« 音楽の功罪 | トップページ | 韓国風きのこ鍋 »

2006年11月11日 (土)

琵琶のさざ浪 その2

 前回の琵琶のさざ浪が美味しかったので、再び注文しようとしたら、すでに売り切れ!
 そのため、やむなく「生酒ではない」方を注文してみました。
 ところが、こちらも思っていた以上の「当たり」!

Ca340131

 前回のものに比べて、若干すっきりしたラベル。
 加熱処理を行っているので、常温保存できるのもいいところです。

 味は、常温で飲んだにもかかわらず、しっかりと「辛口」。
 そして、冷やしたものに比べ、味があるのですが、それが「自己主張しすぎない、すっきりした味」なので、とっても飲みやすいです!
 生酒だと、空気にさらすことですぐに変質してしまうのですが、こちらはそれもなさそう。
 酔い方も、悪酔いするようなものではなく、実に心地よいです。

 ちなみに、地酒.comというところで注文しているのですが、こちらでもすでに売り切れ…。
 お正月用に一本仕入れたいのですけれどね。

Ca340130

 昨日は、桜えびと一緒に飲みました。
 和食に実に合う、いいお酒だと思います。

« 音楽の功罪 | トップページ | 韓国風きのこ鍋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶のさざ浪 その2:

« 音楽の功罪 | トップページ | 韓国風きのこ鍋 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ