« 悲しい出来事 | トップページ | 意外な盲点 »

2014年9月14日 (日)

グリコ ひとくちプッチンプリン

 ファミリーマートで、面白い商品を発見しました。
 グリコのプッチンプリンが、ミニサイズになっています。
 kettsuさんのブログでは、それほど高い評価ではなかったものの、見た目の面白さもあり、購入してみることにしました。
 http://blog.livedoor.jp/kettsu/archives/54936567.html

Imgp9052

 こちらが、商品です。
 値段は181円(税込)と、それほど高くありません。
 6つ入っているので、1つあたりは30円程度と、駄菓子屋で売っている常温保存のプリンと、さほど変わらない価格でした。
 こちらの商品は、要冷蔵ですけれどね。

 Happyを分けあおうというフレーズが、印象的です。
 この商品は、一人で食べるよりも、何人かでシェアしたほうがいいでしょうね。

Imgp9053

 容器の底をつまんで、押し出して食べるようになっています。
 なんとなく、ゼリーなどでよくある構造だと感じました。
 プリンでこのタイプは、珍しいと思います。

Imgp9054

 一個当たり、20グラムで…カロリーはなんと、わずか18キロカロリーです。
 たとえ一人で全部食べたとしても、108キロカロリーでしかありません。
 120グラムとなるため、3つセットになったプッチンプリンよりも、量は多くなります。
 3つセットのものは、70グラムで99キロカロリーなので、それよりは値は上回りますが…量の違いを考えると、相当低カロリーで…おそらく通常のプッチンプリンとは、違うものなのだろうな、と感じました。

Imgp9056_2

 のどに詰まる恐れがあるため、凍らせないようにという注記がされていました。
 通常のプッチンプリンは、凍らせて食べる方法が、パッケージにも記載されていたので、同じような感覚でやらないよう、注意が必要だと思います。

Imgp9057

 中身は、こんな感じです。
 それぞれに、違うメッセージが記載されていました。

Imgp9060

 横からだと、こんな感じです。
 この商品の場合、通常のものとは違い、カラメルが上のほうに存在しています。

Imgp9062

 一つ切り離して、フィルムをはがしてみました。
 こんな感じに作られています。

Imgp9063

 皿の上に出してみると、こんな感じです。
 真ん中のところに、縦にすじが入っていますが、これによってつまんだときにカップから取り出しやすくなっており、工夫されていると感じました。

 味のほうは…普通のプッチンプリンとは、かなり異なります。
 コクが無い上、ざらつきがあって…レベルが下がっていると感じました。
 カロリーの差などから、ある程度違うものであることは予想していましたが…プッチンプリンのファンの人だと、噴飯ものかもしれません。
 カロリーが高くなっても、普通のものと同じ味で仕上げてくれたほうが、良かったのですが…カップから外れなくなるため、難しかったのかもしれませんね。

 味が微妙なので、分け合ってもハッピーになれるか、少し疑問です。
 次は改良されて、再販されることを願います。

« 悲しい出来事 | トップページ | 意外な盲点 »

お菓子関連」カテゴリの記事

グリコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリコ ひとくちプッチンプリン:

« 悲しい出来事 | トップページ | 意外な盲点 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ