« 乗り越し | トップページ | 琵琶のさざ浪 その2 »

2006年11月10日 (金)

音楽の功罪

 世間一般には、全くの無音状態よりも、音楽(いわゆるBGM)が流れていた方が、仕事の効率も上がるし、待っているお客様のストレスも軽減されるので、良いというのが定説だと思います。
 ただ、これも良し悪しで…。

 私の職場では、有線の音楽を流しているようです。
 ところが、これが「一日に、同じ音楽が何度も流れる」代物のため、最初は良かったのですが、だんだんストレスになりつつあります。
 ほとんどの曲は問題なく聞き流せるのですが、やたらと「鉄琴のような音を強調する」曲(もしかしたら、オルゴールの再現なのかもしれませんが)があり、それが耳障りで仕方なかったりします。

 一日に、それが3~4回は流れるので、結構きつい…。
 音楽も、バリエーションがあればもう少しいいと思うのですが、全く同じものが何度もとなると、どうしても飽き、結果として耳障りになってしまいそうです。
 仕事の能率、逆に下がっているような気も…。

 まあ、恐らく私が「神経質すぎる」だけだと思いますが、もしかしたら同じようなことを思ったり、あるいは「スーパーのBGMで、あまり好きではない曲が流れて不快な思いをした」人もいるかもしれないな…と思いました。
 ちなみに、私の住んでいる富士地区の「イオングループ」では、なぜか時々「ドラえもんのオープニングテーマ」が「3連続で!」流れ、とってもいらいらさせられます(苦笑)。
 恐らく、定時清掃などの合図として使っていると思いますが、それだったら普通に告げられた方が個人的には気分が良いので…。

« 乗り越し | トップページ | 琵琶のさざ浪 その2 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の功罪:

« 乗り越し | トップページ | 琵琶のさざ浪 その2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ