« 黒牛(くろうし) | トップページ | 超巨大むすび »

2008年3月10日 (月)

ハーブの世界 その13 エルダーフラワー

 今回取り上げるのは、西洋で「万能の薬箱」とまで言われる、エルダーフラワーというハーブです。
 ちょうど、この時期にぴったりの効能があるので、取り上げることにしました。

 このエルダーフラワーには、発汗作用や、抗炎症作用などがあります。
 つまり…風邪や、花粉症のときに服用するのに、ぴったりのハーブなのです!
 また、インフルエンザなどの場合、ペパーミントやヤロウなどとブレンドしたハーブティーは、喉の痛みも抑える、特効薬といっても良いほどの効果を発揮します。

 エルダーの木は、元々根から実に至るまで、全てが薬効に優れているそうです。
 中でも、花と実の部分に、多くの薬効があり、花から作られる蒸留水は、美白効果のある化粧水としても用いられたとか…。
 また、洗面器にエルダーフラワーをいれ、熱湯を注ぎ、立ち上る蒸気を顔に当てることで、しわやしみ、そばかす、にきびや吹き出物の改善効果も期待できるのです。
 また、しもやけの改善には、水で浸出させたハーブティーで作るシップをあてると、効果的とか…。

 薬効が強いとなると、味のほうは…と思われがちですが、ふんわりとした優しい味で、マスカットのような甘みをかすかに感じるくらいで、むしろ「美味しい」といっていいのも嬉しいところ!
 元々、子供でも飲めるハーブとして、使われてきたという歴史があるくらいですから。
 副作用なども、ほとんど無いため、気軽に使えるのもありがたいところです。

 欠点というものは、ほとんど無いのですが…強いてあげると、香りが飛びやすいということ。
 できるだけ新鮮なうちに使いきり、保存の際はきちんとした環境で保存するのが大切となります。
 まあ、これはハーブ全体にいえることなのかもしれませんけれどね。

« 黒牛(くろうし) | トップページ | 超巨大むすび »

ハーブ&アロマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーブの世界 その13 エルダーフラワー:

« 黒牛(くろうし) | トップページ | 超巨大むすび »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ