« 電波受信? | トップページ | 01月31日のココロ日記(BlogPet) »

2008年1月31日 (木)

中華殺人共和国

 恐らく、多くの人が、「中国から輸入された餃子に、農薬が入っており、一人が重体」というニュースを、耳にしたと思います…。
 中国製の食べ物に対する不信感、更に強まりました。
 TV局が、中国の会社に電話したところ、あわてて電話を切ってしまうという行動からしても、誠実さのかけらも見られないと思います。

 今回、千葉県警は、「殺人未遂」として、この事件を立件することにしたそうです。
 当然の判断だと、思わずにはいられません。
 農薬入りの食べ物を流通させるというのは、立派な「未必の殺意」(死んでしまっても、かまわないという意識)を認めることが、出来ると思いますからね…。
 中国からの食品の輸入を全て止めるということが、現実的に不可能である以上、こういった事件を起こした人間を立件し、刑務所に叩き込むことで、事件の発生率を下げるしか、方法は無いのかな…と思います。

 アメリカの「牛肉全頭検査」に習って、中国も、「全箱検査」を行えれば、いいのかもしれませんが。
 もちろん、ランダムに選択されたものは、経営者自らが口にして、安全を確認させるべきだと思います。
 自分が口にできないようなものを、人に売るなんて、言語道断ですからね!

« 電波受信? | トップページ | 01月31日のココロ日記(BlogPet) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華殺人共和国:

« 電波受信? | トップページ | 01月31日のココロ日記(BlogPet) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ