« オレ時間 (今日のテーマ) | トップページ | みかんのチロル »

2008年7月14日 (月)

久しぶりののっぽぱん

 おととい、静岡に行ってきたのですが、あまり収穫はありませんでした…。
 「無駄遣い分」が、少し不足しているので、何か家にお土産を…と思い、ふと思い出したのが、駅のすぐ横の「パルシェ」というデパートの食品館に売っている、「のっぽぱん」の存在。

 のっぽといっても、静岡県民以外には、あまりなじみが無いものかもしれませんので、補足すると、細長いコッペパンの中に、クリームが入ったものなんです。
 ヌマヅベーカリーで販売していたのですが、その会社がなくなってしまい、その後復活を求める声が非常に多かったことから、静岡で限定的に復活したという経緯を持つパンなのです。
 静岡県に住んでいる人なら、ほとんどの人が知っているというくらい、有名な商品なんですよ~!

Ca341172

 これが、その「のっぽ」です。
 ちょっと値段が上がっていた(昔は、普通のクリームが80円、他のものが100円だったのに、クリームが130円、他のものは150円になっていたことに、びっくりしました)上、少しだけ短くなったような気がしますが…商品の雰囲気は、つかめると思います。

Ca341173

 この、眠そうな目をしたキリンが、トレードマーク。
 持ち運び用の袋にも、印刷されていました。
 現在はこの一パターンだけになってしまいましたが、昔はさまざまな味に対して、それぞれ別の印刷がされていたのを思い出します…。
 (チョコなら、黒っぽいキリンになっていたりとか、ミルクなら白いキリンになっていたりとか…)

 味のほうは…昔懐かしい、のっぽパンそのものでした。
 もっとも、味が変わっていたら意味がないだけに、当然のことだと思いますけれどね。

 残念なのは、「ミルク味」のパンがなくなってしまったこと。
 そちらの味のほうが、普通の味のものよりも好きだっただけに、そちらの方の復活も、期待してしまいます。
 まあ、日持ちしにくい分、販売が難しいという側面は、あるのかもしれませんけれどね。

« オレ時間 (今日のテーマ) | トップページ | みかんのチロル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりののっぽぱん:

« オレ時間 (今日のテーマ) | トップページ | みかんのチロル »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ