« 怪しげな間食 | トップページ | 変わったチロルチョコ »

2007年3月22日 (木)

寿司の数えかた

Ca340367

 今日の夕飯は、父の希望もあって、寿司を注文することになりました。
 我が家の場合、お寿司を注文するときは、魚がしと決めています。
 ここが一番(少なくとも富士近郊では)美味しいと思いますので。

 また、上の写真だといわゆる「桶」での注文に見えるかもしれませんが、実は好きなネタを握ってもらい、それを桶につめた、いわばオリジナルのセットです。
 この方が、苦手なネタやあまり食べないネタが入ることが防げるため、多少割高であったとしても、無駄が出ないのでいいと思います。

 事件は、この注文方法が引き金でした。
 母が寿司を注文したときに、それぞれを「4個ずつ」(我が家は4人なので)注文したのです。
 すると、出てきた桶は、なぜか「2つ」…。
 (上の写真が、そのうちの一つになります)

 賢明な方は、お分かりかもしれません。
 いわゆる回転寿司では、「一つ」の皿に、「二つ」寿司が乗って、いくらという値段設定になっているのです。
 それを失念して注文したゆえに、4つ=2×4の、それぞれ8個ずつということになってしまいました!
 さすがに、いくら我が家がそれなりに食べる方とはいえ、到底食べきれる量ではありません。
 この桶一つだけでも、4人分なのですから。

 結局、母方の実家へと「おすそ分け」することになってしまいました。
 その場で注文するときはまず問題ないのですが、持ち帰りの際は十分気をつけなければならないようです。
 大トロなどのように、「1個」で一皿…というネタもあるため、しっかり確認して、今回のような失敗がないようにしないと。

« 怪しげな間食 | トップページ | 変わったチロルチョコ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿司の数えかた:

« 怪しげな間食 | トップページ | 変わったチロルチョコ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ