« トラブルの日 | トップページ | 気にしすぎ? »

2007年5月28日 (月)

珍品の宝庫再び

 昨日、またいつもの魚がし寿司に行ってきました。
 寿司、実は父の大好物なので、ここにはしょっちゅう行っています。
 すでに、従業員には顔を覚えられてしまって…(笑)。

 そして、目の前を流れるのは、やっぱり見たことも無い珍品ぞろい。
 本当に、ここは何度行っても飽きさせません。

Ca3404802

 まず流れてきたのは…イカ飯?!
 お寿司屋さんで、まさかこれに出会えるとは、思いませんでした。
 小型のイカを使ってあるようですが、結構ボリュームがあり、お得な一品だったかも。

Ca3404812

 続いて注文したのは、「イカのあぶり」。
 塩味と、沖漬けの二種類があるのですが、個人的には塩味の方がお勧めかも。
 もちろん、沖漬けも美味しいのですが、この塩+あぶることによる風味、そして白髪ネギの組み合わせの絶妙さは、素晴らしいと思います。
 今回は、少しあぶりが弱かったような気もしましたが…注文が多くて、焦ってしまったのでしょうか?(笑)。

Ca3404822

 この魚…なんだと思いますか?
 実は、あの「マンボウ」なのです!
 マンボウ、どんな味がするのかと思ったら、意外とまともな白身の魚。
 ただ、ちょっと独特の癖があるので、好みは分かれるかもしれません。
 味噌風味で臭みが薄くなってはいましたが、それでも少し感じました。

 そして、最後に注文したのが、「のれそれ」という一品。
 どんなものがくるのか、全く想像できません。
 期待しながら、握られるのを待ちます。

Ca3404832

 これが、のれそれ。
 一見シラスっぽく見えますが、それにしては妙に幅広な感じ。
 一体、これはなんなのでしょう?

 実は、「アナゴの稚魚」なのです。
 シラスとはまた違った味わいで、どちらかというと、クラゲから歯ごたえを弱めたような食感。
 ひらひらしているので、よりそんな感じが強まりました。
 美味しいというよりも、これは「珍品」の方向が強いかも。

 お昼に、しっかり食べてしまったため、カロリーオーバーは確実かも。
 少し運動して、消費を増やそうと思います。

« トラブルの日 | トップページ | 気にしすぎ? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍品の宝庫再び:

« トラブルの日 | トップページ | 気にしすぎ? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ