« 東京旅行(冬)、一日目 | トップページ | 我が家の年越しの必需品 »

2007年1月 1日 (月)

東京旅行(冬)、二日目

 あけましておめでとうございます。
 今年も、よろしくお願いいたします。

 さて、昨日の続きです。
 ホテルでは、7時に朝食(バイキング形式)が予定されていたため、7時に起きようと思っていたのですが、少し早く起きてしまいました。
 そのまま、まわるところの最終チェックなどを行い、食堂へ。

 さすがに、大型ホテルのバイキングに比べると、多少品数は少なかったものの、パンが4種類(フランスパン、クロワッサン、レーズンパン、パンケーキ)あったり、サラダのトッピングが充実していたりと、結構いい感じにまとまっていました。
 和食と洋食の、どちらにも対応できるようになっていたので、パンと和食のおかず中心にチョイスし、朝食をとりました。

 その後…おなかの具合があまりよくなかったことと、情緒不安定((不安感や、疲労感に襲われることが、時々あります…薬である程度抑えられるのですが、忘れてしまって)になっていたことがあり、ホテルを出るのが大幅に遅れてしまいました。
 開場が10時にもかかわらず、8時45分を過ぎて出るというのでは、近くにホテルを取った意味があまり無いというレベルです。

 まず、駅のコインロッカーに荷物を入れようとして、一杯であることに気付き、近くのコンビニであわてて家に宅配することにしました。
 今日届く予定です。
 前日に買ったゲームなども、全てその中に押し込んでしまったため、今日にならないとプレイ不能…。

 そして、駅のホームに向かったのですが、さすがに遅い時間ということもあり、かなり車内が空いていました。
 その後、歩いて会場前に。

Ca340165_1

 いつ見ても、すごい人の数…。
 いつもよりも遅く行ったため、前にいた人の数が、今までの倍ほどに感じました。

 そして、開場…後は、いつ入れるか…という状態で、待つことしばし。
 結局、10時25分くらいには、列が動き始めました。
 いつもの時間などを考えると、「1時間早く来ることで、10分弱くらい早く入場できる」というあたりが、方程式として成り立ちそうです。
 目的のものがあまり無いような、今回の場合は遅く行って正解ですが、ほしいものが数多くある時だと、この10分が後々響くということもあるので、油断は出来ないようです。

 会場内を散策し、欲しかった本をゲット。
 今回は、ソフトが無かったため、かなり散財は控えめでした。
 それでも、1万円近い出費ではありますが。

 やや精神的にきつかったため、お昼くらいに会場を後にして、早めの帰宅。
 運悪く、「最初に帰るグループ」の中に入ってしまい、相当きつかったです。

 また、新幹線に乗り換えてからも、大変でした。
 新幹線で新富士まで乗ったのですが、車内に「小鳥」を持ち込んだ、とんでもない人がいて、始終甲高い鳴き声を聞かされ続けていました。
 冗談抜きで、焼き鳥にしてやりたい…とすら感じてしまうくらい、うるさかったです。
 大晦日だったため、人が多く、車掌が通れなかったので、注意されることも無かったようですが、普段だったらかなり問題になっていたと思います。

 今回の教訓は、「精神状態を整えることは、肉体状態を整えることよりも必須である」ということのようです。
 お祭りだというのに、気分がお祭りにならなければ、むなしくなってしまいますしね。

« 東京旅行(冬)、一日目 | トップページ | 我が家の年越しの必需品 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京旅行(冬)、二日目:

« 東京旅行(冬)、一日目 | トップページ | 我が家の年越しの必需品 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ