« ココログ迷走? | トップページ | 天ぷら専科 »

2009年10月 3日 (土)

桃栗三年

 チロルチョコに、新しい商品が出ていました。
 その名も、「桃栗三年柿八年」という、ちょっと固い感じを受けるものです。
 (もっとも、下に掲載する写真のように、イラストを配置して、可愛い感じに仕上げてありますけれどね)
 どんな味なのか、楽しみです。

Ca342059

 なにやら、余計な言葉が、後ろに並んでいるようですが…。
 それも含めて、全てが商品名だったら、もはや落語の、「じゅげむ」の世界ですよ。
 本当に、こんな感じで続くのでしょうか…?

Ca342060

 裏を見てみると…桃、栗はしっかりと、その味のようですが…柿は、柿の種?!
 なんだか、ちょっとだまされたような気がします。
 まあ、10円強のチョコレートには、柿のフレーバーは、予算オーバーだったのかもしれませんけれどね。

Ca342061

 中身は、こんな感じです。
 どことなく、子供向けに感じますが…元の漢字って、結構高学年になってから習うもののような気が…。
 だからこそ、こうしてイラストにすることで、子供にも分かりやすくしたのでしょうけれどね。

Ca342062

 中身のチョコレートは、こんな感じです。
 栗は、二層になっていて、下のほうは黄色い色のチョコレートでした。
 やっぱり、こうしてみると、柿も果物の味であったら…と、思ってしまいます。

 早速、食べてみました。
 まずは、柿から…。

 柿の種とチョコレート、組み合わせた商品があるだけに、相性自体は悪くはありません。
 もっとも、個人的にはちょっとあの商品、好きではないんですけれどね。
 辛さは控えめになっていて、子供でも食べられるように、工夫されていたのは、好ポイントだと思いました。

 次に、栗。
 中に、栗味のペーストクリームが入っていて、なかなか「栗っぽい」感じに仕上がっています。
 二層になっているところで、しっかり味も変わっていて、結構美味しいかも。

 最後に、桃。
 中に、ぎゅうひが入っていて、くにっとした食感が楽しめる一品です。 

 これは、母と私で、評価がかなり分かれました。
 母は、これが一番美味しいという評価だったのですが、私には、ちょっと人工的な味が強すぎるように感じて、いまいちかも。
 もっとも、方向性としては、悪くはないと思いましたし、10円強という値段を考えれば、十分頑張っていると思いますけれどね。

 総じて、なかなか悪くはないという印象。
 おそらく、秋の限定商品だと思いますので、お求めはお早めに。

« ココログ迷走? | トップページ | 天ぷら専科 »

お菓子関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃栗三年:

« ココログ迷走? | トップページ | 天ぷら専科 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ