« 浜松(風)餃子 | トップページ | みなし規定? »

2008年3月 3日 (月)

魚がしの寿司

 昨日の昼食は、「魚がし」という、お寿司屋さんでした。
 ここのお寿司は、珍しいものや変わったもの、そして炙りと呼ばれる特有のもの(火を通すと、味が大きく変わります)があり、楽しませてくれます。
 とはいえ、一番のお気に入りのお寿司は、カニサラダだったりするんですけれどね…(笑)。

 今回発掘した珍しいものは、次の二つです。

Ca341009

 これは…何だと思いますか?
 実は、「あんきも」の握りずしです!
 ゆでたものと、ポン酢の二種類があり、こちらはポン酢の方。
 とろっとした舌触り、クリーミーな味わいで、とっても美味しかったです!
 ただ、あまり楽しみすぎると、ほんの少しですが魚臭さが出てしまうので、早めに飲み込むほうが、より美味しく食べられるのではないか…と思いました。
 冬の、季節限定の一品です。

Ca341010

 こちらは、見てすぐに分かった人もいるでしょうね(笑)。
 カニの足を、身だけにしてから炙った一品です。
 皿の端から端までという、迫力の有る一品。
 値段も、いい値段(500円)ですけれどね…。

 こちらの味も、とっても美味しかったです!
 生のカニとは違う、炙ったことによる独特の「うまみ」が、凝縮されていました。
 カニなどは、どちらかというと淡白な味なのですが、炙ったことにより、どちらかというとしっかりとしたうまみの有る食材へと変化し、こんな味わい方もあるのだな…と、感心。
 最後に、殻の付いたところをほじって食べたのは、お約束です(笑)。

 静岡の回転寿司では、やっぱりここが一番かも。
 静岡在住の方は、ぜひお試しください。

« 浜松(風)餃子 | トップページ | みなし規定? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚がしの寿司:

« 浜松(風)餃子 | トップページ | みなし規定? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ