« 冷感空間 | トップページ | 仕込みも万全 »

2006年12月21日 (木)

土瓶蒸し

 以前から、松茸の土瓶蒸しに興味があったのですが、そもそも「土瓶」そのものが無かったため、手が出せませんでした。
 ところが、最近買い物に行ってみると、松茸のパックが一緒に入った「土瓶セット」が売っているのを発見。
 あまりの安さ(980円)に、怪しいな…と思いつつも、土瓶だけでも元は取れると思い、つい買ってしまいました。

Ca340153

 そこに敷くための台となる皿や、上に乗せて、つゆを味わうときに使う器などもついた、どこと無く「本格的」なつくり。
 100円均一で土瓶が売っていたとしても、恐らく下の部分はついていないので、100円よりは価値があるかな…とは思います(笑)。

Ca340152_3

 中身は…これだと、分かりにくいですが、ご勘弁を。
 松茸のスライスが二切れ、筍の薄切りが同じく二切れ、えび(カップラーメンに入るような、小さなもの)が二個、そしてぎんなんが2個(以上、全て真空パック)に、乾燥三つ葉。
 恐らく、この土瓶一個で、二人分ということなのでしょう。

 味は…まあ、具を味わうよりも、つゆを味わい、かつ香りを楽しむものなのかな…という感じで、あまり美味しくはなかったです。
 もちろん、本物のしっかりした材料で作れば、全く変わってくると思いますが。

 これで、器具である「土瓶」は手に入れたので、来年が楽しみです。
 その前に、松茸ではない「普通の土瓶蒸し」を何度か味わおうとは思いますけれどね。

« 冷感空間 | トップページ | 仕込みも万全 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土瓶蒸し:

« 冷感空間 | トップページ | 仕込みも万全 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ