« ナチュラルボーンゲーマー | トップページ | 郷乃誉 黒吟 »

2008年7月12日 (土)

お茶らむね

 またもや、センサーにピンと引っかかる商品を見つけました。
 静岡ならでは、「お茶」と「ラムネ」のコラボレーションです。
 以前、「わさびラムネ」で、ちょっといまいちだった印象を持つ会社(木村飲料株式会社)の新商品なので、一抹の不安は隠せませんでしたが…。

Ca341166

 あえてタイトルで「ラムネ」としなかったのは、パッケージに合わせてです。
 かすかに、お茶の色合いがついているのが、お分かりになるでしょうか?

Ca341167

 この会社は静岡にある会社なので、当然使っているお茶は、静岡緑茶です。
 お茶とラムネ…果たして、どんな相性なのか、ちょっと期待してしまいます。

Ca341168

 そう思いながら、回転させると…なに、これ!
 英語の表記がずらりと並んでいて、一気に不安感を増大させられます。
 まあ、輸出を念頭において、作っているから…なのかもしれませんが。
 慌てて、製造元を確認することに。

Ca341169

 MADE IN JAPANの文字に、ほっとさせられます~!
 さすがに、中国製のお茶だったら、少し飲むのに抵抗がありますからね。
 (紅茶の世界では、中国製が一大派閥なのは、知っていますが…)

 それではいざ…開けるときに、ちょっと固い感じがしたのですが、一気に中身が噴出すことも無く、無事に開けることが出来ました。
 ラムネの上部に開いている空間の広さが、ちょうどいいからかもしれません。

 そして、肝心の味は…これ、いけるかも!
 ラムネの甘さの後に、お茶の軽い渋みが来るのですが、思った以上に上手くマッチしていて、すっきりした味わいに仕上げてあります。
 甘さも、かなり控えめになっているため、お茶の味を殺すことなく、きちんとまとまっていました。
 お茶の味も、それほど渋みが強すぎるということも無いため、子供でも違和感無く飲むことが出来るかもしれません。

 ホームページによれば、ウーロン茶バージョンも存在するとか…。
 今度、そちらの方も、試してみたいです。
 これは、当たりですよ~!

« ナチュラルボーンゲーマー | トップページ | 郷乃誉 黒吟 »

ドリンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶らむね:

« ナチュラルボーンゲーマー | トップページ | 郷乃誉 黒吟 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ