« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ショコラ ブルワリー

 スーパーで、かなり変わったお酒を発見しました。
 ショコラ ブルワリーという商品で、サッポロビールとロイズの共同開発の商品とのことです。
 ロイズといったら、北海道の有名なチョコレート会社ですが…それが発泡酒?!
 ちょっと高価(ビールよりも、高かったです…1本、300円弱)でしたが、興味がわいたので、購入してみることにしました。

Imgp0070_r

 見た目は、こんな感じの缶になっています。
 下の方に、発泡酒と書いてあるのが、分かるでしょうか?
 ということは…麦を、一定割合以上使っているということで…その他のお酒よりも、ビールに近い商品ということになります。
 限定醸造…この言葉にも、惹かれてしまいました(笑)。

Imgp0071_r

 チョコレート麦芽を一部使用し、カカオを加えた…なんて、想像するだけでも、かなりすごい商品のような…。
 もっとも、チョコレートは、砂糖を使わないと、むしろ苦いものなので、発泡酒と組み合わせるというのも、悪くは無い発想なのかもしれません。
 一体どんな味なのか…非常に、楽しみです。

 早速、コップに注いでみました。

Imgp0074_r

 カカオを使っているためか、真っ黒な液体です。
 見た目は、黒ビールみたいな感じかも?
 注いでいるときにも、ふんわりとカカオの香りが漂ってきて、なんだか甘い気分になってしまいました。

 早速飲んでみると…味自体は、普通の発泡酒に近いです。
 カカオ独特の香りが結構するので、チョコレートが苦手な人には、あまり向かないかもしれません。
 甘い感じの香りと、苦い液体という、ちょっとミスマッチな感じを味わいました。

 美味しいかと問われると…ちょっと、首を傾げてしまうかも?
 発泡酒はあまり飲みなれていないので、詳しくは分からないのですが、普通のものとはちょっと違い、独特の癖があるように感じます。
 これが、カカオが入っている証拠といわれれば、そうなのかもしれませんけれどね。

 甘いものが苦手な人への、バレンタインのプレゼントとしては、悪くないかもしれません。
 もっとも、チョコレートそのものが苦手な人に対しては、避けたほうが無難だと思いますけれどね。
 かなり変わった商品なので、好みは分かれるかもしれませんが、興味を持った方は、一度試してみても、悪くは無いかもしれませんよ。

2010年1月30日 (土)

もち食感節分ロール

 ローソンで、またも変わったお菓子を発見しました。
 私の大好きな、もち食感ロールシリーズの、季節限定版、「もち食感節分ロール」です。
 節分までしか販売されないとなると…相当、レア度は高いかも。

Imgp0062_r

 見た目は、こんな感じです。
 値段が、いつものものより、若干高いのは、丹波黒豆を使っているから…だと思います。
 一体、どんな味なのでしょう…?

Imgp0069_r

 ちなみに、いつものロールと違い、節分仕様なので、切れ目が入っていません。
 とりあえず、4等分しましたが、結構なボリュームかも。
 大きさとしては、いつものロールと、変わらないようなので、これを「恵方まき」の代わりに食べるのは、ちょっとカロリー的に危険だと思います(笑)。
 まあ、やる人はいないと、思いますけれどね。

Imgp0068_r

 クリームが、どうやら和風の味付けになっているようです。
 ちょっと茶褐色っぽいので、おそらくはあずき味ではないかと思います。
 さて、肝心のお味は…?

 クリームが、いつものものよりも、あっさりしているように感じました。
 もっとも、最近プレミアムシリーズを食べなれているので、そちらに慣れてしまった…という可能性は、ありますけれどね。
 そのため、クリームたっぷりの割には、非常に軽く、かなり大きめにカットしたつもりでしたが、あっという間に食べきってしまいました。

 もちろん、生地のもっちり感は、健在です。
 いつものものと違って、粉砂糖がかかっていない分、より生地の味をしっかりと味わえるかもしれません。

 もしかしたら、節分まででなくなってしまうかもしれませんので、試したい方は、お早めに。

2010年1月29日 (金)

バナナオ~レ

 先週、ふとした気まぐれから、ガリバーという酒屋をのぞいてみました。
 ドラッグストアに、変わった飲み物が売っていることがあるので、同じく酒屋にも、変わったたものがあるかな…と、思ったのです。
 すると、結構いろんな商品があることに、気がつきました。

 その中に、伊藤園の「バナナオ~レ」という商品があることに、気がつきました。
 バナナも、ミルクも好きな私にとっては、これは買わないわけにはいきません(笑)。
 早速、購入してみることに。

Imgp0054_r

 紙パックのバナナオレは、よく見かけますが、缶に入っているのは、ちょっと珍しいかも?
 190mlと、量は少なかったものの、値段も安かったので、これならば問題なし、です。
 ほかにもいろいろと買ったので、総重量は結構ありましたけれどね(笑)。
 (おととい紹介した、フルーツリッチも、そこで購入しましたので…)

 果汁の量は、1%と、かなり少なめです。
 まあ、そのくらいが、バナナオレとしては、妥当な数字なのかもしれませんけれどね。

 朝食で、飲んでみました。
 味のほうは…紙パックのものよりも、ちょっぴり濃厚な感じかも?
 バナナの味が、人工的なものだとは思いますが、結構しっかりしていて、悪くはありませんでした。
 結構、美味しかったです。

 また、見かけたら、購入するかも。
 量が少ないので、二本くらい飲みたくなってしまうのが、デメリットですけれどね(笑)。

2010年1月28日 (木)

14日で

 今日で、ダノンを食べ始めてから、14日になります。
 14日間続けて、効果のほうは…しっかりと、ありました!

 家族全員に共通して言えるのが、「お通じが良くなった」ということ。
 今までは、便秘気味だった母や祖母も、毎日しっかりと出るようになったようです。
 まさか、ここまで劇的な効果があるとは…思いませんでした。

 腸の調子も、少しずつ良くなっているように感じます。
 まだ半月なので、劇的に…というほどではないものの、気持ち悪さが減ったような、そんな感じを受けます。

 いろんな味が出ているので、飽きないというのも、いいポイントかも。
 確か、10種類以上の味があるので、まだ食べていない商品も、あるようですから。
 そして、全体に共通していえるのが、「美味しい」ということ。
 やっぱり、美味しくないと、続けられませんからね。

 14日、きっちり続けることで、かなりの効果がありました。
 これは、ここで終わり…とせずに、続けてみたいと思います。

2010年1月27日 (水)

フルーツリッチ スムースブレンド

 果汁100%の、トロピカーナから、新商品が出ていました。
 この会社のジュースは、結構美味しいことが多いので、早速購入してみることに。
 フルーツのミックスジュース…今回は、どんな味なのか、楽しみです。

Imgp0056_r

 入っている果物は…桃にぶどう、グレープフルーツに、マンゴスチン!
 最後のマンゴスチンが、かなり新鮮です。
 高級な果物だけに、どれだけ存在感を出せるか…興味があります。

 ちなみに、このペットボトル、410mlでした。
 このサイズだと、二人で分けるのには、少し少ないのが、不満です。
 まあ、果汁100%なので、このサイズでも仕方ないと思いますけれどね。

 早速飲んでみると…う~ん…?

 マンゴスチンの味は、しっかりと感じることが出来ました。
 それは良かったのですが…グレープフルーツが強すぎて、独特の苦さが感じられ、あまり美味しくないように思います。
 桃、ブドウに至っては、入っているのかどうかすら、分からないくらい…。

 グレープフルーツが、もう少し少なければ、もっと美味しくなったと思います。
 個人的には、ちょっとお勧めできないかも。
 もちろん、好みによるとは、思いますけれどね。

2010年1月26日 (火)

01月26日のココロ日記(BlogPet)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・←何に見えますか?ヒントはすごいです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

チョコレートスパークリング

 店頭で、非常に怪しい飲み物を発見しました。
 チョコレートスパークリング…って、チョコレート味?!
 炭酸とチョコ…キットカットで、ある程度味わったことはありますが、黒いチョコレートの味ではなかったので、未知数の組み合わせかも。
 とりあえず、手にとってみることにしました。

Imgp0050_r

 チョコレートのイラストは書いてあるものの、液の色は、かなり透明な感じです。
 サントリーという、大手から出ているので、味はまともだと思いたいのですが…。
 それにしても、チョコレートと炭酸、よく組み合わせる気になったと、驚いてしまいます。

Imgp0051_r

 と思っていたら…下の方に、「チョコレートは使用していません」との表記が。
 色からして、納得は出来ましたが…不安は、逆に募ってしまったかも。
 原材料も、ブドウ糖、香料、酸味料、カフェインだけですからね…。
 果たして、チョコレートの味はするのか、そして美味しいのか、半信半疑でコップに注ぐことにしました。

 飲んでみると…これは、「美味しいです」!

 事前に危惧していた、くどさや、甘ったるさは、個人的には全く感じませんでした。
 チョコレートと炭酸が、まさかここまで、相性がいいとは…思いもしなかっただけに、びっくりです。
 チョコレートそのものは使っていないようですが、風味といい、味といい、チョコレートらしさをしっかり感じさせつつ、さわやかさを感じさせるという、非常に絶妙なバランスの上に成り立っている商品でした。

 個人的には、これはかなりの「当たり」です。
 コンビニで売っていると思いますので、興味を持った方は、ぜひ一度、お試しください。

2010年1月25日 (月)

クローバーのマカロン&生キャラメル

 富士市の中では、結構美味しい洋菓子店、「クローバー」で、母がマカロンと生キャラメルを購入してきました。
 家には、まだお正月に買った、小麦屋の焼き菓子セットが、残っているというのに…(苦笑)。
 とはいえ、賞味期限は、こちらのほうが短いので、食べることにしました。

Imgp0040_r

 クローバーのマカロンは、ショコラティエ・テオのものに比べると、相当小ぶりです。
 もっとも、その分値段も、若干安いんですけれどね。
 一つずつ、こうして包装されているという点では、こちらのほうが、いいかも。

Imgp0044_r

 今回食べたのは、ビスタチオ味です。
 なぜか、どこのマカロンでも、ビスタチオ味は、緑なんですよね…。
 確かに、中の身の色は、緑ではありますが。

Imgp0043_r

 厚さは、テオのマカロンよりも、むしろ厚くて、ボリュームがあるかも。
 上下を逆さまに撮影してしまったかもしれませんが、ご容赦ください。

 味のほうは…テオのマカロンよりも、甘さが控えめなように感じました。
 ここのケーキは、どちらかというと甘みが強いのですが、マカロンは逆に、甘さがくどくなくて、食べやすいです。
 表面はサクサク、中はしっとりしていて、あっという間に食べきってしまいました。

 ついでに、生キャラメルも購入したとのこと。
 さて、そちらの味は、どうでしょうか…?

Imgp0045_r

 こちらは、こんな感じのプラスチックの容器に入って、販売されています。
 贈り物などにも、使えるかも?
 もっとも、生キャラメルは暑さに弱いので、保冷バッグなどに入れる必要が、ありそうですけれどね。

Imgp0048_r

 こちらも、一個ずつ包装されており、食べやすいです。
 このあたりがしっかりしているというのは、ちょっといいかも。
 ちょっと色が薄いように感じますが、味のほうは果たして…?

 今回買ったのは、「塩味」とのことでした。
 口の中で、滑らかに溶けるのですが…ちょっぴり、癖があるかも?
 母いわく、「酸化した油の臭い」みたいな感じで、ちょっとこれは、好みが分かれる商品かもしれません。
 個人的には、そんなには悪くないものの、求めて購入するかと聞かれたら、ちょっと疑問符がつく…といった、味でした。
 生キャラメル自体が、私にはあまり合わないのかもしれません。

 マカロンは、ほかにもチョコレートや、苺味があるとのこと。
 今度は、そちらも食べてみたいところです。

2010年1月24日 (日)

マンゴーとほんのりミルク

 コンビニで、美味しそうな飲み物が売っていました。
 マンゴーと、ほんのりミルク…マンゴーの味は、結構好きなだけに、これは見逃せません。
 早速、購入してみることにしました。

Imgp0038_r

 見た目は、こんな感じのパッケージです。
 なめらかな口どけ…ほっとする甘さ…。
 期待が、高まります。

 果汁は、10%と、少々少なめ。
 とはいえ、マンゴーを使っているのですから、このくらい入っていれば、むしろ十分だと思います。
 内容量も、久しぶりに500mlのものでしたし。

 コップにあけて、飲んでみることにしました。
 結構濃厚で、マンゴーらしさをしっかりと感じさせる味に、仕上がっています。
 甘さは控えめで、酸味が利いていることから、外国産のマンゴーを使っているのだろうな…ということが、予想されます。
 それでも、これだけマンゴーの味をしっかりと出そうとしたら、かなりのコストになったと思いますけれどね。

 ミルクの味は…ほんのりという言葉が、ふさわしい感じでした。
 マンゴーの濃厚な中に、少しだけ入っているようで、そのおかげで口当たりが、いっそう滑らかになっているようです。

 個人的には、かなり気に入った一品かも。
 店頭で見かけたら、ぜひ手にとってみてください。

2010年1月23日 (土)

キットカット みそ味

 久しぶりに、全国の限定キットカットの封を切ることにしました。
 今回選んだのは…前回がしょうゆ味だったこともあり、対照的なみそ味に。
 チョコレートと味噌…果たして、どんな味になるのでしょうか?

Imgp0034_r

 パッケージは、こんな感じです。
 しょうゆに引き続き、いかにもレトロな感じのパッケージ。
 どうやら、ホワイトチョコに、味噌味のウエハースをはさんだもののようです。

 裏の成分表示を見てみると…みそ以外に、きなこも使っている様子。
 大豆の成分が、一杯摂取できそうな商品です。

Imgp0035_r

 中袋は、こんな感じ。
 右下のみそ樽が、印象的かも。
 それにしても、チョコレートと味噌…この組み合わせを考え付いた人は、かなりすごいと思います。
 しょうゆ同様、普通は考え付かない組み合わせだと思いますから。

Imgp0037_r

 中身は、この通り、ホワイトチョコです。
 味噌とホワイトチョコ…果たして相性は?!

 早速、食べてみました。
 味噌の風味は…それほど、強くないかも?
 どちらかというと、きなこのほうが、主張が強いです。
 味噌の風味は、うっすらと感じるくらいで、どちらかというと、「味噌汁」みたいな、あまり濃くない味噌の香りでした。
 そのため、比較的食べやすかったです。

 思ったよりも、悪くない商品だったかも。
 最初のゆず胡椒が悲惨だっただけで、やっぱりキットカットの完成度の高さは、地域限定でも、生きているようです。

2010年1月22日 (金)

10万間近

 カウンターを、二重カウント防止のもの(忍者ツールのもの)と、ココログ純正のもの、二つつけています。
 その、忍者ツールのほうが、いよいよ10万に達しようとしています。
 早ければ、今日中にも達成するかも…。

 多重カウント防止の機能は、何度も見て確認する、私みたいな人にとっては、ありがたい機能です。
 そのおかげで、「自分が何度もカウントされる」ということを、防げるのですから…。
 もっとも、携帯からの閲覧にも、効果があるのかどうかは、ちょっと未知数ですけれどね。

 10万の桁、用意してはあったものの、ずっと0のままだったのですが…ようやく、役に立つときが来るようです。
 正直、そこまで数字が伸びるとは、思いませんでした。
 だれが10万を踏むのか…ちょっぴり、楽しみです。

2010年1月21日 (木)

三日はクリア

 毎日の運動、続けています。
 三日坊主になってしまうかと、危惧していましたが、とりあえず今のところは、毎日朝晩欠かさずに、やることに成功しています。
 もっとも、最近異常なほど、疲れがたまっている感じがあるのは…運動の、副作用でなければ、良いのですが。
 (まあ、それほどの回数はやっていないので、もしそうだとしたら、ちょっと恥ずかしいですけれどね)

 まだ10日くらいなので、体重には変化はありません。
 そんなに即効性があったら、むしろ怖いですからね(笑)。
 今は気温が低いので、運動しても汗をあまりかかないため、今のうちに習慣として、定着させようと思います。
 そうすれば、ブログの更新と同じく、やり続けても、苦にはならないと思いますからね。

2010年1月20日 (水)

プレミアムあまおうのケーキ

 昨日は、久しぶりに、ローソンに寄ることにしました。
 店頭に、見かけぬ「ウチカフェ」のポップが、釣り下がっていたからです。

 そして、見つけたのがこの、「プレミアムあまおうのケーキ」。
 195円と、今までのプレミアムシリーズの中では、一番高価な商品ですが、生クリームと苺を使っているので、ある程度仕方ないと考え、購入してみることにしました。
 ついでに、かなり変わった飲み物が売っていたので、それも購入。
 飲み物のほうは、後日記事にしたいと思います。

Imgp0030_r

 見た目は、こんな感じのパックに入っています。
 新発売の文字に、惹かれてしまいました(笑)。
 プレミアムあまおうのケーキ…ちょっと、商品名が長いと感じるのは、私だけでしょうか?

 早速、ふたを取ってみることに。

Imgp0031_r

 こんな感じに、入っています。
 苺ショートと考えれば、この値段でも、むしろ安いかも。
 生クリームの白と、苺の赤が、くっきりとしたコントラストになっています。

Imgp0033_r

 カップから出してみました。
 ちょっと周りのフィルムに、クリームがついてしまいましたが…ご容赦ください。
 スポンジの量は、ちょっと少なめですが、クリームを楽しむものだと考えれば、このくらいでちょうどいいのかもしれません。

 スプーンで食べるとの表記にしたがって、スプーンで食べてみることにしました。
 味のほうは…さすがプレミアムシリーズ、非常に美味しいです。
 クリームが、非常に滑らかで、コクがあるのが、このシリーズの特徴。
 そして、スポンジのほうは、非常に軽いつくりになっていて、その結果、濃厚なクリームとのバランスが取れていると思いました。

 ちょっぴり残念だったのが、苺の入っているところが、スポンジが二段になっていたこと。
 しっかりとクリームだと思っていたので、ちょっと拍子抜けかも。
 もっとも、苺の重量を支えることを考えたら、これは仕方ないことだと思いますけれどね。

 このシリーズが好きな人ならば、自信を持ってお勧めできます。
 200円以下で、この味が出せるというのが、コンビニのすごいところ。
 次の新作は、果たしてどんな味になるか…期待してしまいます。

2010年1月19日 (火)

口内出血

 なんとも恥ずかしい話ですが…食べ物で、口の中を傷つけてしまったらしくて、かなりの出血をしてしまいました。
 今もまだ、痛みがあります…。

 その食べ物が、また情けない。
 なんと、「ピーナッツ」なのです。
 どうやら、中にある固い部分が、口の中に当たってしまったようで、そこから出血してしまったという状況のようでした。

 最初は、何か口の中に、変な味がするという感じでしたが、触ってみると、しっかりと血が出ていたので、焦りました。
 慌てて、ティッシュで押さえつけて、止まるのを待ったのですが、なかなか止まらなかったです。
 よほど、変な傷つけ方をしてしまったのでしょうね…。

 うがい薬などを使って、口の中を清潔に保とうと思います。
 そこから、口内炎…なんてことになったら、悲惨ですからね。

2010年1月18日 (月)

01月18日のココロ日記(BlogPet)

寝てるときに、やたらとツンツンされる気が…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

謎のたたき

 昨日、しずてつストアという、スーパーに買い物に行きました。
 このあたりでは、結構大きなスーパーで、変わったものが売っていたりするのも、特徴的。
 買い物を済ませる直前に、母が、この「たたき」のことを口にして、私も興味を持ったので、購入してみることにしました。

Imgp0023_r

 なんだか、ちょっと変わった感じです。
 少なくとも、一般的な、カツオなどのたたきとは、全く異なるのが、分かるでしょうか?
 身の薄さからすると、どちらかというと、しめ鯖などのほうが、近く感じるかもしれません。

 一体、何のたたきなのでしょう?
 次の写真を見ると、分かりやすいかもしれません。

Imgp0025_r

 なにやら、不気味な模様が…?
 見た感じだと、「蛇」みたいにも、見えるかもしれません。

 さて、正解は…。

 実は、「ウツボ」なのです!
 もちろん、私も今日、初めて口にしました。

 四国のフェアをやっていて、その一環の商品だったようです。
 炭火で焼いて、たたきにしたものとか。
 コラーゲンがたっぷりということです。

 味のほうは、肉食魚特有の癖が、ちょっと感じられたかも。
 そのため、好みは分かれるかもしれません。
 また、この商品の特徴か、ちょっと炭の味が強く出ていたように感じます。
 まあ、そのおかげで、癖が和らいだのかもしれませんけれどね。
 そして、皮に近い部分に、プルプルした層があって、おそらくそこが、コラーゲンなのだと思います。

 もう一度食べるかと聞かれたら、ちょっと悩みますが、いい経験でした。
 本場では、もっと美味しいのかもしれませんけれどね。

2010年1月17日 (日)

テキサスバーガー

 1月15日から、マクドナルドで、「ビッグアメリカ」と称された、特別なハンバーガーが発売されました。
 その第一弾、「テキサスバーガー」が、なかなか美味しそうだったので、私も食べてみることに。
 最初は、近くのお店で食べようとしたのですが、あまりの混雑だったので、別のところで食べることにしました。

Image_01

 これが、ホームページに掲載されている画像です。
 パンもはっきりと三層になっており、ハンバーガーの部分が、非常に肉厚。
 さて、実物はどんな感じになっているのでしょうか…?

Imgp0016_r_2

 こんな形の袋に、入っていました。
 セットで、710円と、非常に高価な商品だけに、ちょっと期待してしまいます。
 さて、袋を開けると…?

Imgp0017_r

 許容できないほどの違いでは、無かったので、まずは一安心。
 ベーコンが、一枚大きくはみ出していますけれどね(笑)。
 早速、かぶりついてみました。

 味のほうは…結構、美味しいかもしれません。
 上の層に、ベーコンとトマトケチャップ系のソースが、下の層に、大型のハンバーグと、ピクルスのみじん切りが入っている、マスタードのソースが、入っています。
 どことなく、このソースは、チキンナゲットで出てくるソースと、似ているような気が…?

 スパイシーなバーベキューソースと、ピリッとした粒マスタードという説明ですが、どちらかというと、粒マスタードの辛さのほうが、前面に出ているような気がしました。
 バーベキューソースは、胡椒が使われていたかもしれませんが、あまりそれは、感じません。
 ベーコンの味も、下の大きなハンバーグのため、あまり感じなかったような…?
 フライドオニオンのためか、非常にジューシーで、人によっては、くどく感じるかもしれませんが、個人的には悪くないと思いました。

 とにかく、食べ応えがあるバーガーで、これだけでも相当なカロリーになりそう…。
 食べるときには、注意が必要だと思います。
 味自体は、悪くないので、次のバーガーにも、期待してしまうかも…?

2010年1月16日 (土)

ドクターペッパー

 最近プレイしている、「シュタインズゲート」というゲームで、このドクターペッパーが取り上げられていました。
 主人公が好きな飲み物のようですが、一般的にはマニア向けで、むしろ「まずい飲み物」として定着している印象があります。
 それが、店頭で売っていたので、購入して、どんな味だったのか、思い出すことにしました。

Dvc00174

 パッケージは、時々変わるようです。
 以前飲んだときは、ポップな感じのイラストでしたが、今回はシンプルな感じ。
 それにしても、20種類以上のフルーツのフレーバーというのは…ちょっと、多すぎて、何がなんだか分からなくなってしまいそう…。
 おまけに、無果汁ですからね。

 飲んでみると…見た目はコーラそっくりなのですが、味は全く異なります。
 なんというか…「栄養ドリンクを、ごちゃ混ぜにした」ような、独特の人工的なフレーバーの香りに、炭酸を突っ込んだような、特殊な味わいです。
 同じコカコーラで製造されているというのが、ちょっと信じられません…。

 個人的には、実は意外と嫌いではなかったりするのですが、母ははっきりと、「まずい」の一言。
 人を選ぶ味であることは、間違いないと思います。
 まあ、これを好んで飲むというのは、少数派だと思います。

2010年1月15日 (金)

今年の数は

 そろそろ、年賀状が来ることも、なくなったと思うため、ファイルを購入して、分類する作業を行いました。
 すると…自分のところに来た年賀状の少なさに、かなり驚きです。

 全部で、9枚…しかも、1枚はダイレクトメールだったので、実質は8枚です。
 確かに、私のほうから出している枚数も、年々減っていますが、こんなに少なくなってしまったとは、思いませんでした。

 個人情報の保護のため、職場で住所録を作らなくなったことが、大きいかも。
 そのため、ごく親しい間柄の人や、以前お世話になった上司など、一部の人にしか、年賀状が送れなくなってしまったのです。
 まあ、出したくも無い人に、送ることを考えると、これでいいような気もしますけれどね。

 この枚数だと…来年、自分が出す枚数は、相当少なくなりそうです。
 買う枚数をきちんと決めて、それだけ買ったほうが、無駄が無くていいかも。
 家族に聞いて、何枚になったか、確認しようと思います。

2010年1月14日 (木)

14日間

 最近、あまりおなかの調子が良くない日が、続いています…。
 元々おなかを崩しやすかったのですが、最近はひどい便秘になることもあったりして、下剤で無理やり出しているという有様。
 ガスがたまりやすくて、異常におなかがはってしまったりすることもあり、非常に辛い状況が続いています。

 そんな状況を、少しでも改善しよう…と思って、始めてみたのが、「ダノン」というヨーグルト。
 14日試すというCMでおなじみの商品です。
 即効性は無いようですが、14日くらいならば、何とか出せない金額でもないので、やってみることにしました。
 それで、おなかの調子が、少しでも良くなるようならば、大助かりですからね。

 とりあえず、今はまだ二日目…。
 14日試してみて、全く変わらないようならば、やめますし、少しでも効果があるようならば、続けてみようと思います。
 果たして、どちらになるのか…?

2010年1月13日 (水)

キットカット ミルクコーヒー

 キットカットの、新作が出ていました。
 いよいよ受験シーズンなので、それに向けた商品のようです。
 去年は「大学いも」という、ちょっと変わった商品でしたが、今年は「ミルクコーヒー」と、シンプルなものになっています。

Dvc00169_2

 桜の花が、下のほうにデザインされていて、いかにも受験向けのアイテムという感じがする一品です。
 コーヒーカップが、ちょっぴり不自然に感じるのは、私だけでしょうか?
 まあ、味を表現するのには、必要な部分だと思いますけれどね。

Dvc00170

 ちなみに、裏面には、文字を書くスペースが設けられています。
 プレゼントとしても、使えるかも?

Dvc00171

 中袋は、こんな感じです。
 赤と白で、結構縁起がいい感じかも。
 ミルクコーヒーらしさは、皆無ですけれどね(笑)。

Dvc00172

 中身は、ホワイトチョコになっています。
 これは、好みが分かれるかも…。
 もっとも、キットカットのホワイトチョコは、どちらかというと「ミルク味のチョコレート」という感じで、普通のホワイトチョコとは、かなり味が異なりますけれどね。

 早速、食べてみました。
 結構、コーヒーの味、しっかり感じられます。
 外側はミルクチョコ、そして内側はコーヒークリームをはさんだウエハースという構成で、シンプルながら、なかなか美味しく仕上げてありました。
 ちょっぴり甘めなところも、エネルギーを必要とする状況では、むしろプラスに働くかもしれません。

 受験の縁起かつぎには、もってこいの商品かもしれません。
 コーヒー味なので、目を覚ます効果も、期待できますからね。
 もちろん、普通の人が買っても、いいと思いますよ。

2010年1月12日 (火)

小岩井 苺ヨーグルト風味

 私の気に入っている、小岩井シリーズに、また新しい商品が出ていました。
 苺ヨーグルト風味…なかなか、美味しそうです。
 私よりも、むしろ母のほうが率先して、かごに入れたかも…(笑)。

Imgp0009

 パッケージは、こんな感じです。
 ちょっとピンボケになってしまっているのは、ご容赦ください。
 まだデジカメに、慣れていないので…。

 苺の文字が、草かんむりだけ緑になっているのが、実にイチゴらしいです。
 このシリーズの、特に乳製品の味は、はずれがないので、これもおそらく、美味しいと想像できます。
 果たして、どんな味なのでしょう…?

 早速、飲んでみることにしました。
 味のほうは…甘くて、なかなか美味しいです。
 果汁が1%と、ちょっと少ないため、「本物らしさ」は少ないのですが、作られたイチゴの味に多い、酸味の足りなさを、ヨーグルトが補っていて、うまくまとまっています。
 ちょっぴり、イチゴの味が薄いような気もしますが、これならば許容範囲内かも。

 結構甘いので、好みは分かれるかもしれませんが…個人的には、悪くは無いと思いました。
 イチゴ味が好きな人は、試してみても、いいと思いますよ。

2010年1月11日 (月)

ついに購入!

 今まで、ずっと携帯のカメラ機能を使っていたのですが、特に新しい携帯に変えてから、非常に使い勝手が悪く、そのためデジカメを購入する必要性を、感じていました。
 ちょうど、私の誕生日プレゼントという話もあったので、決心し、購入することに。

 そこで、どのメーカーがいいか、検討したのですが…意外だったのが、「低解像度のモードが、どこの会社も非常に少ない」ということ。
 640×480のモードは、どの会社のものにも搭載されているのですが、下手をすると、パソコンのモニターで、スクロール無しに表示できるのが、それだけというデジカメも、見受けられました。
 ブログや、パソコンのモニターで写真を見るために購入した私にとっては、これはちょっと、びっくりです。
 まあ、写真としてプリンターで出力する際には、もっと大きな解像度で無いと、使い物にならないのは、分かりますけれどね。

 そんな中で、比較的低解像度のモードもあったのが、パナソニックと、ペンタックス。
 その二社に絞ることにして、店頭で価格を見比べて、ついに決定。

Dvc00168

 ペンタックスの、Optio P80という機種です。
 どちらかというと、軽量で女性向けのモデルなのですが、必要としている機能はある程度そろっているようですし、何よりほかのデジカメより、安かったのが、決め手でした。
 また、女性向けというところも、母が借りて使う可能性を考えたら、そのほうがむしろ好都合ですからね。

Dvc00173

 箱から出して、撮影してみました。
 それにしても、小さくて軽い!
 これだけ軽いと、持ち運びに便利だと思います。
 それでいながら、1210万画素と、今のデジカメの最高ラインの画素数なので、これから先に使っていって、不満が出ることは、ほとんど無さそうです。

 バッテリーを充電させて、何枚か撮影してみたのですが…携帯の時の癖が残っていて、ついオートフォーカスが働く前に、「押しきって」しまいます。
 半押しにすることで、オートフォーカスが働き、ピントが合うので、これは早急に治さないと。
 写真を撮る速度は、今までの携帯とは、桁違いに早く、やっぱり専門機には、優位性があるのだな…と、思いました。

 これからの写真は、このデジカメで撮影することになると思います。
 慣れるまでは、へたくそな写真だと思いますが、ご容赦ください。

2010年1月10日 (日)

01月10日のココロ日記(BlogPet)

ミユウさんがマークさんのこと、甘いって言ってた気がします…あれ?違いました?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

のっぽのラスク しみチョコ

 以前、のっぽのラスクを紹介したことがありますが、それの新しいバージョンが出ていました。
 それが、このしみチョコラスクです。
 見た目が、とっても美味しそうだったので、購入することにしました。

Dvc00165

 写真では分かりにくいかもしれませんが、二本入って販売されています。
 200円なので、一本100円…ちょっぴり高価かも。
 まあ、これだけ長いパンを、こうしてラスクにするのは、大変だと思いますので、仕方ないかもしれません。

Dvc00166

 皿に乗せてみましたが…この長さですからね。
 しっかりとチョコレートが、しみこんでいるのが、分かると思います。
 下の面には、チョコレートは無いのですが、そこまであると持ち難くなってしまうので、これで正解かも。

 味は…かなり美味しいです。
 カリカリのパンに、結構チョコレートがしみていて、甘さを満喫できると思います。
 ちょっぴり甘すぎかな、とも思いますが、ラスク自体、甘いものなので、このくらいでいいのかも。

 このボリュームならば、一本でも相当なカロリーになるかもしれません。
 二本一度に食べるのは、ちょっと危ないかも。
 二回に分けて食べたほうが、いいかもしれません。
 結構美味しいので、静岡に住んでいる方は、試してみてもいいと思いますよ。

2010年1月 9日 (土)

少しずつでも

 仕事が、デスクワーク中心なので、どうしても運動不足になりがちです。
 おまけに、疲れやすい体質であったこともあって、つい運動を怠けてしまっていました。

 そんなところに、とある人から、「運動したほうが、疲れがとれる」という情報を教えてもらったため、少しずつでも運動しようと思うことに。
 とはいえ、運動をほとんどやっていなかった私にとっては、あまり激しい運動は、出来そうに無いため、日常で少しずつ、運動することにしようと思いました。

 とりあえず、腹筋を30回、スクワットを50回を、朝と夕の二回に分けて、やろうと思っています。
 こうして、ブログという場で公開すれば、怠けるわけにはいきませんからね(笑)。
 慣れたら、回数を増やそうと思いますが、今はこれが、精一杯。

 少しずつでも、継続が大事だと思うので、頑張ろうと思います。
 三日坊主にならないように、しないといけませんけれどね。

2010年1月 8日 (金)

乱視の影響?

 最近受けた、健康診断で、近視と乱視があると、指摘されました。
 その影響なのかもしれませんが…最近、パソコンをやっていて、疲れることがしばしばあります。
 特に、目が痛くなってしまって、休憩をしないといけなくなることも…。

 ドライアイの目薬は、もちろん使っているんですけれどね。
 それでもなお、きついです…。
 加えて、書類をチェックする仕事が多いので、首の凝りも、相当なことに…。

 時々は、遠くを見たり、首を動かしたりと、ある程度の防衛はしているのですが…。
 どうにも、きついです。
 キューピーコーワアイを、もう少し多く服用して、何とか乗り切ろうかな…?

 肩こりで、こうしたらいいというアイデアがある人がいたら、ぜひ教えて欲しいです。
 本当に、辛くて仕方が無い状態ですから。

2010年1月 7日 (木)

ボウルケーキ

 昨日は、私の誕生日でした。
 とはいえ、平日なので、後日お祝いをすることに。
 昨日はとりあえず、ケーキだけ買ってきてくれました。

 買ってきたところは、いつものボンヌ・ジュルネ…ではなく、姉妹店のアンファンのほう。
 食事中に、「ケーキが大きいので、あまり食べ過ぎないように」と言われてしまったので、期待していました。
 前回食べたときは、ちょっと甘みが強かったのですが、今回は果たして…?

Dvc00162

 …本当に、大きなケーキです!
 上に乗っている、イチゴやプチシュークリームの大きさからも、かなり大きいことが分かると思います。
 更に、横から見てみると…?

Dvc00163

 こんなに深い容器に、一杯のケーキ!
 まさに、大迫力です。
 一体、どんな味がするのでしょうか…?

 食べてみると…このケーキ、いくつもの層に分かれていました。
 一番上に、生クリーム、そしてスポンジ、その下にはカスタードクリーム、そしてチーズのムース、最後に再び生クリームと、カットされたイチゴが入っていました。
 実に、5層にも及ぶ、非常に手の込んだケーキです。

 また、それぞれの層が、非常に甘さ控えめに出来ているため、これだけの量であるにもかかわらず、くどさを感じさせません。
 そのため、この量ではあったものの、比較的あっさりと食べきってしまいました。
 どうやら、本家のボンヌ・ジュルネに匹敵するくらいに、甘さは控えめになったようで、その点は非常に嬉しいです。

 この器自体も、陶器で出来ている、しっかりしたもので、これだけでも100円近くの価値がありそう。
 800円と、かなり高価なケーキではありますが、それだけの価値があると思いました。
 誕生日に、美味しいものを食べられて、大満足です~!

2010年1月 6日 (水)

慌てて食べる

 以前、ポテトチップスチョコの、ホワイトのことを記事にしました。
 その際、ホワイトと普通のチョコ、それぞれ一袋ずつ入っているものを購入したのですが…ホワイトはその後、食べきったのですが、普通のチョコのことを、すっかり忘れていました!

 恐る恐る、賞味期限を確認してみたところ…12月の中旬。
 とはいえ、密封状態で冷蔵庫に入れていたので、大丈夫だろうと思い、とりあえず開けてみました。

 見た目は…普通。
 臭いも…特に、変なにおいはしないので、おそらく大丈夫。

 ひとかけら、口にしてみましたが…悪くなっているような兆候は、ありませんでした。
 これならば、何とか食べられそうです。

 とはいえ、賞味期限を半月過ぎているという事実は、変わりませんからね。
 油で揚げたものですし…速やかに、食べきってしまおうと思います。
 それにしても、このポテトチップスチョコ、意外と賞味期限が短いというのが、デメリットかも…。
 ちょっとだけ、注意が必要なようです。

2010年1月 5日 (火)

菓子屋のモンブラン

 二日連続で、小麦屋のパンの話です。

 ここのパン屋は、いろんなパンを出していますが、その中に、「ケーキのようなパン」というものが、あります。
 生クリームがたっぷり使われている物など、かなり豪華で、へたな洋菓子店のケーキよりも、美味しいのが特徴的。
 今回は、その中の、モンブランを食べてみることにしました。

Dvc00159 Dvc00160

 こんな感じで、デニッシュ生地の上に、クリームが盛りだくさんです。
 右側の写真を見ると、分かると思いますが、「高さ」が、半端ではありません。
 そのため、この種類のパンを買うと、別の袋に分けて入れてくれます。

 モンブランのクリームの中には、生クリームがたっぷり!
 そして、更にその奥には、賽の目状にカットされた栗が、一杯入っています。
 上に、栗の渋皮煮も乗っていて…まさに、ケーキのようなパンといって、いいと思います。

 味のほうも、非常に美味しいです。
 生クリームと栗のクリームの織り成すハーモニーは、単体では味わえない、魅力的な味を出すことに、成功しています。
 ボリュームも非常にあるので、女性だと、これ一つで、十分朝食になってしまうかもしれません。

 ほかにも、チョコレートのモンブランや、果物を一杯使ったものなど、さまざまなものがあります。
 1月8日からは、アンパンフェア(アンパンだけで、12種類!)なんていうものもやるので、ますます目が離せません。

2010年1月 4日 (月)

小麦屋の福袋

 昨日の昼食は、小麦屋というパン屋に、買いに行くことにしました。
 本当は、おととい一度行ったのですが、3日から営業ということだったので。
 ここのパンは、富士近郊のパン屋の中では、トップクラスに美味しいので、お気に入りです。

 お店に着くと、なにやら変わったものを、販売していました。
 焼き菓子と、パンの福袋です。
 焼き菓子が、500円、パンが2千円だったので、両方とも一個ずつ、購入して、パンの福袋は、母方の実家に、プレゼントすることにしました。
 祖母も、ここのお店のパンが、大好物で、一月に一回購入するのですが、トレイ2つに、山のように乗せて購入するので、すっかり顔を覚えられてしまっています(笑)。

Dvc00161

 祖母にプレゼントした後に、袋を開けてくれたので、撮影しました。
 菓子パンが7~8種類に加えて、食パン、そしてフランスパンに、レトルトのスープまで入っています。
 これならば、二千円分の価値、あったと思いました。

 家に帰り、焼き菓子の福袋を開けることに。

Dvc00157

 見た目は、こんな感じの、シンプルな袋です。
 結構大きな紙袋で、何か別のときに流用しても、いいかも。
 そして、中身は…?

Dvc00158

 この通り、盛りだくさんです!
 ラスクが、袋とプラスチックの容器の二種類に、クッキーが二袋と、おまけに星型のクッキーが一枚、入っていました。
 クッキー二袋でも、300円以上するので、明らかにこの福袋は、「お得」です。
 これだけ焼き菓子があれば…しばらくは、お菓子に困らないかも。

 ちなみに、福袋の販売は、今日も行われます。
 富士近郊に住んでいる人は、行ってみてもいいかもしれません。

2010年1月 3日 (日)

01月03日のココロ日記(BlogPet)

今度悪いカレーをつくります!ぜったいつくります!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

プッチンプリン いちご

 コンビニで、プッチンプリンのイチゴ味を、見つけました。
 CMは何度も見ていて、ちょっと気になっていたのですが…なぜか、スーパーでは見つけることが出来なかったのです。
 コンビニは定価なので、ちょっと抵抗はありましたが…どんな味なのか知りたいという好奇心には、勝てませんでした(笑)。

Dvc00151

 普通のプッチンプリンとは違い、カラメルの部分が、イチゴ味のソースに変わっているようです。
 元々、ちょっと子供向けで、甘いイメージがあるのですが…さて、これはどうでしょう?
 ちなみに、原材料を見ると、「イチゴ果汁」とあったので、実際のイチゴも、少量ながら使われているようです。

Dvc00154

 ふたを取りましたが…プリンの部分は、いつものプッチンプリンと、変わらないようです。
 まあ、当たり前ですけれどね(笑)。
 皿に、あけてみると…?

Dvc00155

 こんな感じで、ピンク色がてっぺんに、乗っています。
 横から見ると…?

Dvc00156

 こんな感じ。
 ごく薄いようですが、値段をあまり高くするわけにはいかないので、この量でも納得できるかも。
 さて、肝心の味は、一体…?

 口にすると…甘みが、口いっぱいに広がります。
 このイチゴの部分、想像していたより、更に甘い!
 酸味は全く無く、お菓子に使われるような甘さですが、元々子供向けの商品なので、これでいいのかもしれません。
 味自体としては、悪くは無いですし。

 やっぱり、プッチンプリンは、甘めに作られています。
 イチゴ味になって、ますますその傾向は、強まったかも?
 個人的には、そんなに嫌いではないですが、好みは分かれるかもしれません。

2010年1月 2日 (土)

桃とヨーグルトミックス

 伊藤園から、ちょっと美味しそうな飲み物が出ていました。
 桃と、ヨーグルトを混ぜた飲み物のようです。
 どちらも、結構好きなので、試してみることにしました。

Dvc00144_2

 かなりコンパクトな感じがしますが、気のせいではありません。
 内容量は、350mlと、いつものスリムタイプのボトルよりも、少ないのです。
 そのため、購入にはちょっぴり、勇気が要りました。
 値段は、普通のペットボトルと同じですから、まずかったら許せないです。

 ちなみに、果汁の量は、10%未満とのこと。
 それだけ入っていれば、ある程度果汁の味は分かると思います。

Dvc00145

 しかも、国産の白桃のみを使用しているようです。
 そうなると、この量でこの価格なのも、納得できるかも。
 桃、結構高級品ですからね。
 果たして、どんな味なのでしょうか…?

 飲んでみると…非常に滑らかな味で、かつ桃の味が、かなり強く感じられました。
 個人的には、ネクターと同じくらいの桃の味で、これで10%とは、ちょっと信じられないかも。
 桃の濃厚な味が、強く印象に残るような、そんな感じでした。

 ヨーグルトは…言われてみれば、酸味が少しあるので、入っているのかな…という感じ。
 酸味はかなり抑え目になっているので、苦手な人でも、大丈夫かも。
 どちらかというと、桃の味のほうが、強いかもしれません。

 これは…かなり美味しいです。
 まだ店頭に残っているうちに、もう一度購入したい…と感じさせられる味でした。
 個人的には、これはお勧めですよ~!!

2010年1月 1日 (金)

梵 純米大吟醸

 あけまして、おめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 以前、ぐい飲み(正確には、杯だと思いますが…)目当てに注文したお酒の、封を切ることにしました。
 2,300円以上の購入で、一つもらえるという条件だったのですが、私の場合、一升瓶だと、明らかに多すぎるのです。
 何しろ、720mlのものを一本あけるだけで、一月はかかってしまうくらいですからね。
 そのため、720mlのものの中で、条件を満たすお酒を探したところ、純米大吟醸が該当したので、購入してみることにしました。

Dvc00113

 見た目は、こんな感じです。
 ビニールは取ったほうが、良かったかも。
 金色の「梵」の文字が、目にまばゆいです。

Dvc00115

 合資会社の、11代目…。
 非常に長い歴史を持つ、老舗だと思います。
 検索してみたところ…昭和天皇の、即位の儀において、採用されたお酒だとか…。
 ため息が出てしまいます。

Dvc00116

 そこの純米大吟醸なのですから…これでまずかったら、私の舌のほうがおかしいかも(笑)。
 まあ、好みに合う合わないは、あると思いますけれどね。

Dvc00117

 更にすごいのが…このお酒は、0度の環境で、2年間もの熟成を経て、完成したものであるとのことです。
 なんというか…ここまで来ると、ちょっとすごすぎて、私にはもったいないかも。
 もちろん、飲まないほうが更にもったいないので、飲みますけれどね(笑)。

 味のほうは…すごく、しっかりした味です。
 安い日本酒にありがちな癖は、全く感じられず、澄んだいい味だけが、口の中に広がります。
 香りも非常に良く、まさに「美味しい日本酒」の、お手本みたいな味。
 ちょっとだけある渋みと苦味が、単調な味になることを避けていて…まさに、工芸品のような、そんな味わいのお酒でした。

 ここの酒蔵は、更に高級なお酒を売っているところでもあります。
 「日本の翼」という、5000円もするお酒(政府専用機につまれているお酒…らしいです)や、超吟という、1万円もするお酒などが、ラインナップに並んでいるのですから…。
 一体、どんな味がするのか、一度でいいから、味わってみたいものです。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ