比べると、甘さが強めのカスタード、そして酸味のある苺の味で、バランス自体はうまく取れています。
 高級感は無いものの、ヤマザキのスイーツと同じような、庶民的なおいしさがあると感じました。

 もし試すのであれば、苺の方が断然お勧めです。
 もっとも、次に購入することは、おそらく無いだろうな…というレベルであったのは、事実ですけれどね。

« 森永乳業 マイグルト(14年秋) | トップページ | 悲しい出来事 »

お菓子関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロピア おにぎりクレープ チョコ&ホイップ、苺&カスタード:

« 森永乳業 マイグルト(14年秋) | トップページ | 悲しい出来事 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ