« ボンヌ・ジュルネの新作ケーキ | トップページ | 春の嵐に見舞われて »

2008年4月 8日 (火)

鹿肉カレー

 以前、道の駅で購入した、鹿肉のカレー、チャレンジしてみました!
 恐らく、草食動物なので、熊よりも肉質は食べやすいのかな…と思いながらも、野生の動物だけに、臭みがあるかも…と、ちょっと不安も混じりながらの挑戦です。

Ca341061

 パッケージは、こんな感じです。
 あさご…名前だけだと、地理に疎い私には、どこなのかさっぱり分かりませんでした(苦笑)。
 って、後ろ側を見ると、あさごという地名ではなく、お店の名前のようです…。

 なにやら、左下の容量のところに、シールが貼ってあるのが、気になるところ。
 200グラムになっていたのですが、シールを剥がしたら、180グラム…?
 これもまた、一種の偽装に当たるのでしょうか?
 それとも、200グラムを今まで少なく表示していたので、直したのかもしれませんが…。

Ca341063

 中身は…業務用などで見かける、ごくシンプルなレトルトパッケージでした。
 イラストも文字もほとんど無く、辛うじて賞味期限だけが、左上に表記されています。

Ca341066

 温めた後に、ご飯にかけた写真です。
 これだけでは、肉がよく分からないので、拡大を。

Ca341067

 肉が入っているのが、お分かりになるでしょうか?
 思ったよりも、沢山入っていました。
 まあ、あまりちょっぴりしか入っていなかったら、名前負けだと思いますけれどね。

 肉の味は…カレーで、味自体はあまりよく分からなかったので、食感を。
 どこと無く、「もも肉」を思わせるような、さっぱりとした感じの食感です。
 脂分がほとんど感じられず、そういう意味ではヘルシーな食材といえるのかもしれません。

 また、噛んでいて、肉をしっかり噛んでいるという歯ごたえを、感じることが出来ました。
 煮崩れたりは、しにくいようです。
 しっかりと肉が肉のまま残っていましたから。

 思ったよりも、無難にまとまっており、わりと美味しかったです。
 もっとも、カレーに入ってしまうと、肉自体の味が分かりにくいので、一度本物の肉を、炙って食べてみたいな…と感じました。

« ボンヌ・ジュルネの新作ケーキ | トップページ | 春の嵐に見舞われて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿肉カレー:

« ボンヌ・ジュルネの新作ケーキ | トップページ | 春の嵐に見舞われて »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ