« 雪見だいふく苺味 | トップページ | 新たなバブ、先物買い(笑) »

2007年4月17日 (火)

積みゲーという「罪」

 私は、結構ゲームをプレイするほうだと思います。
 ただ、仕事が忙しいこともあり、平日はなかなかゲームをする機会がないというのも、また事実。
 そうなってくると、RPGやアドベンチャーなどの、いわゆる「一作をプレイするのに時間がかかる作品」というものが、なかなかプレイしにくくなってしまいます。
 その結果、買ったはいいものの、プレイしていないゲーム、いわゆる「積みゲー」というものが発生することになってしまいます。
 加えて、評判のいい作品があったりすると、ついそれも購入してしまうので、更に増加傾向に拍車がかかってしまいます。

 また、私の場合、基本的に一つの作品を「完全に楽しみきる」というタイプなので、アドベンチャーなら選べるエンディング全て、RPGであれば隠し要素までしっかり味わいつくそうとする傾向があります。
 そのため、ますますプレイしていないゲームはたまる一方…。
 暇を見てプレイしたりもしているのですが、序盤があまり面白くなかったりすると、結局投げ出してしまい、別のゲームに浮気して、そのまま忘れてしまうということもあります。

 本当なら、プレイしないゲームは中古として売ってしまったほうが、家も片付きますし、懐も潤うので、一石二鳥だとは思うのですが、売るのに必用な手続きが面倒なことや、「いつかはプレイする予定」であることなどから、なかなかそれも難しいです。

 ゲームをあまりプレイしない人からすれば、「今プレイ出来ていないゲームがあるのに、更に新しいゲームを買う」のは、無駄なことに見えてしまうかもしれませんね。

« 雪見だいふく苺味 | トップページ | 新たなバブ、先物買い(笑) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積みゲーという「罪」:

« 雪見だいふく苺味 | トップページ | 新たなバブ、先物買い(笑) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ