« モンテール 濃い抹茶の手巻きクレープ&うっかりミス | トップページ | スペシャルプッチンプリン »

2012年2月12日 (日)

「大人」になりたくない

 またもや、「硬い」話で、申し訳ありません。

 私の最も苦手とする分野は、「対人関係」です。
 どうしても、人と衝突してしまったりするのですが…性格(アスペルガーという特質?)上、「人とかかわること自体が、好きではない」ようです。
 そして、私自身が一番苦手…というか、嫌っているのが、「理不尽なことを、受け入れる」ことなのです。
 これなくして、人とうまくやっていくのは、不可能なのかもしれませんが…。

 世の中は、さまざまな理不尽であふれかえっています。
 そして、「大人」の人間は、その理不尽を我慢したり、受け流したり、あるいはむしろそれを逆手にとって、うまくやっていくものだと思います。
 ですが…「今現在」の私は、「理不尽なことを、そのまま受け入れ、何も抵抗することなく流される」のであれば、いっそ「死ぬ」方が、はるかにいいのでは?と考えてしまうのです。

 たとえ…というか、例として、法律をあげます。
 世の中には、「法を犯して、平然としている人」というものは、それこそたくさんいます。
 かくいう私も、特に道路交通法においては、完全に遵守しているとは言いがたい(後ろからクラクションを鳴らされて、なお安全運転、すべての法律を遵守することが出来る人は、そう多くないと思います)のですが…。
 それでも、「法を犯して、他人の権利を傷つけて、心を傷つけて、財産を奪って、のうのうとしている」人間に対しては…激しい怒りを感じずには、いられません。
 ですが、「大人」であれば、自分の保身、つまりは「生きるため」に、それに目を背けて、我慢する(あるいは、他の手段をとっているのかもしれませんが…)のが、この世の中です。

 果たして、それは王の命令に従い、何も権利を認められず、それでも我慢していた中世の一般人、あるいは天皇の命令(実際に、天皇が出していたとは思えませんが)にしたがって、唯々諾々と戦争に参加した戦前の日本人と、どこが違うのでしょうか?
 もちろん、「程度問題」ということはあると思いますが…それでも、個人的には、「同じ」としか、考えられません。
 そして、そういう人たちだけで作られた社会というのは、はっきり言って、「地獄」と同等か、それ以上に悲惨だと思います。

 昨日、カウンセリングで言われたこと、および自分自身の最大の課題は、「大人になること」、そして「生き続けること」です。
 ですが…私にとって、それは、自ら死を選ぶことに比べて、どれほどの困難なのか、想像も出来ません…。
 また、「理不尽なことを、受け入れられるようになった大人」になった自分というものを、想像するだけでも、吐き気とおぞましさを感じてしまいます。
 もし、「そういった不快感を感じられないようになる」のであれば、喜んで病院に入院し、あるいはそういった施設に入る(もちろん、「宗教」も、そのひとつだと思いますが…まあ、あくまで私は、それは避けたいですけれどね)でしょうね。

 「今」の私は、「オンとオフしかない」とも言われます。
 その間にある、「調節」を学ぶことが、「大人になる」ことだとは、重々承知していますが…。
 それでも、恐怖と嫌悪感を感じずには、いられません。
 おそらく、私は「おかしい」上に、「幼い」のでしょうね。

« モンテール 濃い抹茶の手巻きクレープ&うっかりミス | トップページ | スペシャルプッチンプリン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大人」になりたくない:

« モンテール 濃い抹茶の手巻きクレープ&うっかりミス | トップページ | スペシャルプッチンプリン »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ