« 毘沙門天大祭 | トップページ | 三ツ矢サイダー まる搾りオレンジ »

2011年2月13日 (日)

ショコラモード2011

 昨日は、静岡伊勢丹の、ショコラモードに行ってきました。
 毎年恒例となっているこの行事、さまざまな国のチョコレートが一同に会するという、チョコレート好きにとっては、たまらないイベントです。

 まずは、入り口付近のブース(ルタオだったと思います)で、紅茶味のチョコレートを試食。
 悪くない味ではあったものの、一粒食べれば、十分かな…という感じで、結局買いませんでした。
 このように、幾つかの場所では、試食も出来るというのが、嬉しいところです。
 やっぱり、味が分かっているほうが、安心して買えますからね。

 父の分は、甘くないチョコレートということで、ベルギーのお店のものにしました。
 そこのオレンジピールを味見したのですが、甘さがあまり強くないため、食べられるかな…と、感じたためです。
 父は、甘いものが苦手ですからね…。

 ぐるっと外周を一周し、少し疲れたところで、美味しそうなものを発見。
 スイスの、リンツというブランドのところで販売されていた、チョコレートドリンクです。
 ちょっと高価(Sサイズで、800円くらい)だったのですが、飲んでみることにしました。

Imgp1173

 周りについている部分は、チョコレートソースのようです。
 まずはチョコレートソースを周りにたらして、その状態のまま冷蔵して固め、そこに冷たいチョコレートドリンクを注いで、最後にチョコレートチップを散らすという、手間のかかっている一品でした。

 味のほうも…文句なし、です。
 かなりチョコレートを使っているはずなのに、後味はわりとさっぱりしていて、かなりの量でしたが、飽きることなく飲むことが出来ました。
 この絶妙なバランスは、試す価値、あると思います。

 飲んでいる間に、変わったものを発見したので、そちらも撮影。

Imgp1174 Imgp1175

 チョコレートで作られた、浮世絵です。
 去年は、チョコレートの像が立っていたのですが、今回はちょっと趣向が異なる様子。
 説明文に書いてありましたが…板チョコ170枚分のチョコレートを使った、大作でした。

 その後、他のお店も調べてみることに。
 母の実家にも、お土産を買うことにしましたが、こちらもあまり甘すぎるものは好まない家だったため、セディボン?(?まで含めて、お店の名前です)という、変わった名前のところの、チョコレート入りのバウムクーヘンにしました。
 これまた、試食して選んだものです。

 自分用には、洋酒が入ったチョコレートの詰め合わせと、ロイズのチョコレートマカロンを購入しました。
 去年までは、ジャンポールエヴァンのチョコレートを購入していましたが、今回は日本のもので統一。
 こちらは、後日記事にしようと思いますので、お楽しみに。

 いろいろと購入したので、合計金額、5千円近くに。
 とはいえ、今回は比較的、抑えたほうだと思います。
 ジャンポールエヴァンで買わなかったのが、安く済んだ一番の要因かも。

« 毘沙門天大祭 | トップページ | 三ツ矢サイダー まる搾りオレンジ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショコラモード2011:

« 毘沙門天大祭 | トップページ | 三ツ矢サイダー まる搾りオレンジ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ