« 早めの準備 | トップページ | 三連休鬱 »

2007年11月25日 (日)

怒りをこめて

 母方の祖母が、腰の骨を折ってしまったため、現在入院中です。
 そのこと自体は、転んだ祖母の責任なのですが、その後、とんでもないヤブ医者に当たってしまったために、もう少しで取り返しのつかないことになるところだったのには、怒りを隠せません。

 そのヤブ医者の名前は、富士第一小学校近くにある、望○整形外科。
 祖母が転んだ際、痛みを訴えて、レントゲンを2回も撮ったにもかかわらず、骨折を見抜くことが出来なかった(ただの打ち身として処理して、湿布薬しか出さなかった)ため、もう少しで腰の骨が壊死するところでした。
 幸い、傷みがひかない事を不審に思い、別の医者に行ったところ、骨折が判明したため、すぐに大きな病院で手術を受けることが出来、今では回復しつつありますが。
 それでも、最初の「誤診」に対して、怒りを感じずにはいられません。

 本来なら、少額訴訟を起こし、慰謝料をとりたい位なのですが、そのための手間や、その後のトラブルを考えると、選択するのに躊躇してしまうため、やむなくブログや口コミなどによって、警告をするにとどめることにします。
 富士第一小学校近くの、○月整形外科は、とんでもないヤブ医者ですよ!

« 早めの準備 | トップページ | 三連休鬱 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒りをこめて:

« 早めの準備 | トップページ | 三連休鬱 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ