« 鍼灸の後は | トップページ | ベルギーチョコまん »

2006年10月23日 (月)

ナスカ展&静岡探索

 昨日は、静岡県立美術館で開催中の、ナスカ展に行ってきました。
 ちょっと母に用事が出来てしまい、朝あわてて行ったのですが、すごい人だかり!
 駐車場も、満車状態でした。

Ca340093Ca340094Ca340095Ca340096

 順に、入り口、内部の様子、最後尾の立て札(こんな物が必要になるくらい、すごい混み方でした!某イベントを思い出す…)、エントランスホールのホログラフです。
 入り口のホールで、ホログラフが投影されており、結構それをみていれば耐えられるかな…と思っていたのですが、さすがに入るのに20分以上という状態はきつかった…。

 当然、内部もすごい混雑ぶり。
 じっくりそれぞれの展示物を見ている余裕は無く、流してみるような感じになってしまいました。
 とはいえ、「紀元前」くらいの時期に、あれだけの技術、織物文化が発達していたことには、驚きを隠せません。
 もしかしたら「復刻」なのかもしれませんが、その時代の物が「残っている」ことにもただひたすら驚き…。

 ミイラは…さすがに「まじまじと見る」のは忍びなく、足早に通り過ぎてしまいました。
 帰りには、あの混みようが嘘のように全く人は並んでいませんでしたが、車が次々と来ていることからも、恐らく「一時的にぽっかり空いた」だけだと思います。

 そこから、バスで静岡に。
 早速昼食を…ということで、パルシェのレストラン街にある、「ポムの樹」へ。
 私はハヤシとクリームの合いがけを、母は完熟トマトソースのオムライスを注文。

 とっても美味しい~!
 家で作ると、この「卵のふんわり感」が、なかなか出ないので、やっぱりオムライスは外食で食べるのが一番なのかも?
 ドリンクとデザートのセットを頼み、デザートのミニパフェ(ちなみに、大きなサイズのパフェだと、以前に紹介したジャンボパフェに匹敵するようなサイズの物があります…怖くて注文できませんでした)を食べて、そこから別行動。

 私は、ゲーム関連のお店などをあさり、いくつか仕入れ、最後に以前の記事で紹介した「ショコラティエ テオ」に行き、マカロンを購入。
 家で食べたのですが、こちらも相変わらず美味しい!
 特に気に入ったのが、季節限定の「かぼちゃのマカロン」。
 ハロウィンの顔をモチーフにしたデザイン(写真、撮り忘れました!申し訳ありません…)の物で、ほかのマカロンよりも「更に格上」の味に、感動。
 お勧めです。

 ちなみに、マカロンは「常温保存」なので、冷蔵庫に入れるともっちりした感覚が失われ、美味しくなくなってしまうので、ご注意ください。

 今日からまた仕事。
 美味しい物で得た英気で、乗り切ろうと思います。

« 鍼灸の後は | トップページ | ベルギーチョコまん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナスカ展&静岡探索:

« 鍼灸の後は | トップページ | ベルギーチョコまん »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ