« ジャンポールエヴァンのマカロン | トップページ | ウコンの力 »

2007年8月23日 (木)

キーボードとマウス

 今回、東京旅行にて、高級キーボードのRealforce(正確には、Realforce106UB(USB)PJ0800というモデルです)を購入したことは、すでに述べましたが、加えてもう一つ購入したものがあります。
 それは、マウス。

 以前、音がしないマウスということで、サイレントマウスという商品を購入しました。
 (現在では、後継型の「サイレントマウス2」というものがでているようです)
 ただ、このマウスのクリック感は、普通の「かちっ」という感じよりも、「ぐにっ」という感じに近く、クリックをしたという感じがあまりしないため、ついダブルクリックをしてしまったり、クリックしたつもりがされていなかったりと、少し不満点もありました。
 もちろん、「音がしない」というメリットは、十分あったのですが…。

 そこで、別のメーカーからも、音のしないマウスが出ていると知り、そちらも試してみることにしました。
 BUFFALOの、BOMU-SL/Mシリーズです。

Ca340766

 こちらのマウスの場合、クリックした感じは、「むにっ」という感じ。
 微妙な表現で申し訳ないのですが、「ぐにっ」とした感じよりは、クリックした感覚が伝わるので、個人的にはこちらの方が優れているかな…と思います。

 ちなみに、キーボードの操作感覚は、「最高」といってもいいかも。
 手触りがなめらかで、キータッチの深さがちょうどよく、文章を打っていても全く疲れを感じさせません。
 惜しむらくは、ウインドウズキーがついていないため、電源を切るときに少し戸惑う…というところだけで、他は理想的といっていいかも。
 これは、一生物として使っていく価値がありそうです。

« ジャンポールエヴァンのマカロン | トップページ | ウコンの力 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーボードとマウス:

« ジャンポールエヴァンのマカロン | トップページ | ウコンの力 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ