« スコール 長野産巨峰 | トップページ | ウィルキンソン ドライコーラ »

2011年8月23日 (火)

山崎10年 ボトル買い

 先日、ホテルで飲んだ、山崎の12年が非常に美味しかったため、もう一度飲みたいと思っていました。
 そこで、週末に探してみたのですが…これが、高い!
 なんと、7千円近い金額で、とても手が出ませんでした…。

 そこで購入したのが、山崎の10年のほうです。
 こちらでも、3千円以上と、かなり高価なのですが、それでも12年に比べれば、かなり安いですからね。
 2年の差…果たして、どれだけの差なのでしょうか…?

Imgp1842

 お店によって、売っている形が違っていました。
 私が購入したのは、ドンキホーテで、こちらは箱に入った形での販売。
 他のお店だと、瓶の状態で販売しているところもありました。
 箱がつく分、ちょっぴり高級感を感じられるかも?

Imgp1843

 ウイスキーの分類としては、シングルモルトに分類されます。
 これは、一つの蒸留所で作られたものを、瓶詰めしたものということらしいです。
 他には、一つの樽から作られたもの(シングルカスク)、幾つかの蒸留所で作られたものをブレンドしたもの(ヴァッテッドモルト)などがあるらしいのですが…初心者の私では、おそらくその差を実感するのは、困難でしょうね…。

Imgp1844

 そして、中身の瓶です。
 最近、写真を撮るときに、なぜか傾いてしまう癖があって…。
 ご了承ください。

 この形で売っているお店も、結構ありました。
 まあ、外箱が必要な人ばかりでは、無いですからね。
 それにしても、40度のお酒が、700mlとなると、見た目にも圧巻です。

Imgp1845

 最初の一杯は、ぜひストレートで…と、最後のほうに記載されていますが、私みたいに弱い人には、とても無理です(笑)。
 なめるようにしてみましたが、やっぱり度数が高すぎて、ちょっとむせかけました。
 まあ、他のウイスキーに比べたら、圧倒的にクセは少ないですけれどね。

 飲んでみての感想は…2年の差、やっぱりあるようでした。
 10年のこちらのほうが、まだ「角がある」ような感じで、ちょっぴりウイスキーのクセが残っているような感じです。
 わずか2年の違いで、まろやかさに差が出るとは…ウイスキー、恐るべし。
 だからこそ、倍以上の値段の差があるのでしょうけれどね。

 とはいえ、他のウイスキーに比べたら、この山崎の飲みやすさは…郡を抜いていると思います。
 といっても、今までに飲んだウイスキー、せいぜい3~4種類なのですが、どれも癖があって、非常に飲みにくく、個人的には苦手なお酒でした。
 それに比べると、まさに別物という飲みやすさは、山崎特有なのかな…と、感じました。

 とりあえず、この一本、どのくらいもつのやら…。
 下手をすると、私の場合は、一年以上もつ可能性、ありますからね。
 冷蔵しないでも、大丈夫らしいのですが、とりあえず冷蔵庫に入れて、ちびちび飲もうと思っています。

« スコール 長野産巨峰 | トップページ | ウィルキンソン ドライコーラ »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山崎10年 ボトル買い:

« スコール 長野産巨峰 | トップページ | ウィルキンソン ドライコーラ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ