« モンテール パンプキン&ホイップのシュークリーム | トップページ | ローソン もちぷよ バニラビーンズ入りカスタード »

2012年10月17日 (水)

サークルK 焦がし醤油のみたらし大福

 kettsuさんのブログで、美味しそうな商品が紹介されていました。
 みたらし大福…みたらし団子と大福を一つにまとめた商品のようです。
 かなりプッシュしていたので、これは期待できそうだと思い、購入してみました。

Imgp3801

 パッケージは、こんな感じです。
 大福を、みたらし味のくずもちで包んだという商品。
 いったい、どんな味なのか…かなり気になります。
 値段は130円と、このサイズにしては少々高めかな?と感じました。
 タイヘイ醤油という、千葉で作られている醤油を使っているようですが、果たして結果はいかに。

Imgp3803

 カロリーは、112キロカロリーと低めです。
 かなり小さいので、低めなのも納得。
 ちなみに、製造元はモチクリーム…ローソンの純生クリーム大福を作っているところと同じところでした。

Imgp3804

 取り出してみると…相当、醤油の色が濃い感じです。
 これは、相当しょっぱいのではないかと、少し警戒感。

Imgp3805

 切ってみると、中にはあんこが入っていました。
 量はあまり入っていないようですが、果たして…?

 食べてみると…これは、かなり個性的な商品です。
 普通のみたらし団子は、かなり甘みが強いのですが、この商品は醤油の味が強く、甘みよりもしょっぱい感じのほうが強い商品でした。
 好きな人は好きかもしれませんが、これはかなり好みが分かれそうです。
 私も、最初は違和感が強く、びっくりしたのですが、食べ進めていくうちにこれはこれでありかな?と感じるようになりました。

 中の大福は、あまり個性的ではないかな?と感じました。
 あんこの味、kettsuさんがいうように、あまり感じません。
 とはいえ、まわりのくず餅だけだったら、しょっぱくてたまらないと思うので、甘みで中和するという意味で必要な部分だと思います。

 普通のみたらし団子とは、全く異なる味なので、好む層が大きく分かれそう。
 むしろ、辛口を好む人に、向いているかもしれません。

« モンテール パンプキン&ホイップのシュークリーム | トップページ | ローソン もちぷよ バニラビーンズ入りカスタード »

お菓子関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サークルK 焦がし醤油のみたらし大福:

« モンテール パンプキン&ホイップのシュークリーム | トップページ | ローソン もちぷよ バニラビーンズ入りカスタード »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ