« 十三夜のまんじゅう | トップページ | 父、ぎっくり腰 »

2007年10月25日 (木)

フォントがまるい?!

 パソコンに使われているプログラムを更新するために、Windows Updateに接続してみたところ、「Vistaで使われている日本語と同じ対応のフォント」がダウンロードできることが分かりました。
 確か、「メイリオ」という名前で、小さくしても読み取りやすいというのが、特長だと思います。
 それと同じものかどうかはともかく、葛飾(かつしか)が、普通に変換すると、下側が「人」みたいな漢字にはならずに、中の部分がカタカナの「ヒ」になってしまう(この修正プログラムを導入していない環境では、こちらで表示されるはずです)というのが改善されるだけでも、十分価値はあるかな…と思い、導入してみることにしました。

 そうしたら、なにやらフォントが、丸みを帯びたものに一新されてしまい、少し違和感が。
 文字自体も、気持ち細めになったように感じます。
 まあ、読みやすいという点では、慣れればこちらの方が上なのかもしれませんが。

 システム全体の表示が変わってしまったため、かなりの違和感がありますが、慣れるしかないのかも。
 フォント自体の形式は変わらないまま、変換だけ日本語の新しい規格に準拠してもらえたら、最高だったのですが…。
 まあ、それは贅沢というものでしょうね。

 ブログなどで書いていても、文字のイメージが今までと少し違うかな…と感じます。
 システムだけではなく、「全てのゴシック、及び明朝体のフォントが」入れ替わったとしか、原因は思いつきません…。
 まあ、Vistaではこの文字が標準なのですし、慣れるしかないのでしょうね。

« 十三夜のまんじゅう | トップページ | 父、ぎっくり腰 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォントがまるい?!:

« 十三夜のまんじゅう | トップページ | 父、ぎっくり腰 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ