« グリコ マイルドカフェオーレ キャラメル仕立て | トップページ | ファミリーマート PABLO×SWEETS+監修 チーズタルト »

2013年12月11日 (水)

COMO(コモ) パネトーネ

 富士のアピタに入っている、GRANO GRANO(グラーノグラーノ)というお店で、パネトーネが売っていました。
 クリスマスのパンとして、シュトーレンと並ぶ有名なものです。
 小型のものが、200円で販売されていたので、試してみることにしました。

Imgp6659

 まずは、上から撮影しました。
 白に黒と、シンプルな色になっています。

Imgp6660

 シュトーレンはドイツですが、パネトーネはイタリアのクリスマスパンです。
 由来が書かれていて、わかりやすいと感じました。

Imgp6661

 COMOのパンは、パネトーネ種を使って作られるのが特徴で、長期保存ができるのが、ほかとの大きな違いだと思います。
 取り扱っているお店は、若干少ないですけれどね。

Imgp6662

 カロリーは、277キロカロリーです。
 サイズの割には、低めだと感じました。

Imgp6664

 レーズンと、オレンジピールを使っているのが、パネトーネの特徴です。
 注目すべきは、賞味期限。
 なんと2月まで持つという、驚きの長さです。

Imgp6665

 開けてみると、袋に密閉された状態になっていました。
 これも、長期保存のための工夫だと思います。

Imgp6666

 袋から出してみました。
 まるで、マフィンのような外見をしているのも、パネトーネの特徴です。

Imgp6667

 横からだと、こんな感じです。
 通常のマフィンよりは、かなり大きめ(1.3倍くらい?)になっています。

Imgp6669

 カットすると、こんな感じです。
 黄色い生地が特徴で、レーズンとオレンジピールも少しですが、入っているようです。

 食べてみると…デニッシュに、レーズンなどが加わったという感じで、結構おいしいです。
 卵の味が強く感じられる、独特のパンで、パンとケーキの間のような食感になっています。
 思ったよりもおいしく、200円ならば十分価値のある商品だと感じました。

 シュトーレンよりは、全体的に安価なので、手を出しやすいのもメリットだと思います。
 パネトーネとシュトーレン、この時期多くのところが出しているので、食べ比べをしたいところですね。

« グリコ マイルドカフェオーレ キャラメル仕立て | トップページ | ファミリーマート PABLO×SWEETS+監修 チーズタルト »

パン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COMO(コモ) パネトーネ:

« グリコ マイルドカフェオーレ キャラメル仕立て | トップページ | ファミリーマート PABLO×SWEETS+監修 チーズタルト »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ