« 明日は | トップページ | 小岩井 純水白桃 »

2012年1月28日 (土)

その日にあったこと

 いろんな人にご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。
 特に、19日は本当にすさまじかったので、そのことを記事にしようと思います。

 朝は、わりと元気な感じでした。
 いつものごとく、妄想しながら(笑)、仕事に取り組もうとしたのですが…。
 妄想のし過ぎで、頭がヒートアップしてしまっていたのが、最初の不幸でした。

 最初の一時間は何とかなったのですが、同僚がちょっとしたミスをやってしまい、それを直そうとして、逆にひどい状態にしてしまったのです。
 その瞬間、一気にいろんなことが不安になり、いてもたってもいられなくなってしまいました。

 その不安の中でも、一番大きかったのが、カウンセリングの先生に対して、自分が非定型うつ病だろうというメールを送った後の返信です。
 かなり複雑な話になるので、続きは土曜日のカウンセリングで話すということだったのですが…。

 正直、このときの私にとって、非定型うつ病というのは、それこそ「蜘蛛の糸」でした。
 これを断ち切られてしまったら…後はもう、地獄という「死」に落ちるしかないというくらい、この非定型うつ病という病気に、「賭けて」いたのです。
 そして、このとき、複雑な話になるということで、「もしかしたら、非定型うつ病という病気そのものが、作り話なのではないか…」とか、「もしかしたら、違うのではないか…」という不安が、一気に膨らみました。

 仕事を放り出すわけにはいかず、とりあえず手元にある仕事の疑問点だけを解消して、一刻も早く確認したかったのですが…あいにく、そういうときに限って、質問する相手の人が手が話せない状況になってしまい、不安はますますひどくなるばかり。
 正直、気が狂いそうでした…。
 何とかその人の仕事が終わり、その疑問点を解消して、即帰ることに。

 そういう状態だったので、一刻も早く知りたいと思い、カウンセリングの先生のところの携帯、固定電話、さらにはメールに至るまで、ありとあらゆる手段で、連絡してほしいという旨を伝えました。
 そんな切羽詰った状況だったのに、「携帯をしないでください」と、舌打ち交じりに言ってきたバスの運転手には、正直今でも怒りを感じます…。
 明らかに、「常軌を逸して」いるというのは、見て分かったと思うのですが…。

 そして、何とか連絡がつき、告げられたのが…「非定型うつ病ではないと思う」との言葉でした。
 その瞬間、何もかもが崩れ落ちるような不安とともに、力が全て抜け、その場で完全に動けなくなってしまいました…。
 そのため、カウンセリングの先生に、「今までお世話になり、本当にありがとうございました」と告げ、電話を切ろうとしたのですが…いろいろと引き止められ、とりあえずカウンセリングを受けることになりました。
 (本当は、夜の11時しか空いていないということでしたが、他の人にいろいろと融通をきかせてもらって、2時に受けられることになりました…今考えると、本当によかったです)

 母に連れ添ってもらって(正直、歩くこともできないという状態だったので…)、カウンセリングのところで受けた結論は…。

 「うつ病の、好転反応」とのことでした。

 うつ病の場合、一番「危ない」のが、実はうつ病から抜け出しかけた、そのときなのです。
 少しずつ元気になり、回復していくそのときに、ほんの些細なきっかけで、一気にひどいうつ状態になり、最悪の場合はそのまま自殺してしまうという…。
 しかも、うつ状態がひどいときは、自殺する気力そのものがないので、ある意味では安全なのですが、この時期は気力が回復しているため、そのまま実行に移してしまうことができるのです…。

 とりあえず、今日は病院、そしてカウンセリングに行こうと思います。
 うつ病の好転反応なのであれば、それはむしろ、今までのうつ病の状態から「治る」ことができるという、「吉兆」なのですからね。
 そう、信じたいです。

« 明日は | トップページ | 小岩井 純水白桃 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その日にあったこと:

« 明日は | トップページ | 小岩井 純水白桃 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ