« 琵琶のさざ浪 その2 | トップページ | 静岡県民の特性? »

2006年11月12日 (日)

韓国風きのこ鍋

 最近、寒い日が結構多く、鍋物が美味しいです。
 普段は「寄せ鍋」が多いのですが、たまには変わったもの…ということで、韓国風きのこ鍋を食べることに。

Ca340133

 しょうゆとごま油の味がマッチしていて、思った以上に美味しかったです。
 ごま油が入るので、きのこ特有の「いくら食べても太らない」というところについては、ちょっと保障できませんが…。

 下に、レシピを載せておきます。

 材料(4人分)

 きのこ 500~600グラム(種類が多い方が望ましい。エリンギ、しいたけ、まいたけ、シメジ、エノキ、なめこ…など)
 ごま油 大さじ1~2
 塩 小さじ半分
 牛切り落とし 200グラム

 薬味用に、
 砂糖 大さじ1
 しょうゆ 大さじ2
 すりごま 大さじ1
 おろしにんにく、胡椒 少々

 固形スープの素 1個
 水 3カップ
 しょうゆ、胡椒 少々

 作り方

 1. きのこは石突をとり、食べやすい大きさに切って、土鍋にいれごま油と塩をまぶす。
 2.牛肉は一口大にきり、砂糖をまぶしてから薬味を加え、もみこみ、下味をつける。
 なお、薬味の変わりに市販の焼肉のたれでもよい。
 3.水2分の1カップにスープの素を加え、レンジで加熱して溶かす。
 4.溶かしたものに、水2.5カップを加えてスープを作る。
 5.土鍋に入れたきのこの上に、牛肉を何箇所かにまとめて入れ、スープを注ぎ、ふたをして火にかける。
 6.煮たってきたら肉をほぐし、しょうゆと胡椒で味を調えて出来上がり。

 なお、最後に生姜の千切りを加えて一煮立ちさせると、ごま油のにおいが和らぐので、お勧めです。
 また、食べるときに、お好みで唐辛子やネギの小口切りをくわえて食べるのもいいと思います。

« 琵琶のさざ浪 その2 | トップページ | 静岡県民の特性? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶のさざ浪 その2 | トップページ | 静岡県民の特性? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ