« 壊れたのは…。 | トップページ | ひとりぼっち »

2007年10月30日 (火)

小さな恐怖体験

 昨日は、ちょっと大変な状況でした…。

 先日の日記でも触れましたが、プリンターの音が鳴り響く中、集中力を要求されるパソコンへの入力をしなければいけなかったため、「耳栓」を使ってみることにしました。
 結果は…使わないよりはましですが、それでも耳障りな音は、結構残り、心をざらつかせます。
 また、人が呼んでいたり、後ろに立っていたりしても、なかなか気付かないというのは、心臓に悪いです(笑)。

 それとは別に、相方が風邪をひいてしまったらしく、常に咳をしているという状態に。
 基本的にはそれぞれモニターを向いているので、それほど問題は無いのですが、分からないところを聞いて来るときや、ちょっとした会話をする際には、こちらの方を向くことになります。
 そうなると、風邪のウイルスが、思いっきり私の方向へ…(苦笑)。

 とりあえず、風邪のウイルスが体に入ったことだけは間違いないので、体を温め、免疫力を高めて、少しでも発症の度合いを下げようと、努力するつもりです。
 まあ、下手をすると、明日明後日当たりに、「倒れた~」という記事が載ってしまうかもしれませんけれどね。

« 壊れたのは…。 | トップページ | ひとりぼっち »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな恐怖体験:

« 壊れたのは…。 | トップページ | ひとりぼっち »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ