« 大人のトッポ | トップページ | パソコンの「非」ありがたみ »

2007年9月14日 (金)

パソコンのありがたみ

 昨日の研修は、悲惨でした…。

 先日得た測量結果を元に、座標値と呼ばれる、「その場所が日本のどこの点に値するか(X,Yの値で表示されます)」を求める作業だったのですが、紙と鉛筆、そして計算機で行ったため、とにかく時間がかかり、かつ計算がややこしいことこの上なく…。

 何しろ、Xの値なんて、10万単位+小数点以下3桁の数字ですから、特殊な関数電卓と呼ばれるものですら、「値は記録できても、表示しきれない」という状態です。
 しかも、それをYの値と掛け合わせたりするので、小数点以下6桁…。
 (当然、表示しきれないので、更に表示させるための計算まで行わねばならず、計算が更にややこしくなることに…)

 そんなものを、延々紙に書いて計算していたので、目は充血、手はボロボロ、頭は噴火寸前です。
 本当に、疲れ果てました…。

 こんなときに、パソコンのエクセルを使えば、簡単に求められますし、小数点以下の数字がいくつになっても、全く問題なく作動します。
 文字の入力は気をつけないといけませんが、入力と関数式さえ作っておけば、確実に正しい値を瞬時に出してくれるのです。
 「今」必要とされる知識を研修で学ぶのですから、このあたりはパソコンとエクセルを使うやり方を教えたほうが、はるかに効率的で、役に立ったと思うのですが…。

« 大人のトッポ | トップページ | パソコンの「非」ありがたみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのありがたみ:

« 大人のトッポ | トップページ | パソコンの「非」ありがたみ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ