« キャナリィ・ロウ再び | トップページ | 産地偽装(笑) »

2007年2月20日 (火)

ボンヌ・ジュルネのチョコレート

 どうも、昨日はアレルギー症状が激しく出て、きつい思いをしました。
 なぜこんなにひどかったのだろう…と思いながら家に向かうと、雨がぱらぱら。
 どうやら、また「天気予報体質」が発動してしまったようで…(苦笑)。
 (雨が降る前に、体調を崩す傾向にあるようです。的中率80%を誇ります…)

 以前ボンヌ・ジュルネでチョコレートを買ったら、一つ入れ忘れたということを書きましたが、そのチョコレートを少しずつ消費し、昨日全て食べ終わりました。
 それぞれについて、感想を述べようと思います。
 (自分が、来年どのチョコレートを買うかの参考としても、残しておいた方がいいですしね(笑))

Ca340257

 ここのチョコレートは、こんな風に一つずつ包装されています。
 ちなみに、この写真を撮ったときに、一個足りないことに気付きました(笑)。
 ブログをやっていてよかったのかも。

Ca340260Ca340262_2

 まず最初に、ナッツが一杯入ったチョコレートです。
 お店では、なにやら高級なチョコレートを使っているという話でしたが、ナッツの味がかなり強くて、あまりチョコレート自体の味は分かりませんでした。
 あろうことか、ナッツ自体が細かい粒状に入っていたこともあり、食べながらイメージしたお菓子は、「アーモンドグリコ」。
 これは、ちょっといまいちでした。

Ca340277_1

 次に、棒状で、一風変わったもの。
 中身は、オレンジの皮?でした。
 もしかしたら、オレンジジャムなのかもしれませんが、マーマレードを思わせる味のオレンジが入っています。

 他のものより、少し小さい事もあり、一番安価(80円)だったのですが、これは一押し!
 オレンジの味と、チョコレートの味が絶妙にマッチして、絶品です。
 オレンジがそれほどすっぱいものではないため、どなたでも美味しく召し上がれると思います。
 来年は、これを数本仕入れようと画策。

Ca340278

 これが、取りに行った一番高いチョコレートです(笑)。
 サクランボの形をしており、チョコレートをかんだ瞬間、キルシュ(サクランボのリキュール)が口いっぱいに広がりました。
 ウイスキーボンボンみたいな感じで、しかもかなり大量に入っているのに驚き。
 サクランボは、アルコールによって水分が失われて、しなびて(レーズン状になって)中に入っていました。
 お酒の感じが相当強いので、お酒に弱い人にはお勧めできませんが、個人的にはかなりのお気に入りに。

Ca340295

 そして、最後に食べたのが、このチョコレート。
 中身は、どうやらキャラメル味のチョコレートのようです。
 少し甘さが強めかな…と感じるものの、これまた結構美味しいです。
 もっとも、インパクトは少し弱いですけれどね。

 他のお店に比べると、多少安い(最高でも160円、平均120円)ので、来年は更にいろんな種類のものを試してみようと思っています。

« キャナリィ・ロウ再び | トップページ | 産地偽装(笑) »

お菓子関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボンヌ・ジュルネのチョコレート:

« キャナリィ・ロウ再び | トップページ | 産地偽装(笑) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ