« 一つの終わり、そしてその先へ | トップページ | 致命的な欠点 »

2008年9月25日 (木)

疲れたときに

 コンビニで、また少し変わった飲み物を発見しました。
 新商品ではないので、見落としていたのでしょうが、小岩井シリーズの一つです。
 ミルクと黒糖…小岩井のミルク系は、甘みが強いのが特徴なのですが、今回も甘そう…。

Ca341241

 350mlのペットボトルなので、ちょっと量は少ないかも?
 もっとも、想像しているとおりの甘さだったら、これでも十分な量だと思いますけれどね。
 さて、どんなお味か…?

 やっぱり、甘~い味でした。
 黒糖の甘さと、ミルクの味が相まって、美味しいのですが、かなり甘さは強め。
 これは、特に脳が疲れたときなどに、ぴったりの商品だと思います。
 黒糖の甘さなので、普通の砂糖に比べれば、体への悪影響は、少ないと思いますからね。
 (まあ、普通の砂糖も入っているのかもしれませんが…黒糖だけでは、ここまで甘いというのは、ちょっと想像できませんからね)

 甘いことばかりを強調してしまいましたが、実際ミルクと黒糖の相性、悪くないと思います。
 まだ店頭に並んでいると思いますので、興味を持った方は、試してみても悪くないと思いますよ。
 特に、疲れている人に、お勧めです(笑)。

« 一つの終わり、そしてその先へ | トップページ | 致命的な欠点 »

ドリンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れたときに:

« 一つの終わり、そしてその先へ | トップページ | 致命的な欠点 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ