« もち食感節分ロール | トップページ | ふぐ尽くし »

2010年1月31日 (日)

ショコラ ブルワリー

 スーパーで、かなり変わったお酒を発見しました。
 ショコラ ブルワリーという商品で、サッポロビールとロイズの共同開発の商品とのことです。
 ロイズといったら、北海道の有名なチョコレート会社ですが…それが発泡酒?!
 ちょっと高価(ビールよりも、高かったです…1本、300円弱)でしたが、興味がわいたので、購入してみることにしました。

Imgp0070_r

 見た目は、こんな感じの缶になっています。
 下の方に、発泡酒と書いてあるのが、分かるでしょうか?
 ということは…麦を、一定割合以上使っているということで…その他のお酒よりも、ビールに近い商品ということになります。
 限定醸造…この言葉にも、惹かれてしまいました(笑)。

Imgp0071_r

 チョコレート麦芽を一部使用し、カカオを加えた…なんて、想像するだけでも、かなりすごい商品のような…。
 もっとも、チョコレートは、砂糖を使わないと、むしろ苦いものなので、発泡酒と組み合わせるというのも、悪くは無い発想なのかもしれません。
 一体どんな味なのか…非常に、楽しみです。

 早速、コップに注いでみました。

Imgp0074_r

 カカオを使っているためか、真っ黒な液体です。
 見た目は、黒ビールみたいな感じかも?
 注いでいるときにも、ふんわりとカカオの香りが漂ってきて、なんだか甘い気分になってしまいました。

 早速飲んでみると…味自体は、普通の発泡酒に近いです。
 カカオ独特の香りが結構するので、チョコレートが苦手な人には、あまり向かないかもしれません。
 甘い感じの香りと、苦い液体という、ちょっとミスマッチな感じを味わいました。

 美味しいかと問われると…ちょっと、首を傾げてしまうかも?
 発泡酒はあまり飲みなれていないので、詳しくは分からないのですが、普通のものとはちょっと違い、独特の癖があるように感じます。
 これが、カカオが入っている証拠といわれれば、そうなのかもしれませんけれどね。

 甘いものが苦手な人への、バレンタインのプレゼントとしては、悪くないかもしれません。
 もっとも、チョコレートそのものが苦手な人に対しては、避けたほうが無難だと思いますけれどね。
 かなり変わった商品なので、好みは分かれるかもしれませんが、興味を持った方は、一度試してみても、悪くは無いかもしれませんよ。

« もち食感節分ロール | トップページ | ふぐ尽くし »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショコラ ブルワリー:

« もち食感節分ロール | トップページ | ふぐ尽くし »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ