« トロピカーナ ホワイトフルーツブレンド | トップページ | 月一の苦労 »

2009年2月28日 (土)

蓬莱泉 春のことぶれ

 いつも日本酒を購入している、佐野屋で、変わったお酒が売っていました。
 春のことぶれと言う名前のお酒なのですが、このお酒、時々限定発売される「空」というお酒と、同じスペックの商品らしいのです。
 (このお酒を低温熟成させたものが、「空」というお酒…ということらしいです)
 その「空」は、今まで何度か応募したのですが、一度も当たったことがない、個人的に「幻の酒」。
 同じスペックのこのお酒が、果たしてどんなものか、試してみることにしました。

Ca341598

 ちょっと手振れしてしまいましたが…こんな感じの瓶です。
 日本酒で、白い瓶に入っているのは、少し珍しいかも?
 春らしい、爽やかさが伝わってきます。

Ca341599

 「空」と同じく、純米大吟醸酒。
 それだけに、値段もかなりいい値段でした(3,500円)。
 これでまずかったら…ちょっと、許せませんね(笑)。

Ca341600

 このお酒は、春に出荷される、いわゆる「新酒」のようです。
 そのため、熟成したお酒とは、また違う味が楽しめそう。
 もっとも、若すぎて、もったいない…という可能性もありますが。

 早速、飲んでみることにしました。
 最初に感じたのは…舌にピリッとくる刺激。
 これは…炭酸のようです。
 若いお酒で、火を入れていない状態で出荷したもののため、発酵時に出る炭酸が残った状態で出荷されたようです。
 もちろん、炭酸飲料ほど強いものではないですが、これもまた一つの「味」として楽しめるかも。

 そして、口の中に広がる味わいは…ちょっと「普通」の日本酒に近いのですが、若々しくて悪くない感じです。
 新酒だけに、まだ熟成が足りないという感じはありますが、逆に言えば、フレッシュな感じで、飲みやすいということはいえるかも。
 爽やかな感じの、すっきりとしたお酒でした。
 サイトの紹介文では、「まろやかな甘み」ということですが…炭酸の刺激が強くて、そこまでは感じきれなかったかも?

 悪くないお酒だとは思いますが…もう少しだけ、熟成させたかったところかも。
 これが熟すれば、本当にいいお酒になるだろうな…と思いましたし。
 やっぱり、「完成品」も、味わってみたいですからね。

« トロピカーナ ホワイトフルーツブレンド | トップページ | 月一の苦労 »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓬莱泉 春のことぶれ:

« トロピカーナ ホワイトフルーツブレンド | トップページ | 月一の苦労 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ