« 東京ラスク プレミアムアマンド | トップページ | これでよしなに »

2011年8月20日 (土)

最悪のJR

 昨日は、悲惨でした…。
 駅につく前から、電車が来る時間になっても、遮断機が動いていないので、嫌な予感がしたのですが…。
 大雨の影響で、電車がストップしてしまっていました。

 こういうときの、JRの対応は…とにかく、悪いの一言です。
 秘密主義的というか、どんな状況で、どのくらいで動くかなどの情報を、一切与えてくれません。
 動くのが、何時になるか分からないという状況だったため、やむなく静岡行き(折り返し運転でした)に乗って、そこから新幹線で帰ることにしました。

 新幹線のホームにたどり着いたときに目にしたのは…JRの本線が、動き出したという情報。
 もっとも、私の家に向かう上りは、動いていなかったようなので、新幹線に乗る意味は、ありましたけれどね。

 何とか新富士駅にたどり着いたのですが…そこは、タクシーと乗用車が入れ混じってしまい、悲惨な状況でした。
 駅の作りが悪すぎて、駅から出るところが、一列しか通れないのです…。
 そのため、そこで詰まってしまっており、ぐちゃぐちゃになっていました。

 そして、一番悪かったのが、踏切でした。
 数台前の車が通り過ぎたあとに、踏切が閉まってしまったのですが…その後、いつまでたっても、電車が来る気配がありません。
 従業員らしき人たちが、ぼーっと突っ立っているだけで、何の説明も無し。
 しびれを切らした、後ろのほうの車の人が、車から降りてその人たちに話しているのを、動けない状態でじっと待つしかありませんでした。

 その後、12分位してから…「電車がすぐそばで、止まってしまっているので、Uターンしてください」とのこと!
 普通だったら、もっと早く言うべきですし、そもそもなぜ止まったのかについては、全く説明もありませんでした。
 本当に、JR東海の秘密主義的なやり方は、腹が立って仕方がありません!
 前の車から、順次Uターンして、別のルートで家に帰りましたが…いつもならば20分もあれば、十分に帰れる家路が、倍以上かかってしまいました…。

 その後も、線路で立ち往生している電車を、次々と見ることに。
 こういった、非常時のことを想定していないというのが、よく分かります。
 本当に、JR東海は、ろくでもないと確信させられました。

« 東京ラスク プレミアムアマンド | トップページ | これでよしなに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最悪のJR:

« 東京ラスク プレミアムアマンド | トップページ | これでよしなに »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ