« スコール メロン | トップページ | 海洋堂フィギュアミュージアム 第2弾 »

2012年2月21日 (火)

史上最強の弟子ケンイチ

 toraboさんがお勧めしていたので、この漫画、TSUTAYAでレンタルし、読んでみました。
 感想は…こうして、記事にしていることからも、明らかだと思います。
 特に、「戦い」が好きな人ならば、すべからく読むべし、ですね。

 この作品のすごいところは…「あら」、「突っ込みどころ」などが、満載でありながら、「説得力がある」ことです。
 この展開のやり方は…作品を書く上でも、とても役立つと思いますよ。

 ちなみに、私が引っかかったのは…5巻の、38話「温泉」の、この一幕です。
 頭の中で思い浮かぶかぎりの、つらい特訓を考え…それが「天国」だといわれたので、私も考えてしまったのですが…。
 はっきり言って、私が考えてしまった「特訓」に比べたら…この激しい特訓は、「天国」であり、「ぬるま湯」でした。
 その点では、ちょっと私が、考えすぎてしまったのかも…。

 私が考えてしまった(そして、もっともありえないと思った)のが、「内観」です。
 つまり、「自分自身を見つめなおして、弱点を探る」というものです。
 もしそうだったとしたら…おそらく、「答えが出ない」状態になってしまったと思いますからね…。

 こういう風に、「想像の余地がある」、名作だと思います。
 ぜひ、こちらも、興味を示してください。

« スコール メロン | トップページ | 海洋堂フィギュアミュージアム 第2弾 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 史上最強の弟子ケンイチ:

« スコール メロン | トップページ | 海洋堂フィギュアミュージアム 第2弾 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ