« 静岡県民の特性? | トップページ | お菓子レシピ6 サツマイモのプリン »

2006年11月14日 (火)

茶色くないうがい薬

Ca340135

 薬局で、変わったうがい薬があったので、手を出してみました。
 この時期、風邪などをひきやすいので、うがいが欠かせません。
 また、単に水でうがいするだけでは不十分なので、私の場合は家につくと必ずうがい薬を使っています。

 ただ、茶色いうがい薬(いわゆるイソジン系)は、どうしても独特の「味」があり、また色が濃いため注意深く扱わないと、服についてしみになることもあり、ちょっと使いにくさを感じておりました。

 新しいうがい薬を買うために薬局に行って、「透明な液」で、かつ「ポンプ式」のこれを発見!
 早速手にとって、使ってみることに。

 ポンプ式というのは、結構使い勝手が良いです。
 普通、横についた目盛りで「どのくらい」と測らないといけないのですが、こちらだと「ワンプッシュ」と分かりやすいです。
 また、ふたの部分が「水の量を測るためのライン入り」なので、水の分量も分かるという点で、更に使いやすさを考慮してあると思いました。

 そして、うがい薬最大の弱点である味は…こちらも、お世辞にも良いとは言いがたいです。
 いわゆる、「咳止めのシロップに使用するミント風味」で、人によってはこちらの方が使いにくいと思う人もいるかもしれません。
 ただ、子供にはこちらの方が「受け入れられやすい」と思います。

 使い勝手などを考えると、多少高くてもこちらが良いかも。
 ボトルから液が垂れる…という心配もありませんしね。

« 静岡県民の特性? | トップページ | お菓子レシピ6 サツマイモのプリン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶色くないうがい薬:

« 静岡県民の特性? | トップページ | お菓子レシピ6 サツマイモのプリン »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ