« 生まれ年の | トップページ | ウィルキンソンジンジャーエール »

2011年6月20日 (月)

幽体の知覚展 その他

 昨日は、県立美術館に行くことにしました。
 催し物の、「幽体の知覚展」というものが、ちょっと興味をひいた為です。
 現実とは別の視点…どんなものなのか、楽しみだったのですが…。

 ちょっと、想像していたものと、異なっていました。
 絵画などは全く無く、CGと彫刻がメインになっている空間です。
 そして、表現は、グロテスクで奇怪なものでした。
 たとえば、動物の牙だけで作られた、拳銃を模したオブジェや、髪の毛を使って編みこまれた洋服など…。
 CGも、血液が混じった泡が、白い壁にぶつかってはじけるものなど、かなりきつかったです。
 中学生くらいの団体客が、先に入っていたのですが、この展示会…年齢制限を設けたほうがいいのではないかな?と、個人的には感じました。
 一番最初の、滝のように流れる水の描写は、かなりよかったのですけれどね。

 その後、静岡駅に行き、散策。
 静岡に行ったら、必ずやることは…薬の買出しです(笑)。
 今回も、1万3千円くらい、買い込んでしまいました。
 風邪薬だけで、4種類(銀と青のベンザブロック、パブロンゴールドS、エスタックファイン)ありますからね…。
 いかに、私や家族が、風邪をひきやすいかというのが、分かるというものです。

 そして、中央部にある、青葉通りというところで、変わった催しがやっていました。
 カイロプラティックという、整体に近いものを、ボランティアでやっていたのです。
 千円以上募金した人は、無料で行えるということだったので、早速試してみました。

 これが…個人的には、劇的なほどに効果がありました。
 本格的な施術は、時間の関係で行えないため、もっぱら「調整」と呼ばれるレベルのものだったのですが…それでも、体のゆがんでいるところが、どんどん元に戻っていくということが、分かります。
 一例を挙げると、横になって、肩の部分が床から浮いていたのですが、施術を行うことで、きちんとその部分もつくようになったり…。
 きちんと説明も受けながらだったので、より実感できたのかもしれません。
 これは、今度また、きちんとした形で受けてみようと、実感しました!
 あまりに気持ちよかったので、もう500円、追加で寄付、です(笑)。

 今回は、どちらかというと、美術館よりもカイロプラティックのほうが、実りがあったかも。
 短時間やってもらっただけでこれなのですから、きちんとやってもらったら、もしかすると体の悪いところ、根治できるかもしれません!

« 生まれ年の | トップページ | ウィルキンソンジンジャーエール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幽体の知覚展 その他:

« 生まれ年の | トップページ | ウィルキンソンジンジャーエール »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ