« 何度調整しても…。 | トップページ | エッグノック »

2007年11月10日 (土)

JRの悪しき姿勢

 昨日は、散々でした。
 体調はいまいちでしたし、嫌な客が来たため、終業間近(というより、終業後)まで仕事をする羽目になりましたし…。
 それに加えて追い討ちになったのが、雨と、この「JRの対応の悪さ」です。

 伊東線で熱海まで行ったのですが、いつもなら来ているはずの電車が来ていませんでした。
 なにやら、人身事故があった関係で、大幅に遅れが出ているとか。
 まあ、これ自体はJRの責任ではない(むしろ、被害者といっていいでしょう)なので、問題ありません。

 その後、遅れている電車が5分後に到着するというアナウンスがあり、表示板に従って、「5両編成の並ぶ位置で」待っていました。
 ところが、来た列車は、なんと「3両編成」だったのです!

 遅れが出た時点で、普段よりも混雑することは、容易に想像できるはずです。
 また、案内表示板の表示が間違っていることは、運転手と連絡を取り合うことで、すぐに気がつくことのはずです。
 それにもかかわらず、わずか3両の車両だったため、大幅に待ち列が乱れることとなり、電車の中はすし詰め状態と化してしまいました。

 一番悪いのは、容易に連絡できた、「3両での運転となること」を、伝えていなかったことだと思います。
 こういう体質があるところだと、何かあったときに、隠蔽に走るのではないか…と、不安になって仕方がありません。

 春のダイヤ改「悪」のときにも感じましたが、JRはやっぱり、独占企業独自のおごりがある様子…。
 いやいやながらも、使わざるをえないというのが、腹のたつところです。

« 何度調整しても…。 | トップページ | エッグノック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRの悪しき姿勢:

« 何度調整しても…。 | トップページ | エッグノック »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ